Mercedes-Benz Cars:新型E-Class、SUV、PHVが牽引し2016年も成長維持

中国が国別最大市場となり、引き続き販売拡大の見込み

2016/04/07

要 約

Mercedes-Benz Cars 地域別販売台数

Mercedes-Benz Carsの連結業績
2015年は販売、売上高、EBITが過去最高

 Daimlerの乗用車部門、Mercedes-Benz Carsの2015年の販売台数は前年比16.2%増の200.1万台で過去最高。新型C-Class、コンパクト車の各モデル、SUVモデルが販売を押し上げた。地域別では、中国が前年比36.8%増と好調で、国別で最大市場となった。販売増に伴い、Mercedes-Benz Carsの売上高、EBIT (Earnings Before Interest and Taxes) も過去最高を記録した。

2016年も販売台数は2桁増、売上高・EBITも増加の見込み

 2016年にも新型E-Classをはじめ、C-Class Convertibleやsmart cabrioなど多くの新型車を投入する。また、設備投資と研究開発投資を大幅増加させ、さらなる成長の足掛かりを構築する。Daimlerは同年の乗用車部門の販売台数を2桁増、売上高とEBITも2015年を上回ると予測している

中国事業の強化

 最大市場となった中国では、モデルラインナップ、販売網、現地生産、現地での研究開発を拡大し、今後も販売拡大を図る。2015年には2つの工場を新設し、同国での年産能力は約25万台に拡大。中国販売のうち、約3分の2が現地生産車となった。2016年には、新型E-Class, 新型C-Class Coupe、改良型GLSを投入する計画。


 LMC Automotive社が2016年第1四半期に発表した予測によると、Daimlerの2016年のライトビークル世界販売は前年比9.6%増の247万台となる見込み。その後も漸増し、2019年には2016年比7.9%増の267万台に達すると予測される。



Mercedes-Benz Carsの中期目標と2016年見通し

Mercedes-Benz Carsの設備投資と研究開発投資 Mercedes-Benz Cars は、「2020年までに販売台数でナンバーワンの高級車メーカーになる」を中期目標としており、2015年にはAudiを抜いて第2位となった。2016年は、乗用車の世界市場は3-4%増と予測されるなか、Mercedes-Benz Carsは、新型E-Classのほか新型SUVやPHVモデルが販売を牽引するとして、2桁増を見込んでいる。

 また、利益率(継続事業EBIT/売上高)の目標を10%としていたが、2015年に継続事業EBITが前年比40%増の83.4億ユーロとなり、10%を達成。今後は、この利益率を維持するとしている。Mercedes-Benz Carsは、2016年は新型車の競争力が高いとして、売上高、EBITとも2015年を上回ると見込んでいる。

 さらに2016/17年(平均)には、設備投資を前年比39%増、研究開発投資を同15%増に引き上げ、生産・販売能力の拡大、環境技術の開発、自動運転技術の開発等、さらなる成長の基盤を構築する。

Mercedes-Benz Carsの中期目標

販売台数  2020年までに販売台数でナンバーワンの高級車メーカーになる。2015年のMercedes-Benzブランド車の販売台数は187.2万台で第2位 (BMWは190.5万台、Audiは180.6万台)。
利益率  金融部門を除く自動車部門(商用車部門を含む)の利益率(継続事業EBIT/売上高)の目標は9%(2015年実績は8.9%)、乗用車部門の目標は10%(2015年実績は10%で達成。今後も継続させるとしている)。
4つの戦略分野  コアビジネスの強化:モデルラインナップの刷新(2012~2020年に新モデル・新型車を合計30車種以上投入する)
 世界規模での成長:成熟市場・新興市場の両方での成長
 技術分野のリーダー:CO2排出量の低減(2016年目標は125g/km→2015年に123g/kmとして目標達成、2020年目標は95g/km)、低燃費エンジンの開発、PHV, EV, FCVの投入
 デジタル化:コネクティビティの利用(インフォテイメント、EV、安全性、自動運転)

 

Mercedes-Benz Carsの2016/17年の見通し(2016年2月時点)

