車両総合型式認証の相互承認に向けて

(国別の車両型式認証(N-WVTA)から国連の統一認証(IWVTA)へ)

2011/04/19

1.「国際的な車両認証の相互承認制度(IWVTA : International Whole Vehicle Type Approval)とは

 自動車を道路上で使用するためには、多くの安全規則や環境規則を満たさなくてはならない。日本や欧州(EU)などの自動車先進国では、車両認証法規のなかでその国で自動車を走らせるのに必要な安全や環境の規則が定められている。

 これらの自動車先進国では、それぞれの地域特性や歴史的な背景などから多くの規則が作成され、運用されている。それぞれの地域で自動車を販売し登録するためには、それぞれの地域で全ての規則を満たし、かつ全ての生産車両としてそれが保証されていることを証明(車両認証)する必要がある。これが、国別の車両型式認証(VTA: Vehicle Type Approval)である。

 このような国ごとの認証(各国認証)から、例えば、日本で車両認証が取得されて販売されている車両について、ドイツでも日本の車両認証書がドイツの認証書と同様に使用できること(相互認証)を目指すのが、「国際的な車両認証(IWVTA : International Whole Vehicle Type Approval)の相互承認制度である。

 もともと、自動車の生産や使用状況がグローバル化するに従い、車両全体の認証ではなく、個別の規則の統一を図る動き(国際基準調和)が国連の中で進められてきた。それが、UNECE/WP29「自動車基準調和世界フォーラム」で行われている国際基準調和活動である。

図-1 国連での車両認証に必要な規則制定とその認証の相互承認
図-1 国連での車両認証に必要な規則制定とその認証の相互承認

 
 そこでは規則の調和だけでなく、その調和規則に基づく認証の相互承認(MRA)も実施されており、それらを保証する枠組みがUNECE 1958年協定 ( *1 ) である。この認証の相互承認(MRA)では、1958年協定の加盟国間で同じUNECE規則について一カ国でその規則を満たした部品やシステムに対して認証書が発行されると、その認証書は他の加盟国では追加の試験を要求されずに受け入れられることが保証されている(現在、58の国や地域が加盟し、127の規則が存在する)。

図-2 相互承認の取り入れ方例
図-2 相互承認の取り入れ方例


 言い換えると、一カ国の車両認証に必要な技術規則の内、他の国で取得した認証書があれば、その規則については自国での認証取得は不要となる。そして、この認証書をどの加盟国で取得するかは申請者(自動車や部品メーカ)が自由に選択できる。

 例えば、図-2に示すように、タイヤに関するUNECE規則(R30)を日本とEUが採用している場合には両方の国/地域でこの規則を満足する必要がある。この時に同じ規則を採用しているどこかの1958年協定加盟国(日本やEUでなくても良い)でその認証を取得すればその認証書は加盟国間ではそのまま使用できる。

 タイヤメーカーは何処で認証を取得するかを自由に選べる。日本で生産したこの認証取得タイヤをEU域内に輸出する時に、EU域内のいずれの国でも追加要求なしで認証書が受け入れられる。

 これによって、政府や認証試験機関の手続きの簡略化や部品や自動車のメーカーの開発・生産コスト削減に貢献しており、最終的にはユーザーの負担軽減につながっている。1958年協定が単なる世界統一基準作成だけでなく貿易障壁を軽減する世界協定といわれる所以である。

 これらのメリットを現在の1958年協定で実現している部品やシステムの認証レベルから自動車全体の認証レベルまでカバーできるようにするために、自動車全体の認証に必要な規則の統一を図る動きが日本政府を中心にUNECE/WP29の中で起きている。

 これが「国際的な車両認証の相互承認制度」(Mutual Recognition of IWVTA)の確立に向けた動きで2009年秋に日本政府より提案がなされ、現在はUNECE/WP29傘下に作られた検討会議体(IWVTA-IG)で議論が始まっている。

図-3 IWVTAによる相互承認の概念
(図-3 IWVTAによる相互承認の概念)

 



2.国連でのIWVTA活動概要

2009年の第149回WP29で日本政府は
  1)IWVTAを確立することによって、これまで部品やシステムの認証の相互承認を規定していた協定を車両全体の認証の相互承認の協定にアップグレードすることを目指す、
  2)そのためにこのIWVTA確立に必要な検討項目をまず明確化するための作業が必要であること
を骨子とした作業開始を提案 (*2 ) した。

