中国国際商用車展覧会 2015:中国の最新トラック (上)

JAC、上海IVECO、第一汽車、中国重型汽車など

2016/01/07

要 約

中国国際商用車展覧会


アジア最大の国際トラックショー(主催者による)の「中国国際商用車展覧会」が武漢国際博覧中心の6ホールを使い盛大に開かれた。テーマは「新常態, 新机遇‥NEW NORMAL, NEW OPPORTUNITIES」で2年に一度の商用車単独のショーである。

ショー会場である武漢国際博覧中心は、武漢市西側中心地から車で20分南下、長江の左岸に位置する新開地にある。2011年10月オープンし、広さは全15万平方メートルある(12のホールと超高層ホテルやショッピングセンター(未開店))。

展示ホール
展示ホール平面図 一箇所のみの入退場口 広大な博覧中心(左がホテル等)


上図6ホールの内3ホールが車両メーカー, 3ホールがそれぞれ部品、トレーラなどの車体メーカー, 地元湖北省のトラック改造メーカーや販売業者が展示した。

乗用車併設ショーの展示と異なり、又、連日の雨と寒さで入場者こそ少ないが、若い人や女性が多く、特に車両メーカーの若い関係者が目立ち、熱心に写真取りやメモ書きに集中していた。

大型中型トラックの出展は15社(中国全土ではグループ内独立メーカーを含み大中小型全トラックメーカーは約65社ある)、車体メーカーは大手6社にとどまった。

乗用車展併設の北京, 上海, 広州モーターショーには出展しなかった大手の「中国重汽」,「聯合C&Cトラック」や軍用車大手の「三杯集団」が出展した。中国でシェア一位の「東風商用車」はホール1館を使い「東風特殊」や「東風柳州」など一堂にグループ各社の展示を行った。

一方、中国民営の大手「大運」,「北奔トラック」,「華菱トラック」や日本勢の「広汽日野」,「慶鈴いすゞ」,「UDトラックス」, 韓国の「四川現代」などの出展はなかった。又、常連の「Daimler」,「DAF」,「NAVISTAR」も出展せず、キャンセルが多く広い会場には展示ブースの空き地が目立った。

展示ホール
キャンセルされたブースの空き地 各社平均4~5台の展示規模 熱心に撮影し、メモを取る女性

関連レポート
広州商用車展 2014 取材レポート:JAC(江准)/四川現代の新型車など (2014年12月)



中国 大中型トラックの市場動向

大中型トラックの市場動向
バンや小型トラックで いつも渋滞の武漢市内 荷待ちのトラック群 中国物流の大動脈-武漢の長江 24時間往来する内航船舶 大型船はコンテナやトラックを運搬

 2015年1~10月累計のトラック生産は前年同期比13%減の211万台となった。中大型トラックが、経済及び物流活動の低下を受けて大幅な減産。大型トラックは前年同期比40%減、中型トラックは同23%減となった。トラックメーカーでみると中型、大型トラックとも東風汽車がトップメーカーであり、大型トラックでは中国重型汽車が、中型では第一汽車が続いている。

 経済動向の他に2015年1月の国IV排出ガス規制の実施開始により、検査関連施設や尿素供給センター不足、技術開発費負荷など大型トラックにとっては必ずしも上向きの要因はなかった。

 しかし2015年の下期以降、旧街の改修、建築、道路など更なる大規模なプロジェクト、排出基準対応の買い替え需要があり又、物流では電子取引の急速な発展で都市間及び都市内の速達便の需要がトラックの大幅な需要と成長をもたらすとの予測がある。(中国汽車工業協会)

 

 



ショーの概要 <トラック大国へ成長を続けるエネルギーと底力の競演>

 

ショーの概要
バン型ボデー車 カミンズエンジン 後々軸リフトアクスル エアサス 新型車 12段マニュアル トランスミッション

 ニューモデルはJAC(江准)の都市型積載量3トン車や8トン車, 先の上海ショーで発表された「東風柳州」や「紅岩イベコ」のハイエンドトラクタ等があり、又6×4トラクタが多い中、後々軸リフトアクスルの6×2エアサス車が数社から出展された。車体メーカーはトレーラも含めバン型ボデーを多く出展、中国トラック輸送の定番のスチール製カーゴボデーは少なかった。 EVトラックは「JAC(江准)」から2台, 「東風特殊商用車」,「東風股分」からからそれぞれ1台の計4台が出展されたが積極的展示もなく入場者の関心も低かった。

