Fit/Jazz (Honda)

 ニュース
2021年10月04日(月)

・ホンダは10月4日、国内自動車メーカー初となる四輪新車オンラインストア「Honda ON (ホンダオン)」を開設し、同日からオンラインでの新車の取り扱いを開始したと発表した。
・「Honda ON」では販売店を訪問することなく、手持ちのスマートフォンで商談、見積り、買取車の査定、契約、さらには自動車保険の手続きに至るまでを、すべてオンライン上で対応可能。小さな画面のスマートフォンでも迷わず選択できるよう、ホンダの人気車種(N-BOX」や「フィット (Fit)」等)、タイプ、オプションに厳選したプランを設定した。
・購入方法は現時点でHonda ON サブスクリプションサービスのみを用意している。月額利用料にはカーナビ等の基本的なオプション費用、自動車税、点検・車検、交換部品のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。契約後は口コミ評価を参考にした上で、納車ならびにその後のメンテナンスを受けるHonda Carsの店舗を選択できる。
・なお、事業開始時は東京都内在住かつ、東京都のHonda Cars (84拠点)に納車やメンテナンスで来店できる利用者のみを対象とする。来年以降順次、選択可能なエリアを拡大する予定。購入方法についても今後順次、さまざまな選択肢を拡充していく。
・「Honda ON」は、今年4月に設立されたホンダの100%子会社「株式会社ホンダセールスオペレーションジャパン」が開設した。スマートフォンに特化したUI (ユーザーインターフェース)にすることで、販売店への来店経験がなく、来店のハードルが高いと感じているGeneration Z (ジェネレーションZ)世代にも使い勝手が良く、直感的な操作が可能なものを目指したという。
ホンダのリリースをみる

2021年09月13日(月)

・ホンダの台湾法人である台湾本田汽車股份有限公司10日、フルモデルチェンジした新型「フィット (Fit)」を発表した。
・ガソリン車とハイブリッド車を設定しており、ガソリン車は11日に希望小売価格749,000台湾元で店頭販売を開始した。ハイブリッド車は12月に投入する予定で、予約販売価格は869,000台湾元。
・新型「フィット」では車体構造に新たな設計思考を反映すると共に、ミリメートル単位でAピラーの位置や傾斜角を調整。さらに水平基調のインストルメントパネルやバイザーレスメーターを採用することで、死角や圧迫感を取り除いて前方の「心地よい視界」を確保した。
・インテリアには「ウルトラシート」を採用しており、後席を倒すユーティリティ・モード、後席と助手席を倒すロング・モード、後席の座面を跳ね上げるトール・モードの3パターンからアレンジできる。
・安全面では、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING (ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備した。水平画角が100度のワイドビューカメラと最新の画像処理チップによって対向左折車や自転車、夜間の歩行者も検知する。
・パワートレインはガソリン車に1.5L DOHC i-VTECエンジン、ハイブリッド車に2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載。ハイブリッド車は一般道を走行する際はモーター駆動を中心とし、高速クルージングではエンジン駆動に切り替える。

※画像をクリックすると拡大します
台湾本田のリリースをみる

2021年04月20日(火)

Novaresは、同社の武漢工場が広汽ホンダより品質優秀賞を受賞したと発表した。同工場は、広汽ホンダ向けに毎月8,000から12,000ユニットのカムカバーを生産している。これらはホンダの「フィット (Fit)」に搭載されている。武漢工場は、2020年前半に生産準備段階が完了し、2020年後半に効率的に量産段階へ移行した。強固な品質保証手順を導入することで、100万個当たりの不良ゼロを達成したという。(2021年4月20日付プレスリリースより)