日本板硝子、HUD対応ガラスがGMの新型ピックアップトラックに採用  [ 米国 ]

日本板硝子は、同社のヘッド・アップ・ディスプレー (HUD) 対応フロントガラスが北米で発売予定のGMのピックアップトラック「GMC Sierra」と「Chevrolet Silverado」(2019 年モデル)に採用されたと発表した。フルサイズ・ピックアップトラックのフロントガラスとしては初の搭載となるHUDは、縦7.62cm・横17.78cmのマルチカラー画面で、ドライバーの視線の先に運転情報を表示する。同社独自の高精度プレス技術は、新車のオプション採用が増えているHUDに必要な、複雑形状で面精度の高いフロントガラスの製造に強みを発揮するという。(2018年8月21日付プレスリリー...
<2018年08月21日(火)>