トヨタ、タカタ製エアバッグ問題で約580万台リコール  [ 日本 ]

・トヨタは26日、 タカタ製エアバッグ部品の欠陥で約580万台のリコールを届け出たと発表した。 ・エアバッグインフレーターの中に乾燥剤が入っていないことがリコールの原因。 ・地域ごとの内訳は欧州約147万台、日本約116万台など。 ・タカタ製エアバッグについては今年5月、 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が米国史上最大となる約4,000万個のエアバッグ部品をリコール対象としていた。 (from a Detroit News article on October 26, 2016)
<2016年10月27日(木)>