(株) ニチリン

会社概要

■URL

http://www.nichirin.co.jp

■本社所在地

〒650-0033 兵庫県神戸市中央区江戸町98-1 (東町・江戸町ビル)

業容

-独立系自動車用・二輪車用ホース大手メーカー。二輪車向けブレーキ用・クラッチ用ホースを中心に、二輪車用ホースにおいて国内100%に近いシェアを持つ。

業績ハイライト

-2016年12月期、連結売上高50,992百万円、営業利益6,618百万円、経常利益6,343百万円、親会社株主に帰属する当期純利益3,644百万円であった。

地域別要因

日本
国内販売が堅調に推移したことに加え、VW向け販売が好調に推移したが、年初からの円高により、売上高は28,781百万円(前年度28,726百万円)、営業利益は1,562百万円(前年度1,613百万円)。

北米
自動車市場はガソリン安を背景に昨年来の好調を維持、USドル建て売上高は伸びたものの、円高の影響により売上高は13,103百万円(前年度13,830百万円)。営業利益はロボット化による生産性改善、物流費削減の効果もあり927百万円(前年度567百万円)。

中国
自動車市場では小型車減税とSUV車の需要増により販売台数は下支えされており、元建て売上高は伸びたものの、円高の影響により売上高は9,175百万円(前年度9,319百万円)。営業利益は生産性改善活動による効果もあり、1,109百万円(前年度1,012百万円)。

アジア
二輪用ブレーキホースの販売に加え新しく商品投入したフューエルホースの販売増やベトナムでのGM向け売上が好調に推移したことから、売上高は11,683百万円(前年度11,822百万円)、営業利益は2,806百万円(前年度2,743百万円)。

欧州
欧州メーカーからの受注により堅調に推移していること、10月よりハッチンソン ニチリン ブレーキ ホーシーズを子会社化したことより、売上高は3,102百万円(前年度2,607百万円)、営業利益は117百万円(前年度80百万円)。



フランスのHutchinson S.A.との合弁会社Hutchinson Nichirin Brake Hoses, S.L.を連結子会社化

-2016年10月、仏Hutchinson S.A.との合弁会社のHutchinson Nichirin Brake Hoses, S.L. (HNBH) を連結子会社化したと発表。Hutchinsonが持つHNBHの株式40%を買い取って、出資持分をこれまでの30%から70%へと引き上げた。取得金額は約6百万ユーロ (約686.7百万円)。ニチリンは欧州メーカーへの販売拡大などを目的にHutchinsonと2012年に合弁事業契約と株主間契約を締結、13年にHNBHに資本参加し合弁事業を展開してきた。この結果、HNBHはGM向けにベトナム子会社が手がけるビジネスを獲得したほか、直近でも大口受注を獲得するなど、当初の構想通りのビジネス展開が進んでいる。合弁会社の2015年売上高は21.7百万ユーロ (約24.8億円)。このため、ニチリンはHutchinsonとの株主間契約に沿って計画通り出資比率を引き上げた。(2016年10月24日付日刊自動車新聞より)


中期経営計画 「NICHIRIN Growth Strategy 2020」

-2014年11月、中期経営計画 「2015年-2020年:Nichirin Growth Strategy 2020 : NGS2020」 を策定。
<2020年連結経営指針>

  • 売上高:2013年比30%増
  • 営業利益率:安定して8%以上を確保
  • 当期純利益率:安定して5%以上を確保
  • 自己資本比率:50%以上

資本構成

-東京証券取引所二部上場 (2016年12月31日現在)
氏名または会社名 出資比率 (%)
太陽鉱工株式会社 22.96
双日株式会社 7.96
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口) 4.59
BNP PARIBAS SECURITIES SERVICES LUXEMBOURG/JASDEC/FIM/LUXEMBOURG FUNDS/UCITS ASSETS 3.62
東京センチュリー株式会社 3.31
株式会社みずほ銀行 2.60
日本精化株式会社 1.99
THE HONGKONG AND SHANGHAI BANKING CORPORATION LIMITED CLIENTS A/C 513 SINGAPORE CLIENTS 1.48
みずほ証券株式会社 1.36
ニチリン従業員持株会 1.22
合計 51.09

主要製品

自動車用ホース (Automotive Hoses)
-油圧ブレーキホース (Hydraulic brake hoses)
-超低膨張ブレーキホース (Ultra low-expansion brake hoses)
-ブレーキ液用リザーバーホース (Brake oil reservoir hoses)
-エアコン用ホース (Air conditioning hoses)
-パワーステアリングホース (Power steering hoses)
-ATフルイド用ホース (Fluid hoses for automatic transmissions)
-エアブレーキホース (Air brake hoses)
-クラッチホース (Clutch hoses)
-ESC (横滑り防止装置) ホース (Electric Stability Control hoses)
-CO2エアコンシステム用ホース 「EF-TUBE」 (CO2 refrigerant air conditioning system hoses "EF-TUBE")
-ロール制御システム用油圧ホース (Hydraulic hoses for roll control system)
-天然ガス車用燃料ホース (CNG hoses)
-オイルクーラーホース (Oil cooler hoses)
-サスペンションホース (Suspension hoses)
-尿素SCRホース (Urea SCR hoses)
-ラジエーターホース (Radiator hoses)
-バキュームブレーキホース (Vacuum brake hoses)
-トルコンホース (Torque converter hoses)
-エンジンオイルホース (Engine oil hoses)
-燃料ホース (Fuel hoses)
-オートクルーズシステム用ホース (Hoses for auto cruise system)

