カテゴリー別製品一覧

金属成形加工

城陽富士工業株式会社
自動車エンジン関連部品 平面度30ミクロン SUS304 大物 中抜きプレート加工
ワークサイズ:12×320×1200
厚み公差:平面度30ミクロン・平行度30ミクロン
材質:SUS304

こちらは自動車のエンジン部品をつくるにあたり必要な大物プレートです。

大物プレートの加工はどうしても温度変化により高精度に仕上げることが困難になります。さらにこのような大きな穴の開いた中抜きプレートになるとより平面度が出にくくなります。
城陽富士工業ではその中でも温度管理などを徹底すること、
また、弊社独自の歪取り技術で研磨なしで切削のみで平面度30ミクロンに仕上げることが可能です。これにより、研削をする時より納期の短縮も可能です。

自動車エンジン関連部品のような製造装置等に必要な高精度な大型金属プレートはお任せください。

弊社ではVS-100という1000×3000までの大物を高精度に加工可能な機械を保有していますので、ステンレス・鉄・アルミの大物プレートのことならどれでもお任せください。


★お問い合わせ★
TEL :0774-53-8921 FAX :0774-56-0263 Email :info@joyofuji.com
営業管理部 板敷までお気軽にどうぞ

設計技術者のVA/VEを追求する技術情報サイト
精密加工コストダウン.COM>>>
http://www.seimitukakou-costdown.com/

金属プレート部品を専門に取り扱う機械部品の通販サイト
機械部品通販.COM>>>
http://www.kikaibuhin-tuuhan.com/
株式会社JMC
鋳造工程3-仕上・熱処理
☆仕上工程について
砂型から取り出した製品には、湯口やバリなどの不要部分がついているため、手作業による仕上が必要になります。仕上工程では専門の職人が細部にわたって手を加えることで、より優れた鋳肌の実現に取り組んでいます。

☆鋳造品の熱処理について
アルミニウム合金は焼入れや焼きなましなどの熱処理を施すことによって、強度・硬度や切削性を向上することが出来ます。同時に反りの矯正なども行えますが、製品形状によっては歪みが発生することがあり、その場合には、本来の形状を確保するための矯正作業が必要になります。

JMCでは社内で熱処理を行うことで納期の短縮を実現するとともに鋳造品の歪みを解消し、その後の機械加工で安定した精度を出す製品を実現しています。
T4、T5、T6、T7処理他、指定条件での対応が可能です。

詳しくは下記の鋳造専門サイトをご覧ください。
株式会社JMC
鋳造工程4―機械加工・後処理
☆鋳造品への追加工について
砂型鋳造はダイカストに比べ、納期とイニシャルコストで優位性がある反面、寸法精度に劣ります。そのため、他の部品との合わせ面など、精度を必要とする箇所にはマシニングセンタによる追加工を施します。JMCでは複数のマシニングセンタで、短納期での機械加工を実現します。

☆社内一貫で実現する加工精度
鋳造品の追加工は、素材精度と基準の取り方が大きなカギとなります。これに対し木型の構成を理解することで加工治具の製作をスムーズに行うことができ、鋳造工程を理解することで、素材の基準位置を把握することが可能となります。JMC の機械加工では社内一貫生産という特徴を生かし、他工程を理解したスタッフが加工を行います。

☆5軸マシニングセンタ
同時5 軸・多面加工を行うことで段取り替えの作業をなくし、加工スピードの向上と、精度向上、治具の簡略化によるコスト削減を実現します。さらにJMC では5 軸加工機に2 パレットを搭載し、常に加工し続けられる体制を構築しています。

☆素材供給
JMC は鋳造品の素材提供もしております。多くの加工メーカー様へ素材供給をさせて頂き、加工し易い鋳造品との評価をいただき多くのリピーターに繋がっています。

詳しくは下記の鋳造専門サイトをご覧ください。
株式会社 タケパーツファクトリー
アルミ【A5052】 高精度開発試作部品 ◆難形状加工 ◆ひょうたん型 ◆内径テーパームク材削り出し ◆外観キズなし
【材質】 A5052 ●アルミ合金
【品名】 開発中にて記載不可
【加工の特徴】 ★ひょうたん型の難形状加工
        ★内径の加工は入口が狭く奥が大きくさらに
         内径の端面にはテーパーがついています。 
        
