【ものづくり】東京モーターショー2019:プラスチック関連部品

軽量化、CASE対応など、多用途・多機能化が進む樹脂部材

2019/11/20

要約

部品・機械器具部門の展示
部品・機械器具部門の展示
(執筆者撮影、以下同様)

  東京モーターショー2019は、総勢192企業・団体が参加し、2019年10月24日から11月4日の12日間、東京ビッグサイトの青海展示棟、MEGA WEB、西展示棟、南展示棟などで開催された。来場者数は130万900人にのぼり、当初掲げた100万人目標を達成した。前回の77万人から7割近く増え、100万人を超えたのは2007年以来となる。

  本稿では、西展示棟および南展示棟の「部品・機械器具部門」およびMEGA WEBの「FUTURE EXPO」で注目したプラスチック関連の企業・団体の展示について紹介する。技術展示会と比べると、モーターショーでは部品の展示よりも製品コンセプトに関する展示が多い。また、最近の傾向としては、自動運転のツールとなるセンサーやカメラなどの展示が増えているほか、発熱する部品の増加に伴って冷却部材の展示が多くなった印象がある。


関連レポート:
東京モーターショー2019:NCV (Nano Cellulose Vehicle)プロジェクト(2019年11月)
東京モーターショー2019:サプライヤー各社の電動化関連展示 (2)(2019年11月)
東京モーターショー2019:サプライヤー各社の電動化関連展示 (1)(2019年10月)
第46回東京モーターショー2019:軽量化部品、高性能部品(2019年10月)
ケミカルマテリアル Japan 2019:自動車用途の先端化学材料(2019年10月)