販売台数  新型E-Class、SUVモデル、PHVモデルが販売を牽引し、2015年比2桁増の見込み。地域別では、中国は2015年より緩やかな伸び率だが大幅増、西欧と米国は微増の見込み。
売上高  新型車の競争力が高いとして、2015年を上回る見込み。
継続事業EBIT  2015年比微増の見込み。

 

Mercedes-Benz Carsの2016年の設備・研究開発投資計画

設備投資  2016/2017年の平均投資額は、2015年比39%増の50億ユーロ。生産・販売能力の拡大、バリュー・チェーン全体のデジタルネットワーク化などに投資。
研究開発投資  2016/2017年の平均投資額は、2015年比9%増の54億ユーロ。新型車、超低燃費かつ環境対応型の駆動システム、安全技術、自動運転、製品のデジタル接続性等に投資。

 

 



モデルラインナップの刷新

Mercedes-Benz Carsモデル別販売台数 2015年には、新型C-ClassとSUV車が販売を牽引した。この勢いを維持するため、同年にほぼすべてのSUVを更新し、また、クーペ型SUVのGLE Coupeを追加。クーペに拡大された荷室とテールゲートを備えたCLA Shooting Brake、新型C-Class Coupeも投入した。同年はA/B-Classも好調で、smartブランド車も前年比31%増加した。

 2016年の新型車投入計画の中で特に重要なモデルは、「最もインテリジェントな高級ビジネスセダン」とされる新型E-Classである。同モデルには、先進技術を利用した半自動運転機能や「事故を起こさない」ための多様な安全装備、車両間通信機能等が搭載されている。このほか、2016年にはC-Class 初のコンバーチブルや新型smart fortwoのオープンモデルも投入する。

 環境対応車では、2017年までにPHVモデルを10車種発売する計画。既にS, C, GLE, C Estate, GLCのPHVを発売しており、2016年にはE-ClassにPHVを設定する。また、新型smartのEVモデルも2016年後半に投入する。

 

新型E-Class 新型E-Class (Daimler資料) 新型E-Class 新型E-Classに搭載される多様な運転支援システム(Daimler資料)

新型E-Classの概要(2016年2月に欧州、同年夏に米国で発売)

エクステリア  クーペのような流麗さと堂々とした力強さを併せ持つデザイン。ボディサイズは、全長が旧型車比43mm長く4,923mm、ホイールベースは65mm長い2,939mm。
インテリア  ダッシュボード中央のモニター用とドライバー正面のメーター用に、2つの12.3インチの大型スクリーンをオプション設定。ステアリング上のTouch Controlは、スマートフォンのように指で触れたり滑らせたりする操作により、インフォテインメントを操作することができる。
パワートレイン ・欧州発売時は、新型4気筒ディーゼルエンジン「OM654」(旧型比17%軽量化、24%摩擦低減、18kW出力増加、11%速い加速、CO2排出量の13%低減、NOx排出量の80%低減)と4気筒ガソリンエンジンを設定。9速ATを組み合わせる。 ・市場導入後、6気筒ディーゼル、6気筒ガソリンエンジン、PHVも設定。
自動運転機能 ・Drive Pilot:時速210kmまで先行車に自動追従する。 ・Evasive Steering Assist:ドライバーが歩行者を避けるなどの回避操作をした場合、ステアリングの回転をサポートする。 ・Remote Parking Pilot:車外からスマートフォンのアプリケーションを使用し、自動で車庫の出し入れを行う。
コネクティビティ ・Car-to-X Communication:スマートフォンを利用した車両間通信。たとえば、前方の複数の車両と通信し、曲がり角の先や障害物の向こう側の状況を知ることができる。
生産  ドイツ・Sindelfingen工場で生産する。

 

Mercedes-Benz:2016~2020年モデル計画の概要(新型E-Classを除く)

