ホンダの中期戦略(1):次期型フィットを世界6地域で同時開発

3つの新ハイブリッドシステムを開発し、2013年に一斉に投入

2012/12/14

要 約

 ホンダは2012年9月に、中期戦略を発表した。2016年度に、成熟市場で300万台以上、新興国市場で300万台以上、世界合計600万台以上の販売を目指す(2012年度の販売見通しは412万台)。

 ホンダの中期戦略は、「グローバルオペレーション改革」を「6地域同時開発」「現地最適図面」「生産効率向上」の取り組みで推進していくことと、2011年11月に"Earth Dreams Technology"として発表したパワートレイン技術革新をさらに深化させることが中心。

 「6地域同時開発」と「現地最適図面」は、ホンダのグローバル戦略モデルであるフィットの次期型車開発で進めている。パワートレインの技術開発では、ホンダは3つの新しいハイブリッドシステムを開発し、2013年に一斉に投入する。

 本レポートは、上記の中期戦略のうち、次期型フィットの世界6地域同時開発と、3つの新ハイブリッドシステム、および国内の販売・生産体制の再編を中心に報告する。

 海外事業については、別途報告する予定。

 なお、レポート末尾に、ホンダが2012年9月に発表した中期戦略の概要を記載した。

ホンダの世界地域別売上台数 Urban SUV Concept
ホンダが2013年1月の北米国際自動車ショーに出展する、
次期型 フィットベースの"Urban SUV Concept"


関連レポート: 2012年の軽自動車市場は200万台水準、乗用車でのシェアは34%(2012年11月掲載)