ホンダ アコードハイブリッド 分解調査 (中)

SPORT HYBRID i-MMDの電池関連部品と電動サーボブレーキシステム

2014/02/21

要 約

ベンチマーキング活動時のリチウムイオン電池パック
ベンチマーキング活動時のリチウムイオン電池パック。
*写真はクリックすると拡大されます。

 公益財団法人 ひろしま産業振興機構 カーテクノロジー革新センターの主催で、2014年1月にホンダ アコードハイブリッドのベンチマーキング活動が行われた。パワーコントロールユニット(PCU)とシャシ関連部品については下記レポートにて報告した。


前回のレポート:
ホンダ アコードハイブリッド 分解調査 (上) (2014年2月掲載)


 本レポートは「ホンダ アコードハイブリッド 分解調査(中)」として後部座席後方のトランクルーム内に搭載されているリチウムイオン電池パック関連部品インテリジェントパワーユニット(IPU、ホンダの電池パック関連部品の総称)と、回生エネルギーの回収率を向上させる電動サーボブレーキシステムについて紹介する。ドライブユニットについては「ホンダ アコードハイブリッド 分解調査 (下)」として改めて報告する。


関連レポート:
ホンダ フィットハイブリッド 分解調査 (1)(2) (2013年12月掲載)
トヨタ アクア 分解調査 (1)(2) (2012年11月掲載)
日産リーフ 分解調査 (1) (2012年2月掲載)、(2) (2012年9月掲載)、(3) (2012年11月掲載)
トヨタ プリウスの分解実験 (2010年3月掲載)