 エンジンは民族系の「Yuchai」,「Weichai」の他、技術供与や提携先の米国「カミンズ」, 「キャタピラー」や「ナビスター」、「ダイムラー」,「マン」があり、数々の車に搭載されている。

 欧州や日本で搭載されている自動化トランスミッションは皆無で、力強いパワーと走破性、積載重視の中国トラックの傾向は変わらない。荷が多く又、個人運転手が多い中、テレマティクスやデジタルタコグラフなどの車両運行合理化, 経済性向上策の展示内容は未だ未だこれからの印象であった。

 トラック大国へ成長を続けるエネルギーと底力の製品群をメーカー別に以下報告する。

 

 



JAC(江准):大型トラック「格爾発K6」と小型トラック「駿鈴」

JAC

東京にも独立した設計センターを持つ総合自動車メーカーJAC(安徵江准汽車)の商用車は大型トラックから小型トラックまで多種類の開発生産を行っている。車種毎のマイナーチェンジは毎年実施されているが、ショーでは大型トラクタの出展は無く、今回も一部ニューモデルを含め主力の大型カーゴトラック及び中小型トラックを展示した。

大型トラック「格爾発K6 」マイナーチェンジ

格爾発K6

2015年4月にマイナーチェンジとして発表された4×2の都市内向けカーゴトラックをもとに今回のショーに向けて新たに米ナビスターと共同開発のエンジンを搭載し、2.5mの最大幅を持つセミハイルーフ設定の大型最新車。フロント周りはフェイスリフトを施している。

格爾発K6

全長9m, ホイルベース5m、車両重量5.5ton, 積載量8ton、エンジンはMF4.8(NavistarのMaxxForce)、4.8L, 190ps, 76kg-m/1200~1600rpm,

簡素でビジネスライクなインスツルメントパネルと大容量のルーフコンソールを備えた内装。昨年出した中型系Wと比べ大型系として車格を上げている。マニュアル7段トランスミッション。

今回モデルチェンジした小型トラック「駿鈴」シリーズ。 ショー初日にプレス発表。

駿鈴
全幅1.9mの「新駿鈴K型」積載量2ton 全長6m, エンジンJAC 2.8L, 85ps ワイド2.2m幅の「新駿鈴H型」積載3ton 全長6m, エンジンNavistar3.2L, 160ps

駿鈴 左写真は駿鈴クラスの旧型車。 車種毎の外観は数種類あるが旧型は旧「エルフ」のキャブを型改修し永らく使っていた 「新駿鈴 K型, H型」はキャブを全面新作。
旧型 新型

新型「駿鈴」シリーズの内装

駿鈴

加飾のモール類をインパネ全体にまわし品質感を向上させた。インパネ中央には液晶モニターを、助手席側にはミニテーブルをレイアウト。ルーフにベンチレーターを備える。



NAVECO (南京依維柯):中型トラック超越C500

NAVECO

NAVECO(南京依維柯社)はセミボンネットバンや小型トラックを毎回出展する常連。

1996年3月に南京汽車集団(上海汽車の子会社)がイタリアトラックメーカー「IVECO」と共同で設立した会社で当初はセミボンネットバンを主力に生産開始した。

2007年上海汽車集団の重要な商用車部門となりSUVからトラック, バス, 特装車まで生産を拡大した。 都市部で活躍するバン型車の牽引役で数多くの中国メーカーが生産を倣い配送車の拡大に寄与している。 近年小型~中型トラックを積極的に開発~生産している。

超越C500 翼展車(中型YUEJIN C500ウイングボデー車)