【精度】   ●平面度0.02  ●輪郭度0.05
       ●表面粗さ3.2S ●同軸度0.02 
        
開発用部品のNC旋盤加工です。アルミ5052ムク材からの削り出しです。
NC旋盤にて加工しました。
現在進行中の案件ですので全形状は記載不可です。
工程別に精密測定をしながらの高精度仕上げとなっています。
何度も形状を変更して加工しています。
●開発期間 1年〜 現在進行中




・サイズ Φ63 L=81
・ロット 5ケ~
・製作期間;5日

また弊社では、試作及び新素材など、様々な加工にチャレンジしております。
開発試作に関しまして設計段階から相談を承っておりますので
詳しくはお問い合わせ下さい!
A5052NC旋盤加工をご用命の際は、タケパーツファクトリーまでお問い合わせください。
愛宕精工 株式会社
ミニ四駆 アルミホイール
弊社オリジナルアルミ製品
入社1年、CAD/CAMを始めて2ヶ月の若手社員が作りました。
他にチタンや真鍮でも作製しています。

加工機:MULTUS B300Ⅱ
株式会社 ハイ・ブリッヂ
金属加工製品
低価格提供

お困りの製品化はお任せください。

中国工場2014年稼働
オーティス株式会社
ウェアラブルデバイスの付加価値を上げるOTIS独自の多層構成打ち抜き加工品
当社は自社設計開発のオリジナル加工機(プレス機・複合ラミネート機・
自動貼り合わせ機・ロールtoロール加工機・インライン画像検査装置等)や
金型・治具を組み合わせ、異種材料の接合や同じ素材で特性の異なる
基材の複層化、異種材料を複合化・サンドイッチ化技術、各々の長所を
兼ね備えさせる加工により、他社とは異なる付加価値の高い製品を
ご提供致します。

ウェアラブル電子機器は、モノのインターネット(IoT)のサブセットです。
IoTは、人からモノへとインターネットを拡張します。

ウェアラブル電子機器やIoTソリューションにより、製造現場の
生産・物流効率化や医療業務の改善、労務・健康管理など、
あらゆる場所で人々が、モノ(テレビ、自宅、車、電気製品、
救命デバイス)とインタラクションすることができます。

また、電子ウェアラブルは手首、頭部、足などの装着箇所を問わず、
おしゃれで堅牢であり、かつ容易に再充電できる必要があり、
使いたいときに常に使うことができる状態を保持するために、
稼働時間を長くするためのバッテリーの高性能化やデバイスの
省電力化が求められます。
株式会社 中田製作所
材質A7075(a7075) 平行度0.02 寸法精度±0.03  半導体製造装置のアルミ精密部品
【材質A7075(a7075) 平行度0.02 寸法精度±0.03  半導体製造装置のアルミ精密部品】

【材質】
A7075(a7075)

【業界・使用用途】
半導体製造装置業界
半導体製造装置のアルミ精密部品

【材寸】
厚さ20㎜×幅21㎜×長さ41㎜

【加工】
マシニングセンタ

【特徴】
こちらの製品は、材質A7075(a7075)の
半導体製造装置のアルミ精密部品です。

こちらの製品の左側の出っ張りは、厚さ5㎜で、側面にゼブラ模様(斜めの線がいっぱい)
が見えていますが、これは手前に置いてあるスケールの目盛が写っている為です。
それだけ面粗度が良いということですね!

この出っ張り部分の上面と底面には、
平行度0.02という精度が入っています。
また、右側の段落ち部分は、幅12.5㎜±0.03の
精度が入っています。

アルミ精密部品加工は、ぜひ中田製作所にお問合せ下さい!

特に、自動車用開発部品、 液晶製造部品、産業用ロボット部品、
半導体製造装置部品はぜひお任せください。

また、ホームページにもアルミ精密加工技術やアルミ精密部品について
詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。
(下の詳細はこちらをクリックして頂くとホームページに飛びます。)

株式会社中田製作所 〒581-0851 大阪府八尾市上尾町5丁目1-15
TEL072-996-8621 FAX072-922-8291
E-mail:info@nakata-ss.co.jp
HP:http://www.nakata-ss.co.jp/

