マツダ:世界200万台体制へ向け、設備投資を4年間で2,500億円追加

第2世代SKYACTIVと米国新工場稼働により、2021年度から本格的成長を目指す

2018/07/04

要約

CX-8
中国とオーストラリアにも投入するCX-8
(北京モーターショー2018で撮影)

  マツダは2018年4月に、「今後の取組み方向性」を発表した。2012~2015年度の中期計画「構造改革プラン」と2016~2018年度の「構造改革ステージ2」の成果をベースに、量・質ともさらに大幅に発展させる方向を示した。2019年から投入するSKYACTIV(第2世代)では、これまでの全モデルを対象とした「一括企画」に代わり、「Small商品群」と「Large商品群」に分けた商品企画を行う。Large商品群では、電動化を含むワイドなパワートレインを設定し、台当たり販売単価の向上も目指す。

  米国では、2021年度にトヨタと共同で建設するアラバマ新工場が稼働する。それに合わせて通常の年1,000億円レベルの設備投資に、2018年度からの4年間で合計2,500億円を上乗せする計画。さらに米国販売網に4年間で合計400億円を投資して販売網の改革を加速する。このように、2018~2020年度は成長に向けての「足場固め」の時期となり投資が嵩むが、米国新工場が稼働する2021年度から売上・収益とも本格的に成長する計画。

  2021年度に180万台、新工場の生産がフルに貢献する2023年度に世界販売200万台を目指している。

 

関連レポート
マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の技術紹介(2017年12月)
 人とくるまのテクノロジー展 2018:乗用車メーカー6社の出展(2018年6月)

 



マツダ:2023年度に世界200万台販売を目指す

  マツダは、2012~2015年度の中期計画「構造改革プラン」と2016~2018年度の「構造改革ステージ2」を実施し、この間、SKYACTIV(第1世代)モデルを継続的に投入し、毎年ほぼ5万台の販売増を達成してきた。2018年度の世界販売計画は166万台。

  「構造改革ステージ2」はまだ1年間の期間が残っているが、2018年4月に、「今後の取組み方向性」を発表した。大枠のスケジュールとしては、

1)2018~2020年度:米国合弁工場が稼働する2021年度からの本格的成長への「足場固め」の期間とし、米国工場向けを中心に積極投資。また第2世代SKYACTIV商品の投入が開始される。米国販売網の刷新を継続する。

2)2021~2023年度:現行生産能力をフル活用して、2021年度に180万台規模の販売を目指す。2021年度から売上高・収益両面の本格的成長期を迎え、2023年度に世界販売200万台を目指す。

 



第2世代SKYACTIV商品を導入、マイルドハイブリッドも採用

  マツダは、2019年1~3月期から、SKYACTIV(第2世代)商品の導入を開始する。第1世代では、アクセラを中心に全モデルをまとめての「一括企画」であったが、第2世代では、アーキテクチャをSmall商品群(CX-3/新型CX(米国新工場で生産するSUVと言われている)中心)とLarge商品群(アテンザ/CX-5/CX-8/CX-9など)に分ける方針。グローバルで200万台販売時には、それぞれ120万台、80万台を販売する計画。

  Large商品群を、より付加価値の高い商品の開発のためSmall商品群と分けた。後輪駆動にすることを検討中とされている。また、トヨタから技術供与を受け、パワートレインの電動化も進め、1台当たりの実売価格も引き上げる計画。電動化については、2019年にマイルドハイブリッドとEVを投入し、2021年にPHVを投入する計画とされている。

  内燃エンジンについては、「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を実用化した次世代エンジンSKTACTIV Xを投入する。マツダはSKYACTIV Xエンジンと電動化を組み合わせていく計画で、2019年1~3月に発売予定の新型アクセラ(Mazda 3)が、SKYACTIV Xエンジンとマイルドハイブリッドを初搭載する見込み。

  マツダとトヨタは、カーナビ、音楽・動画再生、スマートフォンとの連携を制御する車載システムを共通化する方針で、マツダはシステム共通化にあわせて新型アクセラから次世代MAZDA CONNECTを採用する。

  ディーゼルエンジンの開発も継続し、できるだけ後処理装置に頼らないディーゼルエンジンを目指す。2017年12月に国内で発売したCX-8は、ディーゼルエンジンのみを設定した。

 

