【ものづくり】オートモーティブワールド2020:金属材料技術

第10回クルマの軽量化技術展:ハイテンフレーム、欧州ハイテン技術、アルミインバータケース、Mgバックフレームなど

2020/01/22

要約

  第12回オートモーティブワールド(会期:2020 年1月15 日(水)~1月17日(金)、会場:東京ビッグサイト)は、リードエグジビションジャパン株式会社の主催で開催された。本展示会は毎年、東京有明で1月に開催され今回で12年目となる。部品会社、材料会社、治工具会社、情報会社などの各社が最新技術などを披露する場となっており、全体では1,100社の参加となった。本稿では220社が出展した第10回クルマの軽量化技術展の中から「軽量化」に有効な金属材料技術を中心に取材した。

入場口 会場風景
第12回オートモーティブワールド2020
第10回クルマの軽量化技術展・入場口
第12回オートモーティブワールド2020
第10回クルマの軽量化技術展・会場風景

 

【ものづくり】関連レポート:
第6回高機能金属展2019:自動車の高機能材料、コストダウンほか(2019年12月)
新価値創造展2019:自動車産業向け新技術、高難度加工部品(2019年12月)
産業交流展2019:バルブ加工、モーター部品、コストダウン技術 (2019年11月)
第46回東京モーターショー2019:軽量化部品、高性能部品 (2019年10月)
オートモーティブワールド2019:クルマの軽量化技術展 (2019年1月)