担当:さきちゃん 2016年10月20日(木)  天気☀
株式会社 中田製作所
ジュラルミン 材質A2017(a2017) 表面粗さ▽▽▽ 半導体製造装置のアルミ精密部品
ジュラルミン 材質A2017(a2017) 表面粗さ▽▽▽ 半導体製造装置のアルミ精密部品


【材質】
材質A2017(a2017)

【業界・使用用途】
半導体製造装置
半導体製造装置のアルミ精密部品

【材寸】
厚さ15㎜×幅105㎜x長さ120㎜


【加工】
マシニングセンタ


【特徴】
こちらの製品は、材質A2017(a2017)の
半導体製造装置のアルミ精密部品です。

今回の製品は、材質がジュラルミンである為、
加工する際に歪が発生しやすい点が難しいです。

簡単そうに見える製品ですが、
平面度0.01、表面粗さ▽▽▽と
求められている精度は厳しいです。

中田製作所では、複雑形状の精度が厳しいアルミ精密加工だけでなく
このような一見簡単な形状で精度が厳しい製品も得意としています。

アルミ精密部品加工は、ぜひ中田製作所にお問合せ下さい!

特に、自動車用開発部品、 液晶製造部品、産業用ロボット部品、
半導体製造装置部品はぜひお任せください。

また、ホームページにもアルミ精密加工技術やアルミ精密部品について
詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。
(下の詳細はこちらをクリックして頂くとホームページに飛びます。)

株式会社中田製作所 〒581-0851 大阪府八尾市上尾町5丁目1-15
TEL072-996-8621 FAX072-922-8291
E-mail:info@nakata-ss.co.jp
HP:http://www.nakata-ss.co.jp/

担当:さきちゃん 2016年10月18日(火)  天気☀
株式会社 中田製作所
【小型複合旋盤加工品 微細旋盤加工品 微細穴加工 微小径穴加工 材質A5052 (a5052) マシニングセンタ 半導体製造装置のアルミ精密切削加工部品】
【小型複合旋盤加工品 微細旋盤加工品 微小径穴加工 材質A5052 (a5052) マシニングセンタ 半導体製造装置のアルミ精密切削加工部品】

【材質】
A5052 (a5052)

【業界・使用用途】
半導体製造装置業界
半導体製造装置のアルミ精密切削加工部品

【材寸】
厚さ7㎜×直径5㎜

【加工方法】
マシニングセンタ

【特徴】
こちらの製品は材質A5052 (a5052)の
半導体製造装置のアルミ精密切削加工部品です。

本製品は、小型複合旋盤状加工、微細穴加工が行われています。
中央の凸部分に0.4㎜の穴が6ヶ所空けられております。
これほど小さな穴を空けることとなりますと、
ほんの些細な振動でも刃物が折れてしまったり、
刃物の振れで穴径が維持できなくなってしまいます。

ですが、中田製作所はアルミ専門の技術者が
加工を行っているため、穴の形を維持することができました。


アルミの微小径穴加工、アルミ精密部品加工は、
ぜひ中田製作所にお問合せ下さい!
特に、自動車用開発部品、 液晶製造部品、産業用ロボット部品、
半導体製造装置部品はぜひお任せください。

また、ホームページにもアルミ精密加工技術やアルミ精密部品について
詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。
(下の詳細はこちらをクリックして頂くとホームページに飛びます。)

株式会社中田製作所 〒581-0851 大阪府八尾市上尾町5丁目1-15
TEL072-996-8621 FAX072-922-8291
E-mail:info@nakata-ss.co.jp
HP:http://www.nakata-ss.co.jp/
担当:まどりん 2016年10月18日(火)  天気☀
山口電材 株式会社
PCTFE、切削加工、精密機器
材質:PCTFE
寸法:t14x15x167


今回は精密機器に使用される「ガイド」に関してご紹介いたします。

御覧頂いて一目瞭然だと思いますが、この「刃」の部分の加工に苦労しました。
と言いますのもR0.2以下という指定のもと、加工になるためです。

素材がPTCFEということもあり、透明なものになりますので僅かな傷でも目立ってしまいます。
そのため、正確に寸法を出すことに対しての労力が甚大でした。

さらに、この刃の部分は角度がついておりそれも合わせて寸法を出さないとならないため、
加工には慎重にならざるを得ませんでした。



このように細かい部品もおまかせください!!



