Edscha AG

会社概要

■URL

http://www.edscha.com

■本社所在地

Hohenhagener Strasse 26-28, 42855 Remscheid, Germany

業容

-ドイツを本拠とする、スペインGestamp Automocion傘下のヒンジ、ドアチェックメーカー。ドアヒンジおよびドアチェックの欧州市場シェアは50%超 (2014年6月時点)。

-2015年6月時点、ヒンジおよびドアチェックを年間それぞれ140百万ユニット、70百万ユニット生産している。

-2009年2月、ドイツ国内および欧州拠点を対象とした破産手続きに入った。それに伴い、同年8月にコンバーチブルルーフシステム事業をWebastoに、2010年4月には車体部品部門をスペインGestamp Automocionに売却し、Gestamp傘下となった。

資本構成

-2010年に車体部品部門をスペインのGestamp Automocionに売却し、同社の傘下となった。

主要製品

車体部品 (Body Components)
-ドアヒンジ (Door hinges)
-ドアチェック (Door checks)
-フードヒンジ (Hood hinges)
-トランクヒンジ (Trunk hinges)
-ドアチェックシステム一体型ドアヒンジ (Door hinges with integrated door check systems)
-歩行者保護ポップアップフード用ヒンジ (Hood hinges with pedestrian protection systems)
-ソフトストップヒンジシステム (Soft Stop hinge system)
-樹脂製ドアチェックモジュール (Modular plastic door checks)
-2段階リフトゲートオープナー (Divided liftgates)
-フラップヒンジ (Flap hinges)
-スイッチハンドル (Switch handles)
-スライドドアシステム (Sliding door systems)

電動システム (Powered Systems)
-電動リフトゲート (Electrically powered liftgates)
-電動トランクリッド (Electrically powered trunk lids)
-スピンドルドライブ (Spindle drives)
-モジュールドライブシステム (Module drive systems)

ドライバーコントロール (Driver Controls)
-ペダルシステム (Pedal systems)
-パーキングブレーキ (Parking brakes)
-ハンドブレーキ (Handbrakes)

沿革

1870年 ドイツのレムシャイトにて設立。馬車のヒンジ、取付部品やロックを生産。
1913年 ロック事業を売却、ヒンジ事業に特化。
1932年 自動車産業へ本格参入。Adler Trumpf、Hanomag Kurier、Hanomag Sturm等に搭載。
1963年 ドイツのHengersbergに工場を設立。
1969年 トラック用スライド式ルーフの基本特許取得。
1975年 ドイツ国外初の生産拠点を設立。
1984年 ドイツのHauzenbergに新工場を建設。
1985年 BMW 3シリーズのコンバーチブルルーフを受注。
-後のConvertible Roof Systems部門設立の礎となる。
1994年 コア事業(スクリュー&ピン)への注力による"best in class"戦略開始。
-キャブ生産事業より撤退。
-不採算工場の閉鎖
-グローバル化の推進
1997年04月 Chairman兼CEOのHorst KuschetzkiがMBO (Management Buy Out)。
1999年03月 フランクフルト証券取引所へ上場。
2000年07月 ヒンジ専門メーカーJackson Automotive Group, Incを買収。
北米におけるドアヒンジ、ドアチェックのマーケットリーダーとなる。
2001年04月 米国にEdscha Roof Systems, Inc.を設立。
北米市場におけるルーフシステムの研究開発・生産・供給の一貫体制を整備。
2002年07月 ドイツの車両開発メーカーIVM Automotiveを買収。
2003年05月 臨時株主総会において、少数保有株主の保有する株式をEdCar Beteiligungs GmbH & Co. KG (Remscheid) に移管することで合意。
2004年 2003年5月23日の年次株主総会での少数株主排除議決によりEdscha AGのCommercial Registerへ登録。これにより、2004年1月、少数株主が保有する全株式はEdschaの主要株主であるEdCar Beteiligungs GmbH & Co. KGへ譲渡された。4年10ヶ月を経て、Edschaの株取引は終了。
2005年09月 トラック用スライド式ルーフ部門を、スウェーデンのトラック用トレイラーカップリングメーカーに売却。
2007年03月 2007年3月、車両デザイン部門であるIVM Automotive社を売却し、車体部品とコンバーチブルルーフシステムの2部門に集中。
2009年08月 コンバーチブルルーフシステム事業をWebastoに売却。
2009年10月 車体部品部門をGestamp Automocionへ売却。
2012年11月 マレーシアのAAPICO Hitechと合弁会社「Edscha-AAPICO Automotive Co., Ltd.」を設立。
2012年12月 ドイツHalverを本拠とするFPS Kunststofftechnikと同国Schalksmuhleを本拠とするFriedhelm Piepenstockを買収すると発表。
2013年07月 韓国のPyeong Hwa Automotiveとの合弁会社「Edscha PHA Ltd.」の牙山工場が操業開始。
2013年09月 中国の江蘇省昆山 (Kunshan) に新工場 「Edscha Automotive Components Kunshan Co. Ltd.」 を開設。
2016年03月 ロシアのTogliattiで同国4番目となる新工場を開設。
2016年06月 メキシコのSan Luis Potosiで新工場の起工式を開催。

補足 1

>>>2011年までの動向
>>>2014年までの動向

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。