インフィニティ、テネシー新工場でエンジン生産開始  [ 米国 ]

・インフィニティは26日、ルノー・日産アライアンスとダイムラーの共同プロジェクトであるテネシー州デカード(Decherd)パワートレイン工場でエンジン生産を開始したと発表した。 ・新工場で生産される最初のエンジンは、ダイムラーが開発した2.0L 4気筒ターボガソリンエンジンで、インフィニティ「Q50」スポーツセダンの欧州向け車両と 、アラバマ州タスカルーサ(Tuscaloosa)工場で組み立てられるメルセデス・ベンツ「Cクラス(C-Class)」に搭載される。 ・3億1,900万ドルを投資して建設された31万平方フィートの施設は、2012年5月より建設が始まった。約200名の従業員が採用...
<2014年06月28日(土)>
おすすめコンテンツ

日産とダイムラー、テネシー工場でエンジン共同生産

日産の米国生産拠点
をみる
ダイムラーの米国生産拠点をみる

米国・カナダの自動車工場立地マップ

※クリックすると拡大します