まずはご相談から!
お待ち申し上げております。



ロット:1~50個
納期:2週間
精度:0.1mm~0.01mm

~~~

まかせてください!『ものづくり』
切削加工(樹脂・金属)・各種成形加工・曲げ接着溶接加工等
プラスチック加工全般・半導体製造装置・自動機等の設計製造組立
3Dプリンター加工

お気軽にお問い合わせください。
 山口電材株式会社
本社営業     : 熊田  ℡:042-543-6011
本社アシスタント : 島田  ℡:042-544-5221 
株式会社 中田製作所
【5軸加工 公差2/100 凸加工 材質A2017(a2017) 産業用ロボットのアルミ精密部品】
【5軸加工 公差2/100 凸加工 材質A2017(a2017) 産業用ロボットのアルミ精密部品】


【材質】
材質A2017(a2017)

【業界・使用用途】
産業用ロボット業界
産業用ロボットのアルミ精密部品

【材寸】
厚さ20㎜×幅155㎜x長さ137㎜


【加工】
マシニングセンタ(5軸加工機)


【特徴】
こちらの製品は、材質A2017(a2017)の
産業用ロボットのアルミ精密部品です。

本製品は円の周辺にある穴が、
中で横穴と繋がっています。
そのため、横穴は斜めに加工されているので、
本製品は5軸加工機で加工を行いました。

また、本製品は円形の凸加工となっており、
こちらの円には2/100という厳しい公差が入っています。


アルミ精密部品加工は、ぜひ中田製作所にお問合せ下さい!
特に、自動車用開発部品、 液晶製造部品、産業用ロボット部品、
半導体製造装置部品はぜひお任せください。

また、ホームページにもアルミ精密加工技術やアルミ精密部品について
詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。
(下の詳細はこちらをクリックして頂くとホームページに飛びます。)

株式会社中田製作所 〒581-0851 大阪府八尾市上尾町5丁目1-15
TEL072-996-8621 FAX072-922-8291
E-mail:info@nakata-ss.co.jp
HP:http://www.nakata-ss.co.jp/
担当:まどりん 2016年10月17日(月)  天気☂/☀
シンズ工業 株式会社
精密機械部品加工 アルミ鋳造品切削加工 アルミ鍛造品切削加工 
材質 アルミ サイズ 20×150×250
用途 医療業界 部品名 ベース 精度 0.02
加工工程及び使用機械 マシニングセンター

※量産品の対応だけでなく開発レベルの試作から量産試作の他、小ロット品にも対応します。製品の特性を理解しコスト低減への提案をしております。短納期切削、機械加工のことならシンズ工業にお任せください。
※NC旋盤、マシニングセンターを主力として、旋盤、フライス、研磨等の職人による機械加工を経て、様々な精密部品を創りだします。
※三次元測定機、真円度測定器、表面粗さ測定器で検査するため、高精度を実証できます。
城陽富士工業株式会社
大物プレート加工
アルミの大物プレート加工!

材質:A5052
形状:35 mm ×1000 mm × 2100mm

底面平行度 50 ミクロン、平面度 50ミクロンに仕上げることが可能です。

ここまで大きなプレートになりますと5面加工機で加工することが多くコストが高くなりますが、
城陽富士工業のVS100では、最大3150 mm × 1000 mmまでの大きさのものを高精度に加工できます。

また、平面度や平行度も高く仕上げるノウハウがありますので、
高精度に仕上げることが可能です。

軽くて、錆びないという特性から弊社のアルミの大物プレートは
食品機械から航空機部品まで広く使われています。
★お問い合わせ★
TEL :0774-53-8921 FAX :0774-56-0263 Email :info@joyofuji.com
営業管理部 板敷までお気軽にどうぞ

設計技術者のVA/VEを追求する技術情報サイト
精密加工コストダウン.COM>>>
http://www.seimitukakou-costdown.com/

金属プレート部品を専門に取り扱う機械部品の通販サイト
機械部品通販.COM>>>
http://www.kikaibuhin-tuuhan.com/
城陽富士工業株式会社
