【ものづくり】第46回東京モーターショー2019:軽量化部品、高性能部品

サスペンション、ホイール、ナックル、カムシャフト、シート、ブレーキシール、トルコン、ジョイントなど

2019/10/30

要約

 第46回東京モーターショー2019(会期:2019年10月24日(水)~11月4日(月)、会場:東京ビックサイト)は日本自動車工業会主催で、日本車を中心に、乗用車、商用車、二輪車、部品の最新技術を一堂に集めたエンドユーザー向け展示会として開催されている。今年は特に、モーターショー自体が従来の展示内容から大きく変わって、高校生以下入場無料や、自動車以外の未来の乗り物を体験できるなど、エンドユーザーを多く集める取組みとなった。部品メーカーも専門性の高い展示よりは、知名度アップや将来技術への取組みコンセプトなどの展示が多かった。

 本稿では、軽量化や高性能化に対応する部品を取材した内容を報告する。電動化関連部品については多数の出展があり、別レポートで報告する。

第46回東京モーターショー2019
入場口
第46回東京モーターショー2019
部品展示エリア


【ものづくり】関連レポート:
第6回燕三条ものづくりメッセ2019:新潟県内外の自動車部品(2019年10月)
第22回関西機械要素技術展:日本/中国/タイ製の自動車部品(2019年10月)
ケミカルマテリアル Japan 2019:自動車用途の先端化学材料(2019年10月)