CR-V (Honda)

 ニュース
2024年02月28日(水)

・ホンダは2月27日、米国初の量産プラグイン燃料電池車(FCV)となる「CR-V e:FCEV」を発表した。2024年にカリフォルニア州でリース販売を開始する。また、東京ビッグサイトで開催されている「H2 & FC EXPO[春]2024~第21回[国際]水素・燃料電池展[春]~」で28日に同モデルを世界初公開した。日本では2024年夏の発売が予定されている。

・米国製の新型燃料電池システムとプラグイン充電機能を搭載し、EPAモードの航続距離は270マイル(約435km)、EV走行可能距離は29マイル(約47km)、(WLTCモードではそれぞれ600km超、60km超)となる。迅速な水素充填が可能でFCVとしての長い航続距離がある一方、街中ではEVのような使い勝手が可能という柔軟性を備えている。

・「CR-V e:FCEV」には、ホンダとGMが共同開発し、両社の合弁会社であるFuel Cell System Manufacturing, LLC (ミシガン州)で生産される燃料電池システムが搭載され、オハイオ州メアリーズビル(Marysville)のPerformance Manufacturing Centerで車両生産を行う。同モデルは日本にも輸出される。この燃料電池モジュールは「クラリティ フューエルセル(Clarity Fuel Cell)に搭載したものと比較して耐久性や効率に優れ、コストを1/3に抑えた。

・「CR-V e:FCEV」のエクステリアは、低く直立したグリルデザインと長いフードの洗練したスタイルが特徴。Aピラーよりも前方のボディパネルは新デザインを採用し、独自デザインのリフトゲート、18インチ・10本スポークの黒色ホイールなどを採用している。

・AC充給電コネクターは日本と米国における普通充電の規格である「SAE J1772」を採用。AC車外給電用コネクター「Honda Power Supply Connector (パワーサプライコネクター)」を普通充電ポートに接続することで、最大1,500WのAC給電が可能になり、小型家電やポータブルエアコン、電動工具、キャンプ用ツールなどを使用できる。

・ホンダは米国でクラス8の燃料電池トラックの概念実証も準備しており、顧客と交渉を行っている。

ホンダのリリース 1/2

2024年02月28日(水)

・本田技研工業(ホンダ)は、2024年2月28日から3月1日まで東京ビッグサイトで開催されている「スマートエネルギーWeek (春) 2024」において、新型となる燃料電池車(FCV)の量産モデル「CR-V e: FCEV」を世界初公開した。

・グランドコンセプトである「E-Life Generator」のEには6つ(Environment / Enhancement / Enjoy / Electricity / rEcycle / rEsiliene)の意味が込められている。車両は、北米で販売しているSUV「CR-V」をベースにGMとの共同開発による燃料電池システムを搭載している。様々なシーンでの車両活用を想定していることから、ベースをSUVにしたという。

・特長は、水素を動力源とするFCVを基本としつつ、バッテリーも搭載することで充電による走行ができるプラグイン機能を持つこと。これにより、長距離には水素を、短距離にはプラグイン充電による電力を動力源とする走行が可能になる。水素の充填時間は3分であるため、電気自動車(EV)の課題である充電時間を克服できる。一方で、水素補充設備の無い場所や短距離の使用ではEVモードを使うことが可能で、使い勝手を向上させている。また、給電車両としての役割も持たせており、Honda Power Supply Connectorを使用することで、アウトドアなどのシーンで給電設備として活用することもできる。

外観はフロント回りなどに独自デザインを採用し、車両左前方にプラグイン用の充電口を、左後方に水素充填口を備えている。

・今回FCVを発売することで、同社が開発などを手掛けているFC電源ステーションやFC商用車などの燃料電池アプリケーションとの相乗効果を図るほか、ユーザーのフィードバックを得ることで今後のFCV開発に繋げていくとしている。

・現段階では日米での販売を予定している。2024年の春に北米で、夏に日本での販売を開始する計画。

2024年02月14日(水)

・2月8日付の複数メディアの報道によると、シェル(Shell)は2月5日の週、「供給の複雑化とその他の外部市場要因」を理由に、カリフォルニア州の乗用車用水素充填ステーション7カ所を永久閉鎖すると発表し、これにより同州で稼働している水素充填ステーションは大型車用の3カ所のみとなった。 

・カリフォルニア州は水素自動車の数少ない成長市場のひとつであったが、カリフォルニア州エネルギー委員会の最新の数字によると、2023年の登録台数はわずか3,143台で、同時期のバッテリー電気自動車(BEV)の1%にも満たないという。 

・シェルは2023年9月、「カリフォルニア州における小型車用水素充填ステーションの追加建設・運営計画を中止した」と発表しており、以前に建設すると発表し、4,060万ドルの助成金を得ていた48カ所の新規建設が事実上中止となっていた。当時、シェルは5カ所の水素ステーションを一時的に閉鎖している。 

・シェルは、これ以上カリフォルニアの水素充填ステーションを閉鎖した理由の詳細を明らかにしていないが、同社はノルウェーの水素技術企業Nelから供給された水素ステーション機器を使用していた。Nelは現在、同社製H2Stationシリーズに重大な欠陥があるとして、産業ガス会社の岩谷産業から訴訟を起こされている。 

・今のところシェルは、影響を受ける顧客に対し、California Hydrogen Fuel Cell Partnershipのウェブサイトで利用可能な補給場所を確認するようアドバイスしている。現代「ネクソ(Nexo)」、トヨタ「ミライ(Mirai)」、ホンダ「クラリティ(Clarity)」のような水素自動車の所有者は、今回の閉鎖の影響を受けることになる。 

・ホンダは、GMと共同で開発した次世代水素パワートレインを搭載した水素自動車「CR-V」を、2024年に発売する計画である。ホンダはこの新しい燃料電池システムで、年間2,000台の販売を目指している。 

(multiple sources on February 8, 2024)