超越C500

小型~中型までC, X, H, S と4種類の大きさを持つトラックシリーズの中の中型クラスの「C5500」シリーズで、ウイングボデーを搭載したハイエンド車である。2015年に、外観を本家IVECO旧「Eurocargo」風にフェイスリフトし、9月に新発売した最新シングルキャブモデル。この11月下旬に行われた中国トラック年次大会で省エネトラック賞を得た。

超越C500

ウイングボデーはアルミ製、電動タイプ。積荷締結装置などは設置していない。

全長8.9m, 全幅2.47m, GVW13.5ton, エンジンはISF(カミンズ)3.8L, ないしは上海ディーゼル(英国リカルド社協力)SC4H, 168ps, 62kg-m/1300~1700rpm,

超越C500
予備スペースを設けたインパネ、 ルーフには巨大なベンチレーターを持つ

超越C300 冷凍車(小型YUEJIN C300)

超越C300
C500の姉妹車「C300」冷凍車仕様 全長6m, 全幅2.03m, GVW6.4ton, エンジンIVECO-SOFIM2.8L, 125ps, 33kg・m/3000rpm 「C300」ベースの脱着ボデー(交換箱)車製造は地元の車体メーカー, 箱重量1.02ton,箱内寸長さ4.1m×幅2.07m×高さ2.15m。シャシーはリジット式で、箱の足で高さ調整する



SAIC-IVECO HONGYAN(上汽依維柯紅岩):トラクタ「GENLYON」

SAIC-IVECO HONGYAN

2007年に重慶HONGYAN汽車とSAIC IVECO商用車が共同設立し、重慶市に本社を置く大型車両メーカー。重慶HONGYAN汽車は歴史が古く四川自動車として知られ仏「BERLITE」社から軍用車開発技術を導入。またSAIC(上海汽車)はIVECOの開発技術ライセンスを取得し合弁で試作~生産を行ってきた。

中国には本家の「IVECO」も進出しており競合状態だが、「GENLYON」という独自のブランドを持ち4×2, 6×2, 6×4,8×4の車型を揃え、トラクタ始めダンプ, カーゴ, ミキサーに対応している。IVECOエンジンはトラクタ系が主であり他車系は「Weichai」など中国製エンジンを搭載している。ショーの展示は常連だがいつもトラクタのみの展示である。 主力車種は「GENLYON」トラクタであり、「IVECO」の協力で生産設備が整えられた重慶の最新工場で製造されている。

GENLYON 6×4 C100トラクタ最新車

GENLYON 6×4 C100トラクタ

2014年にグリルをメッキモールでフェイスリフトし、新型車として展示した旗艦モデル。

発売以来20年を経たキャブを基本にしている本家「IVECO STRALIS」がベースだが、キャブについてはドアや内装などは簡素なものとしている。

ハイルーフキャブ仕様の6×4長距離用トラクタ。 全長6.8m, ホイルベース3.3+1.35m、GVW25ton, 第5輪15.2ton, GCW(Gross Combination Weight) 49ton, リジッドサスペンション, 12段マニュアルミッション, 550L燃料タンク, エンジンC13, 13L, 480ps, 225kg・m/1500rpm。

GENLYON 6×2 C100前輪2軸操舵トラクタ

GENLYON 6×2 C100

中国定番の中長距離タイプの6×2前輪2軸操舵トラクタ(英国などにもあるがメリットはタイヤ磨耗低減や経済性など)。全長6.9m, ホイルベース1.8+2.7m, GVW25ton, 第5輪7ton, GCW38.4ton, リジッドサスペンション, 12段マニュアルミッション, 400L燃料タンク, エンジンC9, 9L, 380ps, 154kg・m/1500rpm。

GENLYON 6×2 C100

「GENLYON」ハイルーフ仕様の内装は「IVECO STRALIS」の旧型と同じで、インパネやルーフコンソールボックスなどはシンプルなもの。内装色は同仕様固有のものとしている。

C100に搭載の「IVECO Cursor」エンジンシリーズ(中国排ガス規制 国Ⅳ対応)

