CR-V (Honda)

 ニュース
2022年06月29日(水)

・調査会社J.D. Power社は6月28日、新車100台あたりの不具合数(Problems Per 100 vehicles, PP100)をベースにしてブランドと個別モデルをランク付けする2022年米初期品質調査(IQS)を発表した。この調査では、100台あたりの製造上の不具合数が少なかったモデルを生産した工場も発表された。
・調査によると、メキシコにあるGMのサンルイスポトシ(San Luis Potosi)工場がプラチナアワードを受賞した。同工場で生産されているシボレー「エキノックス(Equinox)」とGMC「テレイン(Terrain)」は100台あたり21件(21 PP100)であり、欠陥が最も少なかった。
・北米・南米地域では、ホンダ「CR-V」を生産するカナダ・オンタリオ州のアリストン(Alliston)工場が24 PP100でシルバーアワードを受賞。GMのシボレー「エキノックス(Equinox)」を生産するカナダ・オンタリオ州インガソール(Ingersoll)のCAMI工場が25 PP100でブロンズアワードを受賞した。
・アジア・太平洋地域では、トヨタ「カローラ」を生産する高岡工場(第1工場)と、日産のインフィニティ「Q50」と「Q60」を生産する栃木工場(第1工場)が25 PP100の同数でゴールドアワードを受賞した。
・中国山東省・煙台にあるGMの東岳(Dong Yue)第2工場はビュイック「エンビジョン(Envision)」の不具合件数が100台あたり28件(28PP100)でブロンズアワードを受賞。
・欧州/アフリカ地域では、BMWの「X1」と「X2」を生産する独レーゲンスブルク(Regensburg)工場が(22 PP100でゴールドアワードを、MINIの「クーパー(Cooper)」と「カントリーマン(Countryman)」を生産するオランダ・ボルン(Born)工場が24 PP100でシルバーアワードを、「2シリーズ(2 Series)」を生産する独ライプツィヒ(Leipzig)第1工場が26 PP100でブロンズアワードを受賞した。
J.D. Power社のプレスリリースをみる

2022年06月27日(月)

・ホンダは623日、四輪車を生産する埼玉製作所の完成車工場鈴鹿製作所について、7月上旬は通常通り稼働する見込みと発表した。
・埼玉製作所の完成車工場では「ステップワゴン(Step WGN)」や「フリード(Freed)」、「CR-V」、「インサイト(Insight)」、「シビック(Civic)」、「Honda e」を生産。鈴鹿製作所では「ヴェゼル(Vezel)」や「フィット(Fit)」、「シャトル(Shuttle)」 、「Nシリーズ」を生産している。
(ホンダの発表に基づく)
キーワード:工場稼働状況

2022年06月24日(金)

・ホンダは6月22日、米国で2023年型となるコンパクトSUVの新型「CR-V」のインテリアデザインを公開した。
・新型「CR-V」は現行のモデルよりも広いスペース、より高級感のある装備を採用し、クラフトマンシップを感じさせる。
・ホンダは2022年をSUV攻勢の年と位置づける。同モデルの詳細は7月12日に公開される予定。

※画像をクリックすると拡大します
(Honda press release on June 22, 2022)