PSA、仏国内で年間100万台生産に向けて労組と契約締結  [ フランス ]

・PSAは8日、グループの6労組のうち5労組(CFE/CGC、CFTC、CFDT、FO、GSEA)との労働協約を締結したと発表した。・PSAの掲げる目標は、欧州市場が危機以前の状態に回復することと、環境や規制でおおきな問題が発生しないことを条件として、今後3年間でフランス国内で年間平均100万台を生産することとしている。・PSAは毎年、将来を担う若い世代の従業員2,000名を採用する計画。また、ホワイトカラー1,000名を今後3年間に採用し、うち50%を若い世代とする。・PSAは、フランス国内に技術開発活動の85%を残すことも確認している。 PSAのリリースをみる
<2016年07月12日(火)>