ボルボグループ、欧米でのトラック受注減による2020年の落ち込みに備える  [ 米国 ] [ EU ]

・10月18日付けのデトロイトニュースとボルボグループのプレスリリースは、ボルボが2019年第3四半期での重量級トラックの受注が2018年同期比45%減少し、第2四半期で現れた落ち込みが深刻化したと発表したと報じた。・ボルボによると、北米市場と欧州市場はしばらくは平均的な需要が続くが、2020年にはぞれぞれ29%と14%の減少が見込まれるという。・これを踏まえ、ボルボグループでは追加の減産を計画している。・国際通貨基金(IMF)の10月見通しでは、2019年の世界経済予測は貿易摩擦の影響により5カ月連続のマイナスとなり、2009年以降最も低い成長率となっている。・ボルボグループは各工場が...
<2019年10月23日(水)>