AAPICO Hitech Public Co., Ltd.

会社概要

■URL

http://www.aapico.com

■本社所在地

99 Moo 1, Hitech Industrial Estate, Tambol Ban Lane, Amphur Bangpa-in, Ayutthaya 13160, Thailand

業容

-タイの地場系自動車部品メーカー。OEM向けプレス部品・鍛造部品・機械加工部品・樹脂部品の製造、および金型、治具の設計製作、カーナビシステムの製造など。

-2016年12月末現在、38の子会社・関連会社 (国内29社、海外9社) で構成。

-事業は、以下6部門で構成。

  • OEM向け自動車部品製造 (OEM Auto Parts Manufacturing)
  • ディーラー (Car Dealership)
  • 組立治具の設計・製造 (Design & Manufacture of Assembly Jigs)
  • 金型の設計・製造 (Design & Manufacture of Stamping Dies)
  • カーナビ (Car Navigation)
  • その他 (Other)

資本構成

-タイ証券取引所に上場  (2017年3月16日現在)
会社名 出資比率 (%)
Mr. Yeap Swee Chuan Group 22.56
双日株式会社 15.76
Ms. Yeap Xin Yi 9.34
Ms. Yeap Xin Rhu 7.95
Phatra Capital Public Co., Ltd. 4.90
Thai NVDR Company Limited 4.45
Mr. Pichai Wijakkapan 3.79
Mr. Sompong Paoenchoke 2.11
AAPICO Hitech Public Company Limited 1.86
Mr. Kiattisak Traitrungtassma 1.83
合計 (上位10位) 74.55

主要製品

プレス加工製品 (Press parts)
-フロアパーツ (Floor parts)
-クロスメンバー (Cross members)
-ピラー (Pillars)
-ブラケット (Brackets)
-クリップ (Clips)
-マウント (Mountings)
-ボディパネル (Body panels)

燃料タンク (Fuel tanks)
-スチール製燃料タンク (Steel fuel tanks)
-樹脂製燃料タンク (Plastic fuel tanks)
-燃料タンクセンダー (Fuel tank senders)

チューブ・ライン (Tubes and Lines)
-蝋付け鋼管 (Brazed steel tubing)
-フューエルライン (Fuel lines)
-ブレーキライン (Brake lines)

電子製品 (Electronics)

シャシーフレーム (Chassis frames)

樹脂部品 (Plastic components)
-内装トリム部品 (Interior trim parts)
-樹脂製ウォッシャータンク (Plastic washer tanks)

鍛造・機械加工部品 (Forged and Machined parts)
-ステアリングシステム (Steering systems)
-サスペンションシステム (Suspension systems)
-ホイールフレーム (Wheel frames)
-ハブ (Hubs)
-ボールジョイントアクスル (Ball joint axles)
-アクスル (Axles)
-エンジン部品 (Engine parts)
-コネクティングロッド (Connecting rods)
-ギア (Gears)
-シャフトバランス (Shaft balances)
-クラッチ (Clutches)
-コンパニオンフランジ (Companion flanges)
-ホイールハブ (Wheel hubs)
-ナックル (Knuckles)
-ピストン (Pistons)
-チューブシャフト (Tube shafts)
-ヨーク溶接 (Yoke welds)
-チューブヨーク (Tube yokes)

加飾・構造製品 (Decorative and structural parts)
-ドアトリム (Door trims)
-ドアサッシュ (Door sashes)
-ルーフラック (Roof racks)
-ルーフモール (Roof ditch moldings)
-ベルトラインモール (Belt line moldings)
-スポイラー (Spoilers)
-プロテクター (Protectors)
-ボディサイドモール (Body side moldings)
-ラジエーターカバー (Radiator covers)
-テールランプ (Tail lamps)
-シート部品 (Seat components)

メカニズム (Mechanisms)
-ヒンジ (Hinges)
-ドアチェック (Door checks)
-パーキングブレーキレバー (Parking brake levers)
-ペダルボックス (Pedal boxes)

カーナビゲーションシステム (Car navigation systems)
-「POWERMAP」 音声認識ソフトウェア付き3Dカーナビゲーション、デジタルマップ

-trackSynq - フリートトラッキングソリューション
-3Dナビゲーションソフトウェア (3D navigation software)

沿革

1985年 Able Industries Co., Ltd.を設立。
1995年 フォード、マツダ向けピックアップトラック用燃料タンクの製造に関する技術提携を (株) キーレックスと締結。
1997年 三桜工業との合弁会社、Able Sanoh Industries (1996) Co., Ltd.をアユタヤ県 (タイ) に設立。
2002年 タイ証券取引所に上場。
2003年 Dana Corporation (USA) より、Parish Structural Products Companyを買収し、AAPICO Amata Co., Ltd.に名称変更。
2004年 Kunshan Chaitai-Xincheng Precision Forging Co., Ltd.を買収し、中国に進出。
プラスチック射出成形製品の製造会社である、Fischer Tech と合弁会社 (30%出資) を設立。
2005年 双日 (株) と戦略的グローバルパートナーシップを締結し、双日 (株) が同社に15%を資本出資。
AAPICO Shanghai Co., Ltd.を上海 (中国) に設立。
2006年 カーナビゲーションのシステム会社である、Able ITS Co., Ltd.の株式を60%取得。のちにAAPICO ITS Co., Ltd.に名称変更。
三池工業と合弁会社、AAPICO Mitsuike Co., Ltd.を設立。
シンガポール上場企業のJackspeed Co., Ltd.に出資。
AAPICO Hitech Parts Co., Ltd.をアユタヤ県(タイ)に設立。
2007年 KPN PLC.を買収・分社化し、AAPICO Forging PLC.とAAPICO Plastics PLC.に名称変更。
Edscha (ドイツ) とドアチェック、ヒンジ、ハンドブレーキの製造に関する技術提携を締結。
Kautex Textron GmbH & Co. KG (ドイツ) と樹脂製燃料タンクに関する技術提携を締結。
2008年 Minth Corporation (中国)とドアサッシュ製造に関する合弁会社、Minth AAPICO (Thailand) Co., Ltd.を設立。
2009年 AAPICO Structural Products Co., Ltd.をAmata Nakorn Industrial Estate (チョンブリ県) に設立。
2010年 AAPICO Hitech PLCの第2工場がラヨーン県で操業開始。
プラスチック部品製造の合弁会社Thai Takagi Seiko Co., Ltd. をタカギセイコー (日本)、双日 (日本) と設立。
2011年 マレーシアのカーナビ事業拡大のため、AAPICO ITS (Malaysia) Sdn. Bhd.の株式49%を取得。
2013年 Edscha、Sodecia、住野工業、Lemtech Holdingsの4社とそれぞれ合弁会社を設立。
2014年 Sumino AAPICO (Thailand) のChonburi工場の開所式を行った。
シンガポールのQuantum Inventions Pte. Ltd.と協力し、Smart City Technology向けカーナビゲーションの拡販協力を開始。
AAPICO Training Centerを設立。

補足 1

>>>2010年12月期の動向
>>>2011年12月期の動向
>>>2012年12月期の動向
>>>2013年12月期の動向
>>>2014年12月期の動向
>>>2015年12月期の動向

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。