発売時期 概要
GLS 2016年2月(米国) 春(欧州)  従来の GL にフェイスリフトを施し、「SUVのなかのS-Class」」の意味でSをつけた名称に変更、中味を全面的に改良した。欧州仕様では3L V6ディーゼル、3L V6または4.7L V8ターボガソリンエンジンに9速ATを組み合わせる。アラバマ州Tuscaloosa工場で生産。
S-Class Convertible 2016年3月(欧州) 春(米国)  44年ぶりにS-Class に用意されたコンバーチブル。パワートレインはクーペと共通。S550 Cabrioletには4.7L V8ツインターボエンジンと9速ATを組み合わせる。
C-Class convertible 2016年夏(欧州) 秋(米国)  C-Classでは初のコンバーチブル。ソフトトップで4人乗り。欧州仕様では2.2L 直4ディーゼルまたは1.6L 直4, 2L 直4, 3L V6ガソリンエンジンに9速ATを組み合わせる。
GLC Coupe 2016年秋(欧州) 2017年初(米国)  同じプラットフォームのSUVであるGLCより車長は8cm長く、車高は4cm低い。エアサスペンション AIR BODY CONTROLを採用。ディーゼルエンジン4種、ガソリンエンジン4種を設定。PHVも設定。
ピックアップトラック 2020年 (欧州、中南米、 豪州、南ア等)  Mercedes-Benzブランド初の1トンピックアップトラック。Renault-日産 Alliance と共同開発する。日産NP300の新型車と基本構造を共有するダブルキャブ。中南米向けはRenaultのアルゼンチン・Cordoba工場、その他市場向けはスペイン・Barcelona工場で生産する。

 

smart:2016年モデル計画

新型 smart fortwo cabrio 2016年3月(欧州) 夏(米国)  ソフトトップを備えた新型smart fortwo のオープンモデル。1L 直3自然吸気または0.9L 直3ターボエンジンに5速MTまたは6速DCTを組み合わせる。
新型 smart EV 2016年後半 (欧州)  新型 smart fortwo/forfourのEVモデル。両モデルとRenault Twingoは、DaimlerとRenault-日産 Allianceの共同プラットフォームを使用。新型smart EVは、Renault ZOE が搭載する Renault製モーターとDaimlerの子会社製のバッテリーを採用する。

 

C-Class Convertible C-Class Convertible(Daimler資料) 新型smart fortwo cabrio 新型smart fortwo cabrio(デトロイトモーターショー2016)

 

 



中国市場:現地生産能力は25万台に増加

 最大市場である中国の2015年の販売は前年比36.8%増の40万台。今後も中国市場での販売拡大のため、販売網、ラインナップ、現地生産、現地でのR&D等を拡大する計画。2016年も中国販売は大幅増加を見込んでいるが、2015年より増加率は緩やかになる見通し。

Mercedes-Benzの中国戦略

販売網拡大  2015年末の販売店数は447店。2016年中に502店とする。
ラインナップの拡大  2015年に投入した主な新型車・改良車:Mercedes-Maybach, GLA, C-Class W205, GLE Sport, GLE, GLC
 2016年に投入予定:新型E-Class, 改良型GLS, 新型C-Class Coupe
現地生産の拡大  2015年4月、新設したNGCC(New Generation Compact Car)工場でコンパクトSUV GLAの生産を開始。50-60%の現地調達比率を達成。投資額は7.2億ユーロ。今後はCLA, A, B-ClassなどMFAプラットフォームを使用するモデルを生産する。
 2015年10月、北京経済技術開発区に新設したMRA II工場で、コンパクトSUV GLCの生産を開始。現地調達比率は50%超。
 中国でのM-Benzの年産能力は2015年末で約25万台に拡大(2014年末は10万台)。2015年の中国販売のうち、約3分の2が現地生産車(2013年は半数)。NGCC工場の新設により、中国で前輪駆動、後輪駆動の乗用車、およびエンジンの生産体制を構築。
現地でのR&Dの拡大  2014年11月に開所したMercedes-Benz Research & Development Chinaのスタッフは、2015年末に当初の人数から40%増の500人超に増加。Daimlerの総投資額は8億6,500万元。従業員の85%は中国人、15%は様々な国籍のエンジニアやデザイナーで、中国市場に合わせた商品を開発している。中国市場特有のロングホイール車の開発をはじめ、人間工学的デザインや収納、空調も市場に合わせて変更している。

 

 



