GM:2011年の純利益は過去最高の76億ドル

PSAと共同の部品調達、プラットフォーム共同開発など広い範囲で提携

2012/03/12

要 約

 GMは、2011年に世界で903万台を販売し、4年ぶりに世界販売No1. となった。また北米事業の収益性が大幅に改善し、1997年以来14年ぶりに純利益の過去最高を更新した(純利益76億ドル)。

 GMは、業績が回復しているが、さらに経営効率を高めるための2つの計画を発表した。

 2011年8月、開発・投資・生産を効率化する方針を発表した。高い収益性を長期的に安定して継続する体制をつくるとしている。長期的視野で景気変動に左右されず毎年一定の投資を継続し、主力サプライヤーと開発早期から協力する体制を構築する。またプラットフォームの数とエンジン機種数を、それぞれ10年程度の間に半減し、経営効率を高める。

 また2012年2月に、PSAに7%出資し、共同の部品調達やプラットフォームの共同開発などで広範囲に提携すると発表した。赤字が続く欧州事業を立て直すとともに、グローバル規模で協力し年間20億ドルのシナジー効果を目指す。

 モデル計画では、GMはここ2~3年間、Chevrolet Cruze/Sonicなど燃費の良い小型乗用車を投入してきたが、2012年には、新型中型乗用車Malibu、ミニカーSparkなどを投入し、さらに販売を伸ばすとしている。

 電動車両の導入については、2010年11月にプラグインハイブリッド車のChevrolet Voltを発売し、2012年2月に姉妹車Opel Amperaを欧州市場に投入した。またマイルドハイブリッドシステム"eAssist"の採用を拡大し、2013年には7万台規模販売する計画。

関連レポート: 米国の燃費規制と自動車メーカーの対応(2)(2011年10月)
GMの欧州事業 (2012年1月)