グローバルトップ10メーカー生産予測(2021年第2四半期版)

2021年世界生産は8,506万台の予測、長引く半導体不足の影響受け150万台を下方修正

2021/07/28

概要

※当予測レポートは、四半期ごとに最新版をリリースします。

・LMC Automotive社の予測(2021年第2四半期時点)によると、2021年の世界全体のライトビークル生産は前年比13.8%増の8,506万台となる見通しである。半導体不足の影響が長引く中で、前回予測(2021年第1四半期時点)から約150万台下方修正された。

・一方で2022年の予測については9,333万台と前回から約100万台上方修正されており、来年に向けて今年の減少分が補完されると見込まれている。

・主要グループの2021年の生産については、各社間で半導体不足の影響にばらつきがある中で、トヨタは前年比17.2%増の1,077万台が予測されている。伸び率は2VWグループ(10.2%増の963万台)を上回っており、100万台以上の差をつけて首位を維持すると予測されている。3位~5位のRenault-日産-三菱、Stellantis、現代は2020年比でおよそ20%の伸び率が見込まれている一方、6GM7位ホンダの伸び率は3%程度にとどまると予測されており、明暗が分かれている。