生産体制の強化:ドイツ、米国、その他の市場

 Daimlerは労使間合意に基づいてドイツの複数の工場に投資し、生産能力の増強や設備の刷新を行った。米国ではSUV車の販売好調により、工場を拡張。メキシコにはRenault-日産 Allianceとの合弁工場を、ブラジルには自社の新工場を建設。インドとハンガリーでは生産車種を拡大し、フィンランドでは委託生産を追加する。

ドイツ、米国で生産体制を強化

ドイツ  Rastatt工場に2020年までに10億ユーロを投資し、次世代コンパクトカーを生産するために設備を更新する。小型車の販売拡大に対応するもので、労使間合意に基づく。新規に250人を雇用。現在はA, B, CLA, GLAを生産している。
 Bremen車両工場に7.5億ユーロを投資して改修し、生産能力を増強するとともに、設備の競争力を保つ。次期C-Classのほか、新たに2車種の生産を追加予定。500人を新規雇用する。
 Berlin部品工場に5億ユーロを投資して設備を刷新し、CO2排出量の削減と長期雇用の確保を図る。高精度トランスミッション部品、カムシャフト・アジャスター、燃料システム等を生産する計画。
 Stuttgart-Untertuerkheim工場に、2015年に10億ユーロ、今後数年間で数10億ユーロを投資。低燃費エンジンやHV用パワートレインを生産しているが、2017年までにPHVを10モデル投入する計画に対応し、新たにエンジン3機種、後輪駆動用ATの生産を追加する。
米国  2015年9月、アラバマ州Tuscaloosa工場に13億ドルを投資して、新車体工場の建設、SUV組立工場の大幅拡張、物流とITシステムの改善を実施。新規に300人を雇用。2015年の生産台数は約30万台(2014年23.3万台)。

 

メキシコ、ブラジルで工場新設、インド、ハンガリーで生産車種の拡大、フィンランドで委託生産

メキシコ  DaimlerとRenault-日産 Alliance の折半出資合弁会社COMPAS (Cooperation Manufacturing Plant Aguascalientes) は、2015年9月、メキシコ中部 Aguascalientes で共同組立工場の建設に着工した。両社の投資総額は10億ドル。2017年よりInfiniti向け次世代プレミアムコンパクトカーを、2018年にM-Benz A-Classの生産を開始する。新工場の年産能力は2020年までに23万台以上となる見込み。同工場は日産のAguascalientes工場の隣接地に建設される。
ブラジル  サンパウロ州Iracemapolisに新乗用車工場を建設し、2016年3月に稼働開始した。まずC-Classを生産、同年夏からコンパクトSUVの GLAを生産する。投資額は6億レアル。当初の年産能力は2万台で、600人を雇用。
インド  2015年6月、マハラシュトラ州Chakan工場でコンパクトSUV GLAディーゼルエンジン搭載車のCKD生産を開始。同年9月に、同モデルのガソリンエンジン搭載車と、中型セダンCLAの生産も開始した。同工場の年産能力は2万台で、インド国内の高級車工場としては最大規模。
ハンガリー  Kecskemet工場に2.5億ユーロを投資して拡張し、次世代コンパクトカーの車体を生産する。現在はB-Class, CLA, CLA Shooting Brakeを生産している。2014年の生産台数は15万台(2016年3月報道)。
フィンランド  2015年11月、Valmet Automotive のフィンランドUusikaupunki工場にコンパクトSUV GLC の生産の一部を委託すると発表。2017年第1四半期に生産を開始する。GLCの生産は2015年7月からドイツ・Bremen工場で行っているが、稼働率が上限に近くなってきたため、追加生産を委託する。Uusikaupunki 工場には、2013年から A-Class の生産を委託している。

 

 



Mercedes-Benz Carsの販売台数と業績

 Mercedes-Benz Carsの2015年の世界販売台数は、前年比16.2%増の200.1万台で過去最高。地域別では、中国での販売が同36.8%増の40万台と大幅に増加し、中国が国別で最大市場となった。一方、西欧でも前年比15.7%増の77.3万台。ドイツでの販売は8.5%増だが、ドイツ以外の西欧が20.6%増と大幅に増加した。米国での販売は、4.3%増の35.9万台。