マツダの自動運転技術Co-Pilotを採用

  さらに、マツダの先進安全装備であるi-ACTIVESENSEを発展させ、自動運転技術「Co-Pilot」の実証実験を2020年に開始し、2025年にも搭載する計画。Co-Pilotは、「飛行機などの副操縦士」を意味し、通常はドライバーが責任を持って運転し、その裏でCo-Pilotがドライバーの状態を常時検知しながら仮想運転する。ドライバーが正常な運転ができないと判断すると、ドライバーに代わってCo-Pilotが運転し、安全な場所に移動して停車するという考え方。「いつまでも走る歓びを安全で安心して楽しむため」の自動運転を目指している。

  特に高齢ドライバーを意識したものであり、また国土交通省が2018年3月に発表した「ドライバー異常時対応システム(路肩退避型)」基本設計書の趣旨に沿うものだとしている。

  因みに、2017年10月に発売された新型Lexus LSは、「(レーントレーシングアシスト(LTA)連動型)ドライバー異常時停車支援システム」を既に設定している。LTA制御中にドライバーの無操作状態が継続している場合、音と表示と緩減速による警告でドライバーに操作を促すほか、ハザードとホーンで車外に異常を報知しながら自車線内に減速停車し、自損・加害事故の回避・事故被害低減を支援する。停車後は、ドア解錠やヘルプネット自動接続による救命要請も行い、早期のドライバー救命・救護に寄与するシステムである。

SKYACTIV(第2世代)商品群を投入 SmallとLargeの二つのArchitectureに分離し商品開発
SKYACTIV(第2世代)商品群を投入 SmallとLargeの二つのArchitectureに分離し商品開発

出典:マツダ資料

 



米国新工場向けなど4年間で2,500億円を上乗せ投資、2021年度から本格成長へ

  マツダは、200万台販売体制確立を目指し、積極的な投資を計画している。通常の1,000億円前後の設備投資額に、米国工場向けを含め2018年度から4年間で合計2,500億円を上乗せする。マツダの年間設備投資額は、2016年度944億円、2017年度1,041億円から2018年度は1,450億円に増加する計画。

  米国新工場稼働までは、現行生産能力をフル活用し2021年度に180万台販売を目指す。

  拠点間の相互補完を可能にするグローバルスイング生産により生産効率を最大化し、持続的成長への事業基盤・財務基盤を構築する。

  第2世代SKYACTIV商品群が投入され、米国新工場が稼働する2021年度から本格的成長を開始し、営業利益率を5%以上に伸ばしていく計画。また販売台数と売上高の成長もあり、この間の開発費は売上高比4%程度を維持する方針。

4年間で2,500億円を上乗せ投資 2021年度以降の本格的収益成長を目指す
4年間で2,500億円を上乗せ投資 2021年度以降の本格的収益成長を目指す

出典:マツダ資料

 



米国市場を強化:2021年からアラバマ新工場で生産開始

  マツダとトヨタは、2017年8月、業務資本提携に関する合意書を締結した。EVを共同開発するとともに、16億ドルを投資して米国で30万台規模の生産能力を持つ完成車合弁工場をアラバマ州に建設する計画。新工場は、2021年に稼働開始し、全体で30万台の生産能力のうち、マツダは北米市場に新たに導入するクロスオーバーモデル15万台を生産する。

  マツダは、2012年にフォードと合弁のフラットロック工場での生産を終了し、現在米国に生産拠点を持たない。しかし、米国で生産することが、マツダのブランドイメ-ジ向上にも大きく寄与するとの考え。

  2013年以来米国事業を統括してきた丸本氏が、2018年6月に新社長に就任し、マツダは米国市場を収益的にもブランド的にもマツダの最重要市場として強化する方針。

 

米国の販売ネットワークを改革:年間40万台販売に挑む

  マツダは2016年から米国販売網の再編に取り組んできた。2018年度から年100億円、4年間で合計400億円を投資し次世代ブランド店舗を現在の40店舗から35の重点市場を中心に300店舗まで拡大する計画。マツダのブランド戦略を理解して営業活動に取り組む販売店と組むことで、値引きに頼らない販売を浸透させ、販売店の収益性を高める。

  次世代ブランド店舗は、これまでのオレンジとグリーンの色調から黒と木目調の高級感ある内装に刷新する。店舗平均年間1,000台販売を目指し、また重点35市場では再購入率55%を目指す。既に、マツダの米国の販売店約600店舗のうち、上位25%の店舗はトヨタやホンダのディーラー並みに収益性が向上したという(Automotive News 2018.3.19)。

