WCX 2019: SAE World Congress Experience – 自動運転とセーフティ

複雑さを増す自動運転と安全技術

2019/05/07

概要

WCX 2019 展示フロア・エントランス

 WCX 2019:World Congress Experienceは、2019年4月9日から4月11日にかけて米国ミシガン州Detroitで開催された。期間中は連日様々なテーマでラウンドテーブル・ディスカッションやプレゼンテーションが行われた。9日の各セッションでは自動運転が焦点となり、自動運転車に用いられるテクノロジーそのものよりも、法規制や車両テスト、検証などについての考え方が主要テーマとなった。自動運転や安全に係わるテクノロジーを紹介する各種の展示も行われた。Fordは新型Escapeを出展してアップグレードされたCo-Pilot360アシスタント機能を紹介。またVelodyneはAlpha Puckライダー(LiDAR)システムを披露した。展示会場内には自動運転車の車室デモンストレーションのためのスペースも確保された。

 本レポートは、WCX 2019で紹介されたテクノロジー、システム、並びにコンセプトに焦点を当てた2編のレポートの第1弾で、自動運転車および安全システムに関連するテーマを中心に報告する。将来のモビリティ、並びに環境テクノロジーを扱ったWCX 2019の内容については第2弾レポートで報告する予定。

 

関連レポート:
自動運転車(AV)エコシステムの分析 (2019年4月)
オートモーティブワールド2019:実用化・高性能化が進む自動運転技術 (2019年2月)
WCX18: SAE World Congress Experience
モビリティとコネクティビティ (2018年5月)
環境対応技術 (2018年5月)
自動運転テクノロジー
(2018年5月)