難削材 インコネル 長尺加工
ワークサイズ:10×60×1000
材質:インコネル600


インコネルの1m長尺加工品です。
このワークサイズで底面の平面度、平行度50ミクロンを実現しています。
山の頂点の平行度50ミクロン、
さらに、Φ0.8とΦ1.5の細穴を穴ピッチ50ミクロンで3mm貫通させています。


弊社は、高精度な長尺マシニングセンター(最長加工サイズ6000mm )を所有しており、
長尺加工を得意としております。
また、インコネルのような難削材でも、切削工具や切削条件を駆使し、高精度な加工を実現致します。

インコネルは耐熱性、耐酸化性、耐蝕性等の高温特性に優れ、航空機のジェットエンジンやスペースシャトル、原子力産業、産業用タービン部品等様々な業界で多く求められています。


難削材・高精度長尺加工でお困りの方は、城陽富士工業までご相談ください。

★お問い合わせ★
TEL :0774-53-8921 FAX :0774-56-0263 Email :info@joyofuji.com
営業管理部 板敷までお気軽にどうぞ

設計技術者のVA/VEを追求する技術情報サイト
精密加工コストダウン.COM>>>
http://www.seimitukakou-costdown.com/

金属プレート部品を専門に取り扱う機械部品の通販サイト
機械部品通販.COM>>>
http://www.kikaibuhin-tuuhan.com/
株式会社JMC
鋳造工程5-品質保証
☆溶湯(ようとう)管理
一般的に鋳造の際に起きる不良として巣・ピンホールといった小さな穴の欠陥が起きることがあります。中でもピンホールは解けた状態でのアルミ合金= 溶湯に水素が入っていることが一番の原因です。溶湯状態で水素ガスを取り除く行為を溶湯管理と言い、品質管理上とても重要な工程になります。以前は職人の手による撹拌作業や、フラックスと呼ばれるカイザイブツ除去剤などを使用して水素ガスを取り除く作業をしていましたが、現在ではGBF( ガスバグリング装置)= アルゴンガスや窒素ガスを混入させながら自動撹拌する装置があり、人の手による作業は大幅に削減され安定した溶湯品質を保つことができるようになりました。
また、確認方法も少量のアルミ合金を減圧し目に見えないような小さな穴を肥大化させて目視確認を可能にするピンホール試験機や水素ガスの量を数値化する試験機などがあり、アルミ合金の鋳造では溶湯管理がより定量的にできるようになっています。

☆ミルシートサンプル
JMC では素材品質を保証するためにミルシートを発行しています。ミルシートでは通常の材料成分の他、お客さまのご要望に応じて強度試験を行い、素材の性質も保証することが可能です。

☆三次元測定
従来は現品にケガキ線を入れ鋳物の精度を把握しておりましたが、近年製品デザインの複雑化が進み、機械加工機の精度も向上する一方で、品質保証の価値も向上しております。JMCではこのような製品精度を実現するために、検査の面から三次元測定や非接触測定で品質保証を行なっています。三次元測定機では、製品の表面から複数の点をとり、それらの距離や角度を基に製品の寸法や形状を測定します。測定誤差は4μmまで保証することが可能です。JMCではお客さまから頂いた図面データを確認する際に測定方法の打合せも行わせて頂きます。

☆浸透探傷試験(カラーチェック)
JMCでは通常の外観検査では検出困難な、割れ(クラック)等の鋳造欠陥に対して浸透探傷試験による品質保証を行なっています。
試験の実施は、一般社団法人日本非破壊試験協会認定の浸透探傷試験(PT レベル2) 認定資格取得者によって行われ、正式な報告書の提出も可能です。
~浸透探傷(たんしょう)試験とは~
赤色や蛍光の浸透性のよい検査液を用いて、表面の割れ、ブローホールなどを検出する非破壊検査方法です。金属、非金属を問わず、表面に開口したきずを検出でき、多様なシチュエーションで広く利用されている検査方法です。

☆CTスキャンサービス
高出力なX 線照射能力を備えたCT スキャナで、非常に短時間で中子ズレの検証や素材内部の鋳巣確認を行うことが可能です。JMCではCTスキャンを導入することで、安定した品質を提供しています。

☆耐圧検査
洩れが懸念される製品に対して、ヘリウムガスによる0.3Mpa 以下の水没耐圧試験を行います。また耐圧検査用の治具製作にも対応します。

