【ものづくり】東京モーターショー2019:NCV (Nano Cellulose Vehicle)プロジェクト

セルロースナノファイバー(CNF)部材を搭載したコンセプトカーを披露

2019/11/12

要約

  NCV (Nano Cellulose Vehicle)プロジェクトは2016年10月26日にスタートした環境省委託事業で、次世代素材セルロースナノファイバー (CNF: Cellulose Nanofiber)を活用し、2020年に自動車で10%程度の軽量化を目標としている。京都大学が代表事業者となり、計22の大学・研究機関・企業等で構成されるコンソーシアムにより、サプライチェーンの一気通貫体制を実現した。


  東京モーターショー2019では本プロジェクトの集大成として、CNFを多くの部位で採用したコンセプトカーが初披露された。本レポートでは、NCVコンセプトカーおよび搭載部材について概要を紹介する。

NCVコンセプトカーの展示 NCV搭載部品の展示
NCVコンセプトカーの展示 NCV搭載部品の展示

 

NCVプロジェクトの共同実施機関

  京都大学、京都市産業技術研究所、宇部興産、昭和丸筒、昭和プロダクツ、名古屋工業大学、利昌工業、秋田県立大学、イノアックコーポレーション、キョーラク、ダイキョーニシカワ、三和化工、マクセル、アイシン精機、デンソー、トヨタ紡織、トヨタ自動車東日本、金沢工業大学、トヨタカスタマイジング&ディベロップメント、東京大学、産業技術総合研究所、サステナブル経営推進機構


関連レポート:
NCV (Nano Cellulose Vehicle) プロジェクトの展示取材 (2019年3月)