現代モービス、韓国・蔚山にEV部品工場建設へ  [ 韓国 ]

韓国の現代モービスは、蔚山広域市またはその近郊に電気自動車 (EV) 部品の専用工場を新設する計画。第1フェーズとして3,300億ウォン (300億3,000万円) を投資し、早ければ2019年中に着工し、2020年末に竣工させる。新工場では前輪・後輪駆動モーター、インバーターモジュール、バッテリーシステム、コンバーターと双方向充電器の統合型製品などを生産する。これらの製品は現代自動車のEV専用プラットフォーム「E-GMP」ベースの車両に搭載される見込み。(2019年7月25日付各種リリースより)
<2019年07月25日(木)>