詳しくは下記の鋳造専門サイトをご覧ください。
株式会社JMC
鋳造材料2―砂型鋳造用マグネシウム合金と耐熱マグネシウム合金
◎砂型鋳造用マグネシウム合金について

☆対応可能なマグネシウム合金
*AZ91D
*ZE41A(RZ5)
*EV31(Elektron21)
*WE54A

☆マグネシウム合金の特性
*実用金属として最も軽い (アルミニウム合金 9.18 kg ⇒ マグネシウム合金 6.37 kg)→材料置換を行うことで約30%の軽量化に成功
*耐くぼみ性に優れる
*切削性に優れる
*温度による寸法変化が少ない
*比強度・比剛性に優れる
*振動吸収性に優れる
*安定した電磁遮断性を有する

☆1つの木型で複数材料を鋳造
JMCではアルミニウムからマグネシウム合金への材料置換を同一木型で製作することが可能です。また多くの材料を常備しており、お客様のご要望に合わせ迅速に材料置換が可能です。

☆酸化について
マグネシウム合金は物性上、酸化しやすい傾向にあります。化成処理・アルマイト処理・塗装処理により酸化を防止することが可能です。


◎MEL合金などの耐熱マグネシウム合金にも対応します

☆MEL社について
MEL合金を開発するマグネシウムエレクトロン社は、世界的な技術産業へのマグネシウムの製品やサービスの開発、製造および供給に特化した会社です。

☆MEL合金について
MEL開発合金は、亜鉛・希土類(レアアース)及びジルコニウムを含む高強度マグネシウム合金となっており、マグネシウムの弱点でもある、耐熱・強度の特性を上げ航空宇宙、レースカー、軍事、電子アプリケーションなどの特殊少量生産品向けに開発された砂型合金用の素材です。

詳しくは下記の鋳造専門サイトをご覧ください。
株式会社JMC
鋳造材料1―アルミニウム合金(ダイカスト用含む)
JMCは複数の砂型鋳造合金での試作に対応しています。
砂型用アルミニウム合金では、主に以下の合金を取り扱っています。

☆対応している主なアルミニウム合金
*AC2A
*AC2B
*AC4A
*AC4B
*AC4C
*AC4CH
*AC7A
*AC8A

☆ダイカスト合金への対応

JMCではご要望に応じてADC12材での試作にも対応致します。
ADC12材に合わせたT6処理などを行うことで、よりダイカスト品の物性に近づけることが可能です。

詳しくは下記の鋳造専門サイトをご覧ください。
株式会社 鬼頭
カーオーディオ アルファード用 インナーボード アルミ A5052(a5052)
この製品はカーオーディオ業界向けのアルファード用スピーカー取付インナーバッフルです。

アルミ(A5052)でマシニング加工で作成しております。

仕上げでは、黒アルマイト処理後の商品となり、エンドユーザーのもとへ届きます。

サイズ 6ミリ厚 約300ミリ×200ミリ
ロット  100ヶ
製作期間 10日
株式会社 中田製作所
【材質A5052(a5052)  公差穴 マシニングセンタ 産業用ロボットのアルミ精密部品】
【材質A5052(a5052)  公差穴 マシニングセンタ 産業用ロボットのアルミ精密部品】


【材質】
材質A5052(a5052)

【業界・使用用途】
産業用ロボット業界
産業用ロボットのアルミ精密部品

【材寸】
厚さ28㎜×幅98㎜x長さ103㎜


【加工】
マシニングセンタ


【特徴】
こちらの製品は、材質A5052(a5052)の
産業用ロボットのアルミ精密部品です。

本製品は、両端の穴に加工後にノックピンを
挿入しますので、公差をしっかりと
出さないといけません。

また、内側の穴にも公差が入っており、
穴径ピッチ間には5/100という精度が入っています。


アルミ精密部品加工は、ぜひ中田製作所にお問合せ下さい!
特に、自動車用開発部品、 液晶製造部品、産業用ロボット部品、
半導体製造装置部品はぜひお任せください。

また、ホームページにもアルミ精密加工技術やアルミ精密部品について
詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。
(下の詳細はこちらをクリックして頂くとホームページに飛びます。)

株式会社中田製作所 〒581-0851 大阪府八尾市上尾町5丁目1-15
TEL072-996-8621 FAX072-922-8291
E-mail:info@nakata-ss.co.jp
