東京モーターショー2015:トヨタと日産の出展取材

トヨタ、レクサスの新しい燃料電池車コンセプト、日産の自動運転コンセプトなど

2015/11/09

要 約

東京モーターショー2015
東京モーターショー2015の出入り口の風景(東京ビッグサイト)

 本レポートは、東京モーターショー2015での、トヨタと日産の出展について報告する。

 トヨタは、トヨタおよびレクサスブランドの新しい燃料電池車のコンセプトを発表し、日産は、自動運転車IDS Conceptを発表。両社は、さらに多くのコンセプトカーを出展した。ダイムラーの自動運転車コンセプトMercedes-Benz Vision Tokyo: Connected Loungeも合わせて報告する。

 市販車および市販予定車では、トヨタは新型Lexus RXとGS F、日産は年内に発売する、航続距離を280kmに伸ばしたEVリーフを出展。また、トヨタG's、レクサスFおよび F SPORT、日産NISMOの各スポーツ仕様車を出展していた。

 なお、トヨタの新型Priusについては、別途報告する予定。



トヨタブランドのコンセプトカー:コンパクトクロスオーバーなど

 トヨタは、新世代コンパクトクロスオーバー「C-HR Concept」、新世代ライトウエイトスポーツコンセプト「S-FR」、燃料電池車コンセプト「FCV PLUS」、人とクルマの新たな関係を構築する「KIKAI」および新型Priusを出展した。

★写真はクリックすると拡大します。

 

TOYOTA C-HR 新世代コンパクトクロスオーバーコンセプトTOYOTA C-HR TOYOTA S-FR 新世代ライトウエイトスポーツコンセプトTOYOTA S-FR

 

トヨタブランドのコンセプトカー:コンパクトクロスオーバーなど

 C-HR Concept  Toyotaデザインの新たな方向性を具現化するとともに、クロスオーバー市場のなかで一際目を引く独自の個性を持たせた。コンパクトなボディサイズに、優れた環境性能と軽快な走行性能を融合させた。日本初出展。
 TNGA(Toyota New Global Architecture)の取り組みにより高いボディ剛性を獲得。優れた操縦安定性・乗り心地向上を追求した。全長4,350mm、全幅1,850mm、全高1,500mm。3ドアと5ドアを提案。2016年初めに市販を想定したモデルを公開予定。
 エンジンの熱効率40%以上を目指すとともに、ガソリン車とともにハイブリッド車を設定し、搭載するハイブリッドシステムのコンパクト化・軽量化を図り、さらなる低燃費を追求した。
S-FR  Toyotaライトウエイトスポーツの系譜を継承。自分の意のままにクルマが反応し、日常使いの中でもクルマと対話ができる、そんな楽しさをエントリーモデルに追い求めたコンセプトモデル。世界初出展。
 思い通りにクルマが反応し、クルマから返ってくる挙動を感じてコントロールできるFR(フロントエンジン・リヤドライブ)独自の心地よさを追求。6速MTを搭載し、走る楽しさと操る楽しさを提供。全長3,990mm、全幅1,695mm、全高1,320mm。乗車定員4人。ちなみに、トヨタ86(全長4,240mm、全幅1,775mm、全高1,320mm)より一回り小さい。

   FCV PLUSは、発電機能を活かし、社会インフラの一部として地域社会に貢献することを目指すコンセプトカー。KIKAIは、ブラックボックス化した現在のクルマに対するアンチテーゼで、各部位の動きを見えるようにし、「機械」であるクルマの動きを五感でダイレクトに感じる新たな運転感覚を提案する。

TOYOTA  FCV PLUS 燃料電池車コンセプトTOYOTA FCV PLUS TOYOTA KIKAI 人とクルマの新たな関係を構築する TOYOTA KIKAI TOYOTA KIKAI TOYOTA KIKAIの運転席、メーター類 (写真:トヨタ提供)

 

トヨタブランドのコンセプトカー:燃料電池車の新コンセプトなど

FCV PLUS  移動手段だけでなく、社会に分散する電源ともなる新たな役割を担うFCV。搭載する水素タンクに加え、地域で生成し蓄えられた車外の水素からも直接発電が可能。エコカーからエネカーに変身する。他の車両に、非接触で給電ができる。また、(路面の一部に電源インフラが整備されることを想定し)その電源インフラにも非接触で給電が可能。世界初出展。
 FCスタックはフロントタイヤの間に、水素タンクはリヤシート後方に搭載。四輪インホイールモーターの採用もあいまって、コンパクトなボディサイズに広い室内空間を実現した。また広い視界を楽しめる構造になっている。全長3,800mm、全幅1,750mm、全高1,540mm。
KIKAI  最近のIT化、バイワイヤ化、またそれらによるブラックボックス化に対するアンチテーゼの発想。スケルトンにすることにより、クルマが走り、