 提案ではまず、目標となるIWVTAによる相互承認に必要な要素を図-4に示すように分類した。

図-4 IWVTA 作業項目
図-4 IWVTA 作業項目

その中で作業内容を大きく以下の二つに分けている。
  1)車両型式認証制度(いわゆるIWVTA)に係る部分、
  2)国家間の相互承認を保証する部分
である。

1)のIWVTAの構成要件としては認証作業の順番に
  1-1)車両としての申請、
  1-2)車両としての技術要件適合性、
  1-3)車両を構成する部品やシステムの認証要件、
  1-4)品質管理要件(申請者の資格要件、生産品質管理要件-COP)、
  1-5)認証の適合証明(COC)
などが検討項目として挙げられている。

2)の相互承認に関する部分としては
  2-1)法規決定プロセス、
  2-2)認可当局の義務、
  2-3)受け入れ当局の義務、
  2-4)申請者の義務、
  2-5)認証試験機関の資格、
  2-6)認証試験機関の指定、
  2-7)緊急輸入制限、
  2-8)リコール規定
などが検討項目となっている。


 これらの検討項目のうち、1958年協定でカバーできるもの(図の斜線部と縦線部)とそうでないものに分類した上で、まず、1)のIWVTAに係る部分を"小型乗用車(M1)に対象を絞った1st Step"として作業することが提案された(図-5)。

 具体的な検討内容としてはまず1-1)~1-4)までを取り扱うこととして1-1)「車両としての申請」では

i) 申請車両を特定するために必要な情報-車両型式の定義、カテゴリ・寸法・質量の定義(*3)、その他車両諸元、
ii) 申請書類、
iii) 変更の手続きに係わる取り扱い(*4)、

 1-2)「車両としての技術要件適合性」、1-3)「車両を構成する部品やシステムの認証要件」では

i) IWVTAに必要な技術要件を1958年協定に基づく規則として整備、
ii) 規則の解釈問題への対応(*5)、

 などの検討課題があることを明らかにした。

 なお、1-4)「品質管理要件」は現行の1958年協定の検討を併せて行う中で処理することとしている。

図-5 IWVTA 第一段階作業項目
図-5 IWVTA 第一段階作業項目


 この"1st Step"の作業を進めるための詳細作業計画(ロードマップ)を作成するIWVTA-IGの設立が2009年11月、および2010年3月のWP29で議論された結果、2010年3月の第150回WP29で承認され、作業が開始された。以下、IWVTA-IGはこのロードマップを作成する会議体を指すこととする。

 IWVTA-IGはWP29議長が議長を兼任し、提案国の日本政府と域内車両認証制度(EU-WVTA)を一足先に実現・運用しているEU委員会代表がそれぞれ副議長となり、運営されている。

 この会議体は2011年11月の第155回WP29に作業項目とその作業分担、作業日程案を報告することとなっている。


 (注) EU-WVTAとは

 1981年より乗用車(M1)から運用が始まったEU域内の自動車認証制度。現在は二輪車にも適用されており、商用車などについては制度を整備中である。

 EU-WVTAでは自動車の安全、環境性能を保証するために規則類(原則、UNECE規則を採用する)が定められており、さらに生産・販売される自動車がそれらの性能を満足していることを保証する車両認証制度が定められている。国連の1958年協定で定めた部品やシステムに対する統一規則、要件、その認証の相互承認だけでなく、それらを使用して生産・販売される自動車全体の性能を保証(=認証)し、その認証の相互承認をEU域内で実現している制度である。

 この制度ではEU加盟国のいずれかで認証を受けた自動車は他のEU加盟国でもその認証を受け入れることを義務付けている。

図-6 2016年までの作業日程指針
図-6 2016年までの作業日程指針


 作業を進めるにあたって、日本の自動車業界、特に日本自動車工業会(JAMA)にとって将来の車両認証のあり方を左右する重要性が高いことから、日本政府の活動をサポートすると同時に、国際自動車工業会(OICA)の技術委員会傘下にIWVTA-TF設置し、JAMAが議長を務めながら、業界の視点からもIWVTA-IGの活動に積極的に貢献している。