HP:http://www.nakata-ss.co.jp/
担当:まどりん 2016年10月15日(土)  天気☀
株式会社JMC
鋳造 鋳肌品質―鋳造公差等級CT7
JMC ではお客さまの要望に応える為、粒径50μ程度の微小な砂を砂型に利用しています。これによりRa10 以下を目安とするダイカストに近い鋳肌レベルを提供しています。また精度基準としてはCT7、形状によってはCT6 が規格値の目安となります。

詳しくは下記の鋳造専門サイトをご覧ください。
株式会社JMC
JMCの鋳造事業
JMCはアルミニウム合金とマグネシウム合金の砂型鋳造を行っており、ダイカストや石膏鋳造に近い外観品質を特徴としています。また非破壊検査、三次元測定などCTスキャンを使った定量的な品質管理と、製造の全工程を社内で行う社内一貫で、短納期で鋳造品を製造します。


☆全業種対応
求められる要求事項は、業界によって様々です。JMCでは鋳造事業を開始して以来、業種を限定せず幅広い分野を手がけてきました。その過程で得ることのできた技術やノウハウは、現在の品質や対応力の基盤となっています。また2015年から高強度・高耐熱性マグネシウムなどの特殊材料による鋳造にも対応し、航空宇宙を始めとする新たな分野にも進出しています。

☆社内一貫
JMCではデータ作成、木型の製作、鋳造、機械加工のすべての工程を社内で一貫して行うことで、工程ごとの輸送にかかる時間を短縮するとともに、各工程間で鋳造方案、加工方案を共有し、効率的な生産環境を実現しています。

☆品質保証
三次元測定機や非接触測定機による形状測定の検査設備に加え、有資格者による非破壊検査など、多角的視点からの品質保証を行っています。さらに2015年より新たにCTスキャナを導入することで、内部品質についても定量的に評価することを可能とし、より安定した品質の鋳造品を提供しています。

詳しくは下記の鋳造専門サイトをご覧ください。
株式会社JMC
鋳造工程2-鋳造
溶解設備
溶解炉5基のうち4基をアルミニウム合金専用炉、1基をマグネシウム合金専用炉としており、両材料を同時に鋳造可能な体制を整えています。これによりマグネシウム合金でも、アルミニウム合金と変わらない短納期対応を実現しています。

溶解設備一覧
*電気炉 Al 専用 300kg 1基
*ガス炉 Al 専用 300kg 3基
*ガス炉 Mg 150kg 1基

詳しくは下記の鋳造専門サイトをご覧ください。
シンズ工業 株式会社
精密機械部品加工 アルミ鋳造品切削加工 アルミ鍛造品切削加工 
材質 アルミ サイズ 30×150×230
用途 ロボット関係 部品名 カバー精度 0.02
加工工程及び使用機械 マシニングセンター

※量産品の対応だけでなく開発レベルの試作から量産試作の他、小ロット品にも対応します。製品の特性を理解しコスト低減への提案をしております。短納期切削、機械加工のことならシンズ工業にお任せください。
※NC旋盤、マシニングセンターを主力として、旋盤、フライス、研磨等の職人による機械加工を経て、様々な精密部品を創りだします。
※三次元測定機、真円度測定器、表面粗さ測定器で検査するため、高精度を実証できます。
シンズ工業 株式会社
精密機械部品加工 アルミ鋳造品切削加工 アルミ鍛造品切削加工 
材質 アルミ サイズ 25×100×100
用途 ロボット関係 部品名 カバー精度 0.05
加工工程及び使用機械 マシニングセンター

※量産品の対応だけでなく開発レベルの試作から量産試作の他、小ロット品にも対応します。製品の特性を理解しコスト低減への提案をしております。短納期切削、機械加工のことならシンズ工業にお任せください。
※NC旋盤、マシニングセンターを主力として、旋盤、フライス、研磨等の職人による機械加工を経て、様々な精密部品を創りだします。
※三次元測定機、真円度測定器、表面粗さ測定器で検査するため、高精度を実証できます。
シンズ工業 株式会社
精密機械部品加工 アルミ鋳造品切削加工 アルミ鍛造品切削加工 
材質 アルミ サイズ 35×15×60
用途 ロボット関係 部品名 ブロック精度 0.05
加工工程及び使用機械 マシニングセンター

※量産品の対応だけでなく開発レベルの試作から量産試作の他、小ロット品にも対応します。製品の特性を理解しコスト低減への提案をしております。短納期切削、機械加工のことならシンズ工業にお任せください。