IVECO Cursor
C13型12.8L, 350ps~480psまでカバー C9型 8.7L, 290ps~400psまでカバー

IVECO CHINA シリーズ

IVECO CHINA
「IVECO STRALIS」6×4トラクタ 「IVECO ASTRA」8×8重量物用トラクタ

「IVECO」本家もイタリア本国仕様車を展示。左の6×4車は後々軸リフトアクスルタイプ(空車時に、後々軸を浮かせて、タイヤの摩耗を防ぐとの同時に燃費低減を狙う)。

右の「ASTRA」はフロント周りを「STRALIS」キャブに変更した新型車で中国の重量物輸送需要を見込んだ初物。第5輪33ton, GCW275ton, エンジンHD9 13L, 560ps。



中国第一汽車(FAW):トラクタ旗艦モデル「JH6」

中国一汽

バスから大型トラック迄主要車種を横並びに堂々と展示した「中国一汽」のブース(新型はなし)。

「中国第一汽車」は、商用車のみならず、乗用車部門、高級車ブランド「紅旗」の3つの基本部門を持つ中国国有の自動車会社の代表。商用車部門は「東風商用車」に次ぐシェアを持ち、大型トラック系は広く地方まで浸透している。

今回のショーでは特長ある新車種, 新型車の展示はなく、トラクタを主に現行の6台の大型車を展示した。 6×4,6×2トラクタ4台, 6×4キャブ付シャシー1台, 除雪車1台。

解放「JH6 6×4 トラクタ旗艦」

JH6

「JH6」は大型トラック「J6」シリーズの旗艦モデル。2014年の北京ショーで参考出品され、2015年の上海ショーで正式デビューした。今回のモデルは内装色を明るく一新しよりハイグレード感を増したモデルとした。左のキャブは6×2現行J6シリーズ、

J6モデルをベースに軽量化, 低燃費化, 安全性, 快適性, 低メンテナンスコストなど国際的な品質を求めたという。特に信頼性は5万時間, 500万キロのテストを行い、ハイエンドブランドとして訴求力を高めた。又、安全性はキャブサスペンション, 板厚アップなどで他のメーカー同様にECE R29クラッシュテスト規制に適合させた。

全長6.9m, ホイルベース3.3+1.35m, GCW40ton, 600L燃料タンク, エンジン Xichai Aowei 11L, 460ps, 214kg・m/1100-1400rpm, 12段マニュアルミッション, 軽量リーフサス。

JH6 JH6

「JH6 内装」ステアリングスイッチ(音量調整ほか), 8インチモニターなど

JH6 内装

「解放トラック」には珍しい明るい内装色調, 700mm幅ベッドとともに快適さとハイグレード感を演出-今回初出展。

JH6 内装



聯合トラック(CIMC-C&C TRUCKS)の最新トラクタ

CIMIC-C&C TRUCK

「C&C TRUCKS」は物流とエネルギー機器で世界有数の中国企業「CIMC(中国国際海上コンテナグループ)」及び奇端の持株子会社として設立された新興の大型車専門の製造、販売会社。

2010年にC&Cトラックは民族系Yuchaiエンジン会社と協業し「6K12」エンジンを搭載した「U460」トラックシリーズを発表発売した。 6×2, 6×4, 8×4のトラクタやダンプ車を生産する。ショーでは6×4, 6×2トラクタ4台、 8×4ダンプ1台を出展。

C&C U460 6×2Rエアサス後々軸リフトアクスル 最新トラクタ

C&C U460

290~480psまでカバーするYuchaiエンジンを持つU系トラクタシリーズの中で軽量化, 経済性, 快適性を狙ったエアサスペンション仕様の最新車。ドイツメーカーからの技術供与でエアサス搭載, ステップ一体のアルミ燃料タンクなどのフレーム仕様は新興メーカーとして積極的なクルマ作りをしている。キャブは自家製であるがデザインはトリノのカロッツェリア。 2010年北京ショーでデビュー。以後 内装や排ガス対応, 新エンジン搭載等リファイン。

全長6.9m, ホイルベース3.3+1.35m, GVW40ton, 燃料タンク800L(300+500), エンジンYuchai-YC6K12, 460ps, 12L, 224・m/1550rpm, ZF12段マニュアルミッション。