沿革

1914年05月 鈴木商店の子会社 (東工業 (株)) より、分離独立。日本輪業合資会社 (資本金10万円) として、神戸市で設立。
自転車タイヤ・チューブ、各種ゴムホースおよび工業用ゴム製品の製造・販売を開始。
1924年03月 日本輪業株式会社 (資本金60万円) に組織変更。
1931年02月 商号を日本輪業ゴム株式会社と変更。
1934年05月 大阪セドライト工場建設。人造絹糸製造用フェノール樹脂製品の製造開始。
1937年04月 航空機用高圧耐油可撓ゴム管、パッキン類の製造開始。
制動用自動車ホース (液圧ブレーキホース[四輪用]) の製造開始。
1941年-1943年 大阪工場・筒井工場・姫路工場を建設。
1943年08月 商号を日輪ゴム工業株式会社と変更。
1945年08月 全工場を戦災により焼失。
1946年03月 姫路工場 (姫路市北条) を再建、操業開始。
1957年04月 空調用自動車ホース (カーエアコンディショニングホース) の製造開始。
1965年04月 操舵用自動車ホース (パワーステアリングホース) の製造開始。
1967年04月 制動用自動車ホース (液圧ブレーキホース[二輪用]) の製造開始。
1970年03月 姫路工場 (姫路市北条) が山陽新幹線用地となり、現在地 (姫路市別所町) に移転。 自転車タイヤ・チューブ、列車ホース類の製造中止。
1986年10月 マレーシアに関連会社として、現地法人Sunchirin Industry (M) Sdn. Bhd.を設立。
1987年02月 カナダに子会社として、現地法人Nichirin Inc.を設立。
1988年07月 ニチリン化成 (株)(子会社:昭和55年5月設立) を吸収合併する。
1989年07月 アメリカに子会社として、現地法人Nichirin-Flex U.S.A., Inc.を設立。
1989年09月 東京支店を東京支社に改称。(現在地[東京都港区芝浦]へ移転)
1991年07月 商号を株式会社ニチリンに変更。
1994年06月 タイに関連会社として、現地法人Nichirin (Thailand) Co., Ltd.を設立。
1995年08月 本社を神戸市中央区三宮町に移転。
1995年10月 姫路工場、ISO09001認証をホース全部門で取得。
1996年07月 関連会社Sunchirin Industries (M) Sdn. Bhd.がクアラルンプール証券取引所 (マレーシア) 第2部に上場。
1996年12月 中国に子会社として、現地法人上海日輪汽車配件有限公司 [ShanghaiI Nichirin Automobile Accessories Co., Ltd.] を設立。
1997年08月 大阪証券取引所市場第2部に上場。
1998年10月 アメリカに子会社として、現地法人Nichirin Coupler Tech USA Inc.を設立。
1999年02月 イギリスに子会社として、現地法人Nichirin UK Limitedを設立。
1999年08月 本社を現在地 (神戸市中央区江戸町) に移転。
2001年07月 チェコに関連会社として、現地法人Visteon Nichirin Czech SROを設立。
2002年02月 ISO14001を認証取得。
2002年04月 アメリカに子会社として、現地法人Nichirin Tennessee Inc.を設立
2004年07月 日輪工販 (株)(子会社:1966年6月設立) を吸収合併する。
2004年11月 中国に子会社として、現地法人日輪軟管工業 (上海) 有限公司 [Nichirin Flex (Shanghai) Co., Ltd.] を設立。
2005年02月 ISO/TS16949:2002の認証取得。
2005年08月 中国に子会社として、現地法人日輪橡塑工業 (上海) 有限公司 [Nichirin Rubber Industrial (Shanghai) Co., Ltd.] を設立。
2005年11月 公募による新株式発行 (1,000千株) により、発行済株式数9,000千株、資本金1,729百万円。
2006年04月 姫路工場内に、ニチリングループの研究開発拠点 (ニチリンR&Dセンター) を建設。
2008年05月 ベトナムに子会社として、現地法人Nichirin Vietnam Co., Ltd.を設立。
2010年10月 インドに子会社として、現地法人Nichirin Autoparts India Pvt., Ltd.を設立。
2011年04月 インドネシアに子会社として、現地法人PT.Nichirin Indonesiaを設立。
2013年02月 カナダ子会社であるNichirin Inc.を2013年6月に閉鎖 (清算) すると発表。
2013年07月 スペインの現地法人Hutchinson Nichirin Brake Hoses, S.L.に出資し関連会社化。
2013年07月 東京証券取引所 (東証) と大阪証券取引所 (大証) の市場統合に伴い、大証第二部から東証第二部に鞍替え。
2016年10月 フランスのHutchinson S.A.との合弁会社Hutchinson Nichirin Brake Hoses, S.L.の出資持分をこれまでの30%から70%へと引き上げ、連結子会社化。

補足 1

技術供与契約

(2016年12月31日現在)
供与先 国名 契約内容 契約期間
和承R&A 韓国 自動車用エアコンディショニングホース製造に関する技術 2016年3月5日 -
2019年3月4日
自動車用ブレーキホース製造に関する技術 2016年3月5日 -
2019年3月4日
自動車用パワーステアリングホース製造に関する技術 2016年3月5日 -
2019年3月4日


>>>2007年12月期の動向

>>>2008年12月期の動向
>>>2009年12月期の動向
>>>2010年12月期の動向
>>>2011年12月期の動向
>>>2012年12月期の動向
>>>2013年12月期の動向
>>>2014年12月期の動向

>>>(株) ニチリンのIR情報

>>>次年度業績予想 (売上、営業利益等)

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。