※NC旋盤、マシニングセンターを主力として、旋盤、フライス、研磨等の職人による機械加工を経て、様々な精密部品を創りだします。
※三次元測定機、真円度測定器、表面粗さ測定器で検査するため、高精度を実証できます
シンズ工業 株式会社
精密機械部品加工 アルミ鋳造品切削加工 アルミ鍛造品切削加工 
材質 アルミ押し出し材 サイズ 25×35×40
用途 ロボット関係 部品名 ケース 精度 0.01
加工工程及び使用機械 マシニングセンター

※量産品の対応だけでなく開発レベルの試作から量産試作の他、小ロット品にも対応します。製品の特性を理解しコスト低減への提案をしております。短納期切削、機械加工のことならシンズ工業にお任せください。
※NC旋盤、マシニングセンターを主力として、旋盤、フライス、研磨等の職人による機械加工を経て、様々な精密部品を創りだします。
※三次元測定機、真円度測定器、表面粗さ測定器で検査するため、高精度を実証できます。

シンズ工業 株式会社
精密機械部品加工 アルミ鋳造品切削加工 アルミ鍛造品切削加工 
材質 アルミ押し出し材 サイズ 15×25×30
用途 ロボット関係 部品名 ブロック  精度 0.02
加工工程及び使用機械 マシニングセンター

※量産品の対応だけでなく開発レベルの試作から量産試作の他、小ロット品にも対応します。製品の特性を理解しコスト低減への提案をしております。短納期切削、機械加工のことならシンズ工業にお任せください。
※NC旋盤、マシニングセンターを主力として、旋盤、フライス、研磨等の職人による機械加工を経て、様々な精密部品を創りだします。
※三次元測定機、真円度測定器、表面粗さ測定器で検査するため、高精度を実証できます。
シンズ工業 株式会社
精密機械部品加工 アルミ鋳造品切削加工 アルミ鍛造品切削加工 
材質 アルミ サイズ 6×15×40
用途 ロボット関係 部品名 プレート  精度 0.02
加工工程及び使用機械 マシニングセンター

※量産品の対応だけでなく開発レベルの試作から量産試作の他、小ロット品にも対応します。製品の特性を理解しコスト低減への提案をしております。短納期切削、機械加工のことならシンズ工業にお任せください。
※NC旋盤、マシニングセンターを主力として、旋盤、フライス、研磨等の職人による機械加工を経て、様々な精密部品を創りだします。
※三次元測定機、真円度測定器、表面粗さ測定器で検査するため、高精度を実証できます。



株式会社 中田製作所
小径複合旋盤 微細溝加工 浅い座グリ加工 極浅窪み加工 半導体製造装置のアルミ精密部品
小径複合旋盤 微細溝加工 浅い座グリ加工 極浅窪み加工 半導体製造装置のアルミ精密部品

【材質】
材質A5056(a5056)

【業界・使用用途】
半導体製造装置業界
半導体製造装置のアルミ精密部品

【材寸】
φ10 × 11.5㎜

【加工】
複合旋盤
マシニングセンタ


【特徴】
こちらの製品は、材質A5052(a5052)の
産業用ロボットのアルミ精密部品です。

今回の製品は、写真でご覧いただける窪み部分が
非常に浅く、0.05±0.003㎜でございます。
公差も厳しいです!

加工は複合旋盤とマシニングセンタで加工を行いました。
窪み部分はマシニングセンタで加工を行うことで、
中心部分の突起が発生せず、表面を綺麗に仕上げる事が出来ます!

今回の製品は微細溝加工ですが、
他にも極微小径穴加工や鏡面切削加工等の微細加工も数多く行っております!

アルミ精密部品加工は、ぜひ中田製作所にお問合せ下さい!

特に、自動車用開発部品、 液晶製造部品、産業用ロボット部品、
半導体製造装置部品はぜひお任せください。

また、ホームページにもアルミ精密加工技術やアルミ精密部品について
詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。
(下の詳細はこちらをクリックして頂くとホームページに飛びます。)

株式会社中田製作所 〒581-0851 大阪府八尾市上尾町5丁目1-15
TEL072-996-8621 FAX072-922-8291
E-mail:info@nakata-ss.co.jp
HP:http://www.nakata-ss.co.jp/

担当:さきちゃん 2016年10月13日(木)  天気☁