日本市場の新型車装備:予防安全装備の種類・設定が拡大

後退時衝突防止支援システム、中高速域の衝突被害軽減ブレーキの採用増加

2014/07/02

要 約

Toyota Harrier
多くの予防安全装備を搭載するToyota Harrier
東京モーターショー2013より

 以下は、日本の自動車メーカーが2013年9月~2014年6月に国内販売した、新型乗用車の主要装備の概要である。本レポートで取り上げた新型乗用車は新モデルとフルモデルチェンジ車で、ホンダと日産は各4車種、トヨタは3車種、ダイハツは2車種、マツダ、富士重工、三菱、スズキは各1車種で、計17車種 (OEM車は含まない)。うち6車種が軽自動車である。

 走行性能 (燃費向上を含む) 装備では、2014年10月に軽自動車への搭載が義務化される横滑り防止装置ESC (Electronic Stability Control) の設定が、軽自動車の全車種に拡大した。燃費向上装備ではアイドリングストップ機構の採用が増加。車両が停車する前の減速時からエンジンを停止するタイプの搭載も拡大している。

 衝突安全装備では、運転者の下肢を保護する運転席ニーエアバッグの搭載が拡大。運転支援装備では、後退時に後方を横切る車両を検知して、運転者に注意を促す後退時衝突防止支援システムの採用が始まった。また、衝突被害軽減ブレーキが幅広く採用され、低速走行時に対応するタイプは軽自動車にも拡大した。国土交通省は予防安全性能アセスメントの一環として、2014年度に車両に対する自動ブレーキの性能評価を開始し、10月を目途に一定車種分の評価結果を公表するとしている。

 視認性確保では、LEDヘッドランプの採用が拡大。ハイ/ロービームを自動切替するオートマチックハイビームの設定も拡大した。快適性装備では、空調ユニット内に蓄冷材を内蔵し、アイドリングストップ中も冷気を送るシステムの採用が増加。後席乗員の快適性を向上させる後席空調システムが大型車に搭載された。

日本の自動車メーカーが新型車に設定した主な先進装備

(2013年9月~2014年6月に日本で発売した新型車)
装備 設定車種
走行性能
(燃費向上
を含む)
ESC (軽自動車) Honda N-WGN, Nissan Days Roox, Mitsubishi eK Space,
Suzuki Hustler, Daihatsu Copen, Daihatsu Tanto
減速時アイドリングストップ Honda N-WGN, Nissan Days Roox, Mitsubishi eK Space,
Suzuki Hustler, Daihatsu Tanto
衝突安全性 運転席ニーエアバッグ Toyota Noah/Voxy, Toyota Harrier, Toyota Crown Majesta,
Subaru Levorg
運転支援 後退時衝突防止支援システム Toyota Harrier, Honda Odyssey, Nissan Skyline
低速域衝突被害軽減ブレーキ Honda Vezel, Honda N-WGN, Honda Odyssey, Honda Fit,
Mazda Axela, Suzuki Hustler, Daihatsu Tanto
中高速域もカバーする
衝突被害軽減ブレーキ
Toyota Harrier, Toyota Crown Majesta, Honda Odyssey,
Nissan Skyline, Nissan X-Trail, Mazda Axela, Subaru Levorg
視認性確保 LEDヘッドランプ Toyota Noah/Voxy, Toyota Harrier, Toyota Crown Majesta,
Honda Vezel, Honda Odyssey, Honda Fit, Nissan Skyline,
Nissan X-Trail, Subaru Levorg, Daihatsu Copen
オートマチックハイビーム Toyota Noah/Voxy, Toyota Harrier, Toyota Crown Majesta,
Nissan Skyline, Mazda Axela
快適性 空調ユニット内の蓄冷材 Toyota Noah/Voxy, Toyota Harrier, Honda Odyssey,
Suzuki Hustler
後席空調システム Toyota Noah/Voxy, Toyota Crown Majesta

新型車装備レポートシリーズ
 Hyundai/Kia の新型車装備 (2014年3月)、
 ドイツ3社の新型車装備 (2013年11月掲載)、欧州メーカーの新型車装備 (2014年1月掲載)
 米国の新型車装備 (2013年8月掲載)、日本の新型車装備 (2013年7月掲載)