 Mercedes-Benz Carsの2015年の売上高は13.9%増の838億ユーロ、EBIT (Earnings Before Interest and Taxes) は35.4%増の79億ユーロで、いずれも過去最高を記録。EBITの増益要因は販売台数の増加、効率化、為替レートなど。能力増強、技術開発、自動運転、デジタル化等のための費用増を補って、増益となった。

Mercedes-Benz Cars の地域別販売台数 (卸売台数)

(台)
2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
西 欧 西欧合計 623,489 635,798 625,168 631,423 640,162 668,578 773,485
内ドイツ 297,756 292,895 290,658 289,923 279,894 272,459 295,693
内ドイツを除く西欧 325,733 342,903 334,510 341,500 360,268 396,119 477,792
米国 202,955 220,454 250,355 299,741 318,507 344,365 359,108
ア ジ ア アジア合計 138,942 261,568 335,449 338,286 389,065 475,633 618,244
内中国 67,451 159,974 223,059 208,494 238,727 292,663 400,395
その他 128,519 159,007 170,444 182,119 217,829 233,985 250,601
合計 1,093,905 1,276,827 1,381,416 1,451,569 1,565,563 1,722,561 2,001,438

資料:Daimler Annual Report 各年版

 

Daimler Groupの連結業績

(100万Euro)
2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
生産台数(1,000台) 1,456 1,941 2,137 2,195 2,384 2,582 2,924
販売台数 (1,000台) 乗用車 1,094 1,277 1,381 1,452 1,566 1,723 2,001
商用車 457 619 730 746 788 823 852
Total 1,551 1,895 2,111 2,198 2,354 2,546 2,853
売上高 乗用車 41,318 53,426 57,410 61,660 64,307 73,584 83,809
商用車 28,813 36,394 42,348 44,388 44,947 46,575 53,164
Total 78,924 97,761 106,540 114,297 117,982 129,872 149,467
EBIT 乗用車 (500) 4,656 5,192 4,391 4,006 5,853 7,926
商用車 (792) 1,998 2,873 2,023 2,392 2,757 3,670
Total (1,513) 7,274 8,755 8,820 10,815 10,752 13,186
Net Profit (2,644) 4,674 6,029 6,830 8,720 7,290 8,711
資料:Daimler Annual Report 各年版
(注) 1. 乗用車はMercedes-Benz Cars部門、商用車はDaimler Trucks, Mercedes-Benz Vans, Daimler Busesの合計。生産台数は両部門合計。
2. 販売台数は卸売台数。2016年1-2月の小売台数は303,905台(2015年1-2月は262,828台)。
3. 売上高と EBIT (Earnings before interest and taxes) のTotalにはFinancial Services部門を含む。
4. 「( )」内の数値はマイナス値を示す。
5. 2014年の連結EBITと純利益には、Rolls-Royce Power Systems Holding の株式の売却益10億600万ユーロと、Tesla株の再評価益 7億1,800万ユーロが含まれる。2015年の連結EBITと純利益には、タカタ製エアバッグに関連するリコール費用3億4,000万ユーロが含まれる。

 

 



LMC Automotive 生産予測:Daimlerの世界生産は2019年に275万台に達する見込み

(LMC Automotive社、2016年2月)

Daimlerの light vehicle 生産予測

LMC Automotive社が2016年2月に発表した予測によると、Daimlerの2016年の世界生産は前年比7.5%増の259万台となる見込み。コンパクト車(CLA, A-Class, GLA)が追加され、モデルラインナップが拡大したことにより、多くの地域で生産台数が増加する。しかし、中国と北米で工場の新設・拡張が進むと、欧州での生産台数は伸び悩む見通し。

中期的には、新モデルや新型車の投入により、競争力が向上すると期待される。中国は、今後も成長の極であり続け、北京工場にGLAやA-Classの生産が追加されると、2019年の生産台数は40万台に達する見込み。LMC Automotive社は、Daimlerの世界生産は増加し続け、2019年には2016年比6.5%増の275万台に達すると予測している。

欧州における2015年の生産は伸び悩んだが、これは特に重要なE-Classがモデル更新時期であったためと、更新されてまもないC-Classが各地で現地生産されるようになったためである。中期的には、主要モデルを欧州外の各市場で現地生産することにより、欧州製の輸出台数は減少する見込み。

