Goodyear、中国で初の開発センターを開設  [ 中国 ]

Goodyearは、中国に同社初の開発センターを開設したと発表した。開発センターは、遼寧省大連の普蘭店 (Pulandian) 市に位置する同社のタイヤ工場内に建設された。新センターの開設により、同社はアジア太平洋地域での事業を拡大し、主に中国に拠点を置く自動車メーカーに向けたタイヤ開発のスピードと効率アップを図る。なお、中核技術の開発は、引き続き米国のオハイオ州AkronおよびルクセンブルクのColmar-Bergにあるイノベーションセンターで行い、中国の新センターでは新車装着用に製品のカスタマイズやプロジェクトのサポートを行う予定。(2015年3月26日付プレスリリースより)
<2015年03月26日(木)>