オートモーティブワールド2018:異種材料の接合、高機能プラスチックの展示

マルチマテリアル化への対応、EVや自動運転に対応する樹脂成形加工

2018/02/05

要約

 オートモーティブ ワールド 2018 (会期:2018年1月17日~19日、会場:東京ビッグサイト)では、材料メーカー、加工メーカー、加工機械メーカー、部品メーカー、商社などがバラエティーに富んだ製品・技術を展示し、電動化や自動運転に関連する内容も多く見られた。

 電動車が増えると、動力源に使用する二次電池の重量が大きいことなどから、軽量化に対する要請が益々高まってくる。また、電動化や自動運転が進むと電力を多く消費する部品が増え、省エネ対策としての軽量化も要求される。これらの需要に対応するため、低比重であるプラスチックや軽金属の採用が増加しており、最近では異種材料の接合によるマルチマテリアル化も軽量化対策の1つとして注目されている。今回の展示会には「クルマの軽量化技術展」において、異種材料接合・接着ゾーンが設けられ、プラスチックの加工性と金属の強度を合わせ持つ軽量化材料などが展示されていた。

 

 

 前稿で紹介したCFRP部品・プラスチック成形加工技術の展示に続いて、本稿でも安田ポリマーリサーチ研究所の安田武夫所長の協力を得て、異種材料の接合技術や、電動化、自動運転に対応するプラスチック、様々な用途の高機能性プラスチックなどの展示内容を紹介する。



関連レポート:
オートモーティブワールド2018:CFRP部品・プラスチック成形加工技術の展示 (2018年1月)
東京モーターショー2017:自動運転や電動化部品に活用するプラスチック (2017年11月)
人とくるまのテクノロジー展 2017:主要樹脂材料メーカーの技術展示 (2017年6月)
人とくるまのテクノロジー展 2017:樹脂成形加工技術の展示 (2017年6月)