C&C U460
タイヤ12r22.5, 315/80r22.5 エアサス タンクレイアウト

C&C V340 6×2前輪2軸 トラクタ(2.3m幅 ナローキャブ)

C&C V340

中長距離用, 全長6.9m, ホイルベース1.9+2.6m, エンジンYC6k10 340ps, GVW38ton

C&C V340
エアサスリフトアクスル キャブ4点フルフロートエアサス (日欧車では採用済) ブーテックタンクとSCR機器 左右 燃料タンクレイアウト

C&Cトラック 快適性と安全性を狙った内装

C6Cトラック

U460などU系車種に搭載のインスツルメントパネル, マルチモニター付き液晶メーター, ステアリングスイッチこそないがドイツ車的で操作性良。当初は大きなフロアコンソールがあったが空間確保で省いたとのこと。 V系車種は旧アクトロスのインパネと同じデザイン。

C6Cトラック

(どことなく「MAN」に似ている)。 長い12段トランスミッションノブ, 駐車ブレーキ, エアサスシート, 室内高1.9mを確保し室内で十分立つことができるハイルーフと大容量ルーフコンソールを装備。



中国重型汽車 (CNHTC)の最新トラクタ

CNHTC

国有企業の一つで歴史は古く、1935年に済南市で自動車製造を興しその後、1956年に再建された大手大型トラックメーカーの一つ。東風商用車, 中国一汽と並ぶ。

1960年代以降チェコの「スコダ」, オーストリアの「シュタイヤー」, 「ボルボ」からの技術供与を受けその後2000年代に香港「SINOTRUK」を子会社化した。2009年ドイツ「MAN」社と技術提携、大型トラックの開発から生産まで基盤を整えた。「MAN」TGシリーズを製品設計~実験~生産~までを国内一貫導入、ハイエンドトラック「SITRAK」シリーズとしてブランド化した。ショーはHOWO, SITRAK, 豪輸 等のブランド車計10台を展示した。

CNHTC
HOWO T7H 系 SITRAK CH7系 豪輸 J系

HOWOトラクタ(440ps) T7H6×2 後々軸リフト T7H6×4 リーフサス
HOWOトラクタ

HOWOブランドで当初はボルボの基本技術を製品化。キャブなどの骨格は旧ボルボを流用。

現在はSITRAK(MAN)と基本部品は共通化している。

HOWO T7H6シリーズ
6×2= エアサス 後々軸リフト, 全長6.9m, ホイルベース3.2+1.3m, GCW37.2ton, エンジンMC11, 11L, 440ps, 214kg・m/1000~1400rpm フレーム, アクスルなど足回りはMAN-TGAを流用、12段マニュアルミッション、
6×4= リーフサス, 全長6.9m, ホイルベース3.2+1.4m, GVW40ton, エンジンは6×2と同じ、 16段オートマチックミッション、

SITRAKトラクタ(540ps) C7H6×2 後々軸リフト
SITRAKトラクタ

MANとの技術提携により「SINOTRUCK」が中国重汽の新ブランド「SITRAK」として2009年に立ち上げた。当初はMANの「TGナローキャブ」モデルをベースとしていたが、「C7H」シリーズとして「TGX」6×2(ドイツ本国では後々軸リフト&ステア)をそのまま中国仕様とした。

フロントグリルや灯火器類及び内装の一部は変えている。室内はミドルルーフでフラットフロアである。エンジンは「MAN-D26」をベースに「MC13」と中国仕様にしている

エアサス 後々軸リフト, 全長6.9m, ホイルベース3.2+1.4m, GCW37.2ton, エンジンMC13, 12L, 540ps, 255kg・m/1050~1350rpm, ZF12段マニュアルミッション

SITRAK C7Hに搭載のMC13エンジン L6, 480~540psまでカバー(右写真はプレスリリースより)
SITRAK C7H

HOWO T7H 右=MC11 HOWO T7Hに搭載 L6 11L, Max440ps 左=豪輸J系に搭載 L4 5L, 200ps

HOWO T7H インスツルメントパネル

HOWO T7H

SITRAK C7H インスツルメントパネル(MANインパネと類似、メーターは流用)