  2021年の新工場生産開始に備え、2017年の30.4万台から拡大して米国で安定して40万台販売できる体制構築を目指す。


  マツダは、マツダブランドのラグジュアリー/プレミアム感を高める努力を続けてきた。2012年度に開始した「構造改革プラン」から、魂動デザインとSKYACTIVによる新世代商品を導入し、ブランド価値を向上させてきた。かつての「安売りブランド」のイメージから脱し、購入顧客の平均年収も高まっている。2016年に発売したCX-9は、マツダのラグジュアリースタイリングの代表であり、購入に際してLexus、BMW、Mercedes-Benzブランド車と比較検討する顧客も増えてきているとのこと。


  なお、マツダの米国販売は、乗用車販売の減少から2016~2017年にシェアを落とした。しかし、2017年10月から宇品工場(広島市)に加え防府工場でもCX-5の生産を開始し、2018年に入りCX-5を中心にSUVの供給力が高まり、シェアも幾分回復している。また次世代商品を生産する時には、全ての工場でセダン系車種とSUV系車種を生産できるフレキシブルな体制を構築するとしている。

 

米国市場でのモデル別販売台数

2014年 2015年 2016年 2017年 2017年
1~5月
2018年
1~5月
Mazda 2 13,615 297 2 0 0 0
Mazda 3 104,985 107,885 95,567 75,018 33,361 30,363
Mazda 6 53,224 57,897 45,520 33,402 15,649 14,878
MX-5 Miata 4,745 8,591 9,465 11,294 5,927 3,858
乗用車計 176,569 174,670 150,554 119,714 54,937 49,099
CX-3 0 6,406 18,558 16,355 6,398 7,295
CX-5 99,122 111,450 112,235 127,563 47,527 68,302
CX-9 18,497 18,048 16,051 25,828 10,414 12,335
Mazda 5 11,613 8,609 375 10 6 0
ライトトラック計 129,232 144,513 147,219 169,756 64,345 87,932
合計 305,801 319,183 297,773 289,470 119,282 137,031
マツダのシェア 1.9% 1.8% 1.7% 1.7% 1.7% 1.9%

資料:Automotive News

 



2018年から2019年初めに投入する新型車

  以下は、2018年~2019年初めに発売する新型車である。

  • 新型アクセラ:2019年1~3月に発売する次期型車には、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」および次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」が採用される予定。トヨタと共有する車載システムをベースとする新MAZDA CONNECTも初搭載する見込み。
  • CX-8:「3列シートクロスオーバーSUV」と呼ぶCX-8を、国内では2017年12月に発売。2018年4~5月に開催された北京モーターショー2018に出展した。2018年後半に長安マツダから発売する。CX-8は、年度中にオーストラリア、ニュージーランドでも発売する予定。
  • 大幅改良型アテンザ:基本車型であるセダンを丹念に造り込むことにより、本質的なクルマの価値を提供する、との考え方で開発し、日本で2018年6月に発売した。セダンはSUVの人気に押され販売は低迷しているが、技術開発のベースはセダンにあるとして強化する姿勢を示した。
    東レと共同開発した、日本の伝統と先端技術により生まれた新素材「Ultrasuede・nu(ウルトラスエード・ヌー)」を量産車として世界初採用するなど内装を充実させた。また、次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を一部取り入れ、シートおよびサスペンションの構造を一新するとともに、ボディには環状構造のつながりを良くするため効率的な補強を施し剛性を高めた。
    2020年に投入予定の次期型アテンザが、「Large商品群」の中核車種の一つとなる。
  • 大幅改良型CX-3:2018年5月に、大幅改良車を日本で発売。ディーゼルエンジンの排気量を1.5Lから1.8Lに増大、2.0Lガソリンエンジンの実用燃費を向上させた。次世代の車両構造技術SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREを一部採用した。
  • 改良型CX-5:2.5Lガソリンエンジンで、気筒休止技術をマツダとして初採用。2.2Lディーゼルエンジンでは「急速多段燃焼」などの技術を採用し、実用燃費や走行性能を向上させた。2018年2月に日本で発売。
CX-8 アテンザ
中国・オーストラリアにも投入するCX-8(北京モーターショー2018) 大幅改良したアテンザ(日本仕様) (マツダ資料)


マツダの収益性:2018~2020年度は足場固めで、次の本格的成長に備える

  マツダの2017年度売上高は8.1%、営業利益は16.5%拡大したが、米国市場での乗用車販売の低迷などから、営業利益率は4.2%で日本の上場9社中最下位に止まった。2018年度は円高(1ドル=107円を見込む)と米国新工場などへの積極投資が始まるため営業利益率は3.0%を見込む。「今後の取組み方向性」においても、2018年度からの3年間は、投資額が膨らむ「足場固め」の時期になるとしている。

  2021年度に米国新工場が稼働を開始し、そこから量・質ともに本格的成長を目指す。

 

マツダの連結業績

(百万円)

