人とくるまのテクノロジー展 2018:乗用車メーカー6社の出展

ホンダN-BOXの軽量・高剛性ボディー、マツダSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREなど

2018/06/18

要約

新型フォレスター
スバルが2018年夏に日本で発売する新型フォレスター
(展示車両は米国仕様)

  本レポートは、2018年5月23日~25日にパシフィコ横浜で開催された人とくるまのテクノロジー展 2018における、既報のトヨタと日産を除く乗用車メーカー6社(ホンダ/スズキ/マツダ/スバル/三菱自/ダイハツ)の出展について報告する。

  2017年以降に日本で発売した(または発売予定の)新型車としては、スズキがスペーシア、スバルがフォレスター、三菱自がエクリプス クロス、ダイハツがミライースを出展した。また、各社は、それぞれの特色ある技術を紹介した。ホンダは、新型N-BOX(2017年9月発売)に採用した軽量・高剛性のボディー骨格、スズキは無塗装材着部品のインパネカラー部品を展示した。

  マツダは、2019年から投入するSKYACTIV(第2世代)に採用する、次世代車両構造技術 SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREを紹介、ダイハツは、3Dプリンター砂型造形技術と、それを活用して製作したシリンダーヘッドを紹介した。




関連レポート:
人とくるまのテクノロジー展 2018:トヨタ・日産の出展 (2018年6月)