HOWO T7H



北京福田汽車: 大型トラクタ「欧蔓 GTL」

欧蔓 GTL

北京福田自動車が2002年に商用車専業メーカー「福田欧曼(オーマン)」を設立。 新興商用車メーカーであり、いずれのショーでも常時出展している。 種々欧米のメーカーと技術提携~導入成長してきたが、2012年長年の導入先である「ダイムラー」と「北京福田ダイムラー自動車会社」を設立した。

一方、エンジンなどは米国「カミンズ」も採用し「ベンツエンジン」と両立させている。キャブ骨格はいすずギガを使ってきたが「GTL」は自前でダイムラー「アクトロス」類似である。

2社のエンジン搭載車を堂々と展示する大型旗艦「欧蔓GTL」同一車種

欧蔓GTL
ベンツ「OM457」エンジン搭載車 L6,12L, 490ps, 225kg・m/1100rpm カミンズ「ISG」エンジン搭載車 L6, 12L, 460ps, 235kg・m/1200rpm

「カミンズ」エンジン搭載「欧蔓GTL」 ブース内パネルは「福田ダイムラー汽車」となっている。 カミンズマーク「ISG CUMMINS 超能効力」をドアパネルに貼っている。

6×4 リーフサス, 全長6.9m, ホイルベース3.3+1.3m, GVW40ton, 600L燃料タンク

欧蔓GTL

フラットフロアで十分に立てる高いルーフと大容量ルーフコンソール、インスツルメントパネルはまぎれもない「旧ベンツ アクトロス」そのもの、16段マニュアルミッション

欧蔓GTL



東風柳州汽車 :旗艦トラクタ「乗龍 H7」

乗龍 H7

東風汽車の子会社として1954年に華南地域の工業都市 柳州に設立後、1969年に自動車の生産に着手。小型乗用車から大型トラックまでを生産、1981年に中国初の中型ディーゼルトラックメーカーとなり2003年に大型トラックを開発した新興メーカー。欧州技術を導入し数種類のトラックを開発~生産している。乗用車は東風マークを付けるが中型~大型トラックは柳州独自のマークを装着している。会場には6×4トラクタ1台, 8×4, 6×2それぞれ1台ずつ計3台の展示である。春の上海ショーでデビューした「乗柳H7」が見ものである。

乗龍 劉蒸気Chenlong H7 6×4 エアサストラクター

Chenlong H7

現 「乗龍 M7」に代る 新旗艦「H7」。 新たにエアサス車を設定、フロントデザインを大幅に一新、ドアもステップ部をカバーした新形状とし, それに合わせてクオーターパネルやキャブエンドのサイドディフレクターも一新した。キャブ骨格は今まで通り旧ルノー「プレミアム」を使っているが代わり映えも外観品質も大幅に向上した。

乗龍 M7

大きな一体風のアクが強いモチーフのフロントグリルはイタリアのデザイン(広報ビデオ)。中国ドライバーにはうけそうである。

新排ガス規制対応で他車同様にフレーム一新、左側に尿素水タンク, SCR機器をレイアウト。

乗龍 M7

6×4エアサスは後、後々軸毎に1軸アーム支持エアサス, キャブマウントは4点フルフローティングエアサス支持で欧州車(日本車)並み。 全長6.9m, ホイルベース3.3+1.35m, GCW40ton, 600L燃料タンク, エンジン カミンズISZ450-41 450ps, 230kg・m/1200rpm, 12段マニュアルミッション 他にYuchaiエンジンも選択可能。

内装 (インパネ写真は広角のためデフォルメ)

乗龍 M7

乗龍 M7

現行 M7との変更は ステアリングスイッチ, 10インチ液晶モニター新設, メーターパネルもモニター付に一新した。欧米車並みの装備と品質に近づいた。(日本車の車室は狭くて簡素,貧相)

乗龍 M7

セミフラットフロアの室内だが十分に立てる室内高さ, 大容量のルーフコンソール及び, 2段ベッド装着車が増えてきた。(長距離時のワンマン運転が多い為実際の使われ方は不明)

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>