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
計画
売上高 2,205,270 2,692,238 3,033,899 3,406,603 3,214,363 3,474,024 3,550,000
営業利益 53,936 182,121 202,888 226,775 125,687 146,421 105,000
営業利益率 2.4% 6.8% 6.7% 6.7% 3.9% 4.2% 3.0%
経常利益 33,087 140,651 212,566 223,563 139,512 172,133 130,000
当期純利益 34,304 135,699 158,808 134,419 93,780 112,057 80,000

出典:マツダの決算資料


  マツダの世界販売は、2012年度から年5万台強のペースで拡大を続け、2018年度は166万台を見込む。今後も現行生産能力をフル活用し年5万台程度の安定成長を続け、2021年に180万台を販売、米国新工場がフルに貢献する2023年度に200万台販売を目指している。

 

マツダの地域別販売台数

(1,000台)

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
計画
2021年度
計画
2023年度
計画
日本 216 244 225 232 203 210 215
北米 372 391 425 438 429 435 457
欧州 172 207 229 257 262 269 265
中国 175 196 215 235 292 322 322
その他 300 293 303 372 373 394 403
グローバル 1,235 1,331 1,397 1,534 1,559 1,630 1,662 1,800 2,000

出典:マツダの決算資料

 



マツダの2021年ライトビークル販売は159万台(LMC Automotive社予測)

LMCA

  LMC Automotive社の販売予測(2018年第2四半期)によると、マツダの2018年ライトビークル販売は、日本と米国での好調な販売が貢献し、2017年比4.5%増加して164万台となる見込み。しかし、2019年~2021年は160万台を割り込み、2021年に159万台と見込んでいる。

  LMC Automotiveによると、「マツダの最大市場であるアジア・パシフィック地域において、2018年の販売は、日本で2017年12月に発売したCX-8が貢献し、4.4%拡大を見込む。中国での販売は日本を超え、長期的にもアジア・パシフィック地域でマツダの最大市場であり続けると思われる。好調なSUVが需要を支えており、2018年にはSUVセグメントがマツダの販売構成の40%以上を占める見込みである。」

  また、国別でマツダの最大市場である米国市場については、以下のようにコメントしている。「マツダは2008~2009年に米国市場のシェア2%を獲得して以来、シェアを落とし続けてきた。しかし2018年には、コンパクトSUVのCX-5と中型SUVのCX-9の貢献で、以前の輝きを一部取り戻すと思われる。CX-5は、米国におけるマツダのベストセラーであり、年間10万台以上販売する唯一のモデルである。マツダは、販売台数の低迷をあまり気にしていないように見える。それは、マツダブランドをプレミアムブランドに高めようとしているため。例えば、CX-9購入顧客の半数は、プレミアムブランドのSUVと比較しているとのこと。北米専用のSUV CX-7の発売は2021年の見込みだが、発売後マツダのベストセラーとなり、10万台以上販売する唯一の車種となり、間違いなくマツダ全体の販売を押し上げると予測する。」

 