北米では、Daimlerは米国のNorth Charleston工場に工場棟を増設し、商用バンの新型Sprinterを生産する計画。新工場の年産能力は40,000台で、2017年第2四半期に生産を開始する。Daimlerは、メキシコのAguascalientesにある、Renault-日産との折半出資合弁会社COMPASにも生産能力を追加する。同工場では、2018年9月にA-Classの生産を開始し、その後、GLAとGLBも生産する計画。

Daimler Groupの市場・ブランド別生産予測(LMC Automotive, 2016年2月)

(台)
COUNTRY GLOBAL MAKE 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
Daimler Group Mercedes-Benz 1,744,177 1,917,260 2,225,814 2,366,650 2,417,150 2,478,576 2,559,731
Smart 98,239 99,259 127,936 184,463 178,228 174,906 160,115
Fuso 41,387 52,416 52,700 35,866 34,116 33,695 34,249
Total 1,883,803 2,068,935 2,406,450 2,586,979 2,629,494 2,687,177 2,754,095
Germany Mercedes-Benz 1,119,271 1,123,753 1,096,009 1,171,590 1,190,312 1,183,161 1,190,854
China Mercedes-Benz 129,982 157,582 262,231 319,030 344,581 372,436 400,029
USA Mercedes-Benz 198,765 244,601 322,743 350,098 338,912 341,839 344,152
Hungary Mercedes-Benz 109,263 150,290 183,238 176,496 172,139 180,170 179,989
France Smart 98,239 87,195 86,457 131,355 128,652 128,687 118,547
Mercedes-Benz 17,736 23,879 22,019 20,609 24,265 29,365 28,825
France sub-total 115,975 111,074 108,476 151,964 152,917 158,052 147,372
South Africa Mercedes-Benz 50,287 46,610 106,026 115,175 120,296 123,848 124,744
Spain Mercedes-Benz 59,896 65,946 87,184 81,630 85,395 85,057 80,527
Mexico Mercedes-Benz 0 0 0 0 0 3,930 50,083
Finland Mercedes-Benz 5,442 45,842 79,619 61,026 57,983 71,277 64,539
Slovenia Smart 0 12,064 41,479 53,108 49,576 46,219 41,568
Argentina Mercedes-Benz 16,277 14,917 12,041 17,858 16,460 17,690 19,448
India Mercedes-Benz 7,455 7,929 13,126 8,888 14,160 14,901 17,041
Brazil Mercedes-Benz 0 0 0 5,805 11,564 13,266 14,166
Japan Fuso 26,185 31,988 33,602 19,258 16,620 15,118 14,991
Indonesia Fuso 10,478 13,306 11,548 8,926 9,478 10,182 10,613
Mercedes-Benz 3,792 4,603 3,480 2,413 2,301 2,463 2,823
Indonesia sub-total 14,270 17,909 15,028 11,339 11,779 12,645 13,436
Austria Mercedes-Benz 12,675 15,066 17,062 14,448 14,485 14,221 13,977
Russia Mercedes-Benz 2,806 6,782 5,517 5,668 6,461 8,182 10,955
Thailand Mercedes-Benz 5,276 4,638 7,830 6,888 7,852 7,638 8,254
Fuso 12 37 1 60 83 87 96
Thailand sub-total 5,288 4,675 7,831 6,948 7,935 7,725 8,350
Malaysia Mercedes-Benz 4,179 3,428 7,689 5,738 6,147 5,182 5,121
Fuso 1,846 1,509 2,065 1,752 1,900 1,993 2,100
Malaysia sub-total 6,025 4,937 9,754 7,490 8,047 7,175 7,221
Taiwan Fuso 1,830 4,138 4,275 4,314 4,486 4,670 4,710
Vietnam Mercedes-Benz 1,075 1,394 0 3,290 3,837 3,950 4,204
Fuso 361 192 0 189 212 204 195
Vietnam sub-total 1,436 1,586 0 3,479 4,049 4,154 4,399
Philippines Fuso 675 1,246 1,209 1,367 1,337 1,441 1,544
Source: LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast (February 2016)"
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要になります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>