ホンダ 新型フィット ハイブリッド搭載のモーター技術

2モーターシステムをコンパクトカーに搭載:自動車技術会・秋季大会講演から

2020/12/08

要約

FIT
ホンダの新型コンパクトカーFIT(フィット) (出典:ホンダ)

  ホンダの新型フィット(2020年2月発売)のハイブリッドモデルは、日常シーンのほとんどをモーターで走行する2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を採用している。

  本レポートでは2020年10月21~23日にオンライン開催で実施された自動車技術会・2020年秋季大会の講演「Vol.,№20206063 小型ハイブリッドシステム用低損失モーターの開発 梓沢 慶介 氏(本田技術研究所)他」をもとに、電動パワートレインに搭載されているモーターの新技術を紹介する。

  新型フィットでは従来は中型車両に採用していた2モーターハイブリッドシステムをコンパクトカーに搭載するため、モーター巻線の絶縁被覆にポリイミド材を採用。磁気回路の高トルク特性化、コアのカシメレス化、磁石分割方向の変更、電流制御方式の改善、等によってモーター損失を14%低減し、小型化を図っている。

 

関連レポート:
ホンダ フィット ハイブリッド分解調査:HEV用1.5Lエンジンの解説 (2020年11月)
ホンダ フィット ハイブリッド分解調査:電動コンポーネント (2020年10月)
オートモーティブワールド2020:低燃費エンジン技術 (2020年2月)
東京モーターショー2019:日産、ホンダと三菱自の電動車の出展 (2019年11月)