マツダの2021年ライトビークル販売は159万台

COUNTRY GLOBAL MAKE 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
Mazda Motors Mazda 1,503,665 1,535,595 1,568,776 1,639,574 1,592,425 1,542,285 1,563,828
Isuzu 0 0 0 0 0 16,069 28,560
Total  1,503,665 1,535,595 1,568,776 1,639,574 1,592,425 1,558,354 1,592,388
USA Mazda 319,184 297,773 289,470 326,464 319,900 313,925 336,284
China Mazda 235,384 282,871 316,629 296,316 288,526 286,541 282,383
Japan Mazda 245,457 201,431 209,711 251,780 241,810 230,610 218,502
Australia Mazda 114,024 118,217 116,349 113,810 108,353 110,903 110,198
Canada Mazda 71,709 69,209 74,056 74,481 70,501 69,120 65,783
Thailand Mazda 39,451 42,537 51,355 54,287 45,784 37,673 48,511
Isuzu 0 0 0 0 0 13,424 17,089
Thailand sub-total 39,451 42,537 51,355 54,287 45,784 51,097 65,600
Germany Mazda 58,218 63,586 67,385 63,472 61,973 54,526 57,235
Mexico Mazda 57,393 54,855 54,163 50,575 46,574 45,749 47,672
Vietnam Mazda 20,359 32,108 26,009 36,989 36,965 37,896 34,498
Isuzu 0 0 0 0 0 2,514 10,055
Vietnam sub-total 20,359 32,108 26,009 36,989 36,965 40,410 44,553
UK Mazda 45,504 46,609 39,092 36,124 32,812 29,918 32,087
Russia Mazda 27,358 21,543 25,910 30,851 33,513 29,465 26,145
Colombia Mazda 15,768 17,770 18,993 21,024 21,655 22,551 23,426
Taiwan Mazda 10,463 22,898 22,415 19,505 19,257 19,508 20,119
Chile Mazda 11,624 13,060 15,411 17,742 18,159 18,879 19,988
Spain Mazda 15,282 18,297 18,538 19,251 19,206 17,424 17,498
New Zealand Mazda 10,089 11,236 12,151 11,751 12,110 12,237 12,318
Poland Mazda 9,335 11,232 11,338 11,563 12,242 10,977 10,951
France Mazda 8,473 10,387 11,851 11,136 10,970 9,764 10,450
South Africa Mazda 9,066 12,049 13,373 9,696 6,463 5,955 10,181
Italy Mazda 7,357 10,954 10,527 10,489 9,957 8,861 10,000
Austria Mazda 10,101 10,025 10,463 10,541 9,890 8,961 9,794
Netherlands Mazda 8,295 8,815 9,566 9,910 9,290 8,448 9,752
Malaysia Mazda 14,325 12,493 9,730 12,624 12,079 9,940 8,837
Isuzu 0 0 0 0 0 0 796
Malaysia sub-total 14,325 12,493 9,730 12,624 12,079 9,940 9,633
Iran Mazda 3,031 11,840 6,949 7,483 6,132 6,617 7,127
Switzerland Mazda 9,930 10,103 7,878 6,805 6,885 6,119 6,916
Belgium Mazda 5,741 7,353 7,739 8,163 7,030 6,243 6,776
Ecuador Mazda 3,651 2,546 4,062 5,590 5,466 5,789 6,042
Philippines Mazda 4,177 4,090 5,247 5,108 5,894 5,527 5,357
Isuzu 0 0 0 0 0 131 620
Philippines sub-total 4,177 4,090 5,247 5,108 5,894 5,658 5,977
Sweden Mazda 5,579 6,607 5,836 5,324 4,903 4,149 4,322
Singapore Mazda 5,287 7,091 8,509 7,805 6,685 5,484 4,281
Indonesia Mazda 8,895 5,107 3,861 4,557 3,681 3,667 3,915
Peru Mazda 3,435 3,215 3,338 3,381 3,603 3,682 3,903
Denmark Mazda 4,923 5,310 4,755 4,429 4,183 3,559 3,694
Egypt Mazda 1,924 546 784 1,134 2,442 3,326 3,217
Ireland Mazda 2,236 3,011 2,678 2,402 3,030 3,091 3,168
Norway Mazda 6,621 6,515 4,217 3,930 3,675 3,142 3,124
Czech Republic Mazda 2,637 3,107 3,291 3,356 3,394 3,014 3,013
Hungary Mazda 1,587 1,945 2,197 2,565 2,972 2,755 2,680
Ukraine Mazda 2,261 2,342 2,765 3,310 2,920 2,757 2,613
Portugal Mazda 1,468 2,615 2,766 2,557 2,571 2,195 2,346
Romania Mazda 1,095 1,583 1,946 2,168 2,496 2,419 2,339
Slovakia Mazda 1,545 1,925 1,894 1,860 1,930 1,764 1,767
Finland Mazda 1,628 1,967 1,745 1,635 1,860 1,694 1,731
Turkey Mazda 1,761 1,427 1,412 1,229 1,363 1,263 1,265
Slovenia Mazda 936 1,106 1,231 1,195 1,225 1,120 1,155
Bulgaria Mazda 603 703 712 908 952 861 878
Estonia Mazda 315 444 616 622 716 646 658
Luxembourg Mazda 327 561 634 654 589 514 538
Latvia Mazda 120 211 263 267 296 286 326
Lithuania Mazda 167 255 316 389 321 286 295
Uruguay Mazda 126 161 109 158 168 177 180
Kazakhstan Mazda 393 233 165 205 142 121 97
Greece Mazda 0 6 0 35 55 48 61
Brazil Mazda 0 2 2 0 0 0 0

資料: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast" (Quarter 2 2018)
(注) 1. データは、小型車(乗用車 + 車両総重量6t以下の小型商用車)の数値。
2 本表の無断転載を禁じます。転載にはLMC Automotive社の許諾が必要になります。
3 より詳細なデータのご用命やお問い合わせはこちらの頁へ


------------------
キーワード

マツダ、SKYACTIV X、Co-Pilot、CX-5、CX-9、Large商品群、米国新工場

<自動車産業ポータル マークラインズ>