【ものづくり】NCV (Nano Cellulose Vehicle) プロジェクトの展示取材

セルロースナノファイバー(CNF)を活用した自動車の軽量化

2019/03/12

要約

NCVプロジェクトの展示ブース
NCVプロジェクトの展示ブース
(エコプロダクツ2018)

 セルロースナノファイバー (CNF: Cellulose Nanofiber) は木を構成する繊維をナノレベルまで細かくほぐすことで生まれる地球に優しいバイオマス原料で、日本国内に豊富にある資源として注目されている。国内外の各種研究機関、企業が研究開発を行っているが、本稿では環境省のNCV (Nano Cellulose Vehicle)プロジェクトについて、2018年12月に開催されたエコプロダクツ2018(会期:2018年12月6~8日、会場:東京ビッグサイト)における第3回ナノセルロース展の内容を紹介する。

 

NCVプロジェクトの共同実施機関

京都大学、一般社団法人産業環境管理協会、京都市産業技術研究所、金沢工業大学、名古屋工業大学、秋田県立大学、昭和丸筒/昭和プロダクツ、利昌工業、イノアックコーポレーション、キョーラク、三和化工、ダイキョーニシカワ、マクセル、デンソートヨタ紡繊アイシン精機、トヨタカスタマイジング&ディベロップメント、東京大学、産業技術総合研究所、トヨタ自動車東日本、宇部興産


関連レポート:
自動車の軽量化を促進するプラスチック部品・材料 (2018年11月)
人とくるまのテクノロジー展2017:樹脂成形加工技術の展示 (2017年6月)
人とくるまのテクノロジー展2016:最新の樹脂技術 (2016年6月)