 IWVTAの将来像は関係者の議論を通じて、現行の1958年協定の枠組みを参照しながら議論していくことになった。

 しかし、検討課題を具体化し、その作業日程を議論していく過程で、ある程度、明確な将来コンセプトが求められていることが分かった。

 そのためにJAMAが中心となって、このIWVTA規則の将来像「IWVTA ECE0コンセプト」を作成した。このJAMAで作成した「将来像」はOICAでさらに議論を重ね、「ECE 0コンセプト」としてOICAより2010年11月開催の第三回IWVTA-IGに提案され、三回の議論を経て2011年3月開催の第五回IWVTA-IGにてIWVTAの構成の将来像として承認された。

 ECE0コンセプトにより、現行の1958年協定と全く別の概念でIWVTAを議論するのではなく、既存の枠組みの概念を延長させたものであることが関係者に理解されやすくなった。すなわち、これまで作成された1958年協定下でのUNECE規則の枠組みを維持しつつ、新しい車両認証規則ECE 0を作成し、その中で車両認証に必要な部品やシステムに対する技術規則のセットを規定し、車両認証の相互承認までを保証しようとするものが、IWVTAである。

図-7 車両認証規則ECE 0コンセプト構成案
図-7 車両認証規則ECE 0コンセプト構成案


 考え方を整理したものが図-7であり、
1)現行の1958年協定の各UNECE規則による、認証方法やその相互承認の概念はそのまま残す、
2)車両として必要な技術規則を整備して、現行のUNECE規則リストを拡充させる、
3)このUNECE規則リストの中から車両認証に必要な技術規則類(当面はM1カテゴリを対象)を、車両認証規則ECE 0規則に引用する、
4)車両認証規則ECE 0には図-4で示した車両認証に係わる構成要件などが規則として含まれる、
5)この新しい車両認証規則ECE 0の概念を運用するためにこれまでWP29内で規定している運用規則類を整備し、1958年協定のAnnexと位置づける、
6)これらの新しい概念を包含させるために必要な1958年協定改定も検討する、
を骨子とするものである。

図-8 車両認証規則ECE 0の項目案
図-8 車両認証規則ECE 0の項目案


 車両認証規則ECE 0の構成内容詳細は今後の検討課題であるが、欧州(EU)ですでに実現しているEU-WVTAで規定されている車両認証制度骨組みを参考としながら議論が進められている。(図-8)

 コンセプトがIWVTA-IGで承認されたことにより、今後は図-7の"Annex"で示したような1958年協定の運用に必要な様々な規定文書をIWVTA構成に合わせて改訂していく作業及び、図-8の"List of Necessary ECE Regulations"で示している車両認証に必要な個々の技術規則の構成などを決める作業に議論が集中していくことになる。

 後者の検討については今回の活動はまず対象車両を小型乗用車(M1カテゴリ)に限ることにしているので現在、このカテゴリに求められる規則類の整理を始めている( *6 )。この整理の過程で、例えば、日本の車両認証に要求されている日本特有の規則の取り扱いなどの検討を実施、選別をしているところであり、必要に応じて新規作成提案がなされる。

 また、既存の127項目のUNECE規則も検討対象として、その有効性を検証し、改廃検討を実施している。

 上記、新規作成提案と併せて、これらの既存規則の改正もWP29に提案し、WP29傘下の各専門部会で作業していくこととなる。

 現在、IWVTA-IGに参加している各国政府代表や業界代表がそれぞれの立場で検討を加えており、会議の席上、出席者の合意を図る作業が重要となっている。

 当面の目標は「小型乗用車(M1)カテゴリに求められるUNECE規則」を整理し、車両認証規則ECE 0の中で規制することを目指しているが、最終的には国際的に安全や環境確保のために必要な規則を明確化し、国連としての統一規則リストが出来上がることになる。並行してIWVTAの仕組みを運用するための付属文書や1958年協定改定の必要性なども議論し、WP29への提案に含めるべく作業している。

(表-1 IWVTA-IG活動日程表.xls

 



3.課題

 日本発信で始まったこの作業は50年強の歴史を持つWP29での基準調和・認証の相互承認活動の歴史を塗り替える大事業である。それだけに国連関係者の中にも懐疑的な人たちも大勢いる。一方で、自動車産業や自動車の使われ方が地理的な国境はもう意味が無くなるほどグローバル化しているのも事実であり、この傾向は今後も加速していくものと思われる。

 グローバルに使用される実態を考えると安全や環境を保証するためにも技術規則や認証方法も早くグローバル化していく必要がありそうだという発想からこのIWVTA構想は出発している。

 各国で適用している規則類はそれぞれ歴史的な背景もあり、その規則改廃は非常に困難な部分も予想される。ECE 0の中のUNECE規則リスト作りを特に取り上げて取り組んでいる理由である。さらに各国の認証行為はそれぞれの認可当局の判断などの上に成り立っているだけに運用規程をグローバル化するには多くの検討すべき課題がある。

 現行の1958年協定下での部品やシステムに係る規則の基準調和、相互承認を実現するのにも多くの議論が必要であったし、まだ完成していない。しかし、このIWVTAの議論をすることにより、部品レベルでの基準調和、認証の相互承認の促進にもつながり、さらに車両認証制度を整備し始めているアセアン、中南米、などの国々の良い目標にもなることが期待される。


(図-9 各国認証(NTA)、1958年協定下での部品・システム認証の相互承認(MRA)、そして車両認証の相互承認(MRA of IWVTA)へ)
(図-9 各国認証(NTA)、1958年協定下での部品・システム認証の相互承認(MRA)、
そして車両認証の相互承認(MRA of IWVTA)へ)

 

 それらの国々で今後、採用しようとするUNECE規則の検討にも大いに参考になるはずである。図-9左側で示したように発展途上国ではまず、部品 やシステムに対する規則類の整備、認証制度運用が必要である(NTA)。この過程で国際的に合意された、説得性のある規則の採用が望まれており、それらの 国々の交通環境の安全性・環境レベルの改善に最も適している手段がUNECE規則の採用である。さらに1958年協定に加盟し、認証の相互承認を実現する ことにより、国内の安全・環境の改善のみならず、産業育成、認可当局の国際化など多くの効果が期待される。(MRAの実現)

 1958年協定加盟国としてこれらの効果を効率良く運用するためには、その前提となる自動車の法規、認証制度が確立し、運用されていることが必要である。(政府認証制度-VTAの確立)この自動車の認証制度がその次のステップであるIWVTAに繋がっていく。

 国連WP29の全ての会議は1958年協定加盟国でなくても参加でき、自動車に関する国際的なNGOも参加できるオープンな仕組みとなっている。IWVTA-IGにもアセアン諸国からも政府代表として、或いは業界団体として参加したケースもある。

ここで紹介した活動は2016年を当面の目標にしているが小型乗用車(M1)を対象とした一番やりやすいところから手を付け、まず、IWVTA構築に必要な構成要素を明確化するところから始めている。いわばIWVTA全体像の中ではトライアル、最初の一歩である。

 2016年までの当面の活動目標の先にはこのシステムを完全なものにし、運用していかなくてはならない。そのためには多くの検討項目があり、これらは今後、相当な年月をかけて作業が継続される必要がある。車両認証制度(IWVTA)が完成した次はその相互承認制度の完成(MRA of IWVTA)、加盟国によるこの制度の導入、と作業は続けられる必要がある。

 日本発信のこの活動には幸い政府関係者だけでなく業界関係者も積極的である。将来的に長い期間にわたる活動になるが、関係者の継続的な参画を期待し、国連での今後の活動成果に結び付くことを願っている。


 資料:

*1 国連資料
ECE/TRANS/505/Rev.2 "Agreement concerning adoption of uniform technical prescriptions for Wheeled Vehicles, Equipment and Parts which can be fitted and/or be used on Wheeled Vehicles and the conditions for reciprocal recognition of approvals granted on the basis of these prescriptions" ( The 1958 Agreement )

*2 国連資料
WP29-149-11 - Toward Realization of the "Mutual Recognition of International Whole Vehicle Type Approval (IWVTA)" under the United Nations

*3 国連資料
TRANS/WP.29/78/Rev.1 - Consolidated Resolution on the Construction of Vehicles (R.E.3)

*4 国連資料
TRANS/WP.29/1044 - General Guidelines for UNECE Regulatory Procedures and Transitional Provisions in UNECE Regulations

*5 国連資料
ECE/TRANS/WP.29/1059 - Resolving interpretation issues and requirements for the Technical Services in the framework of the 1958 Agreement

*6 国連資料
IWVTA-05-03 - List of National Regulation and Sorting

これらの国連資料は全て国連Web http://www.unece.org/trans/main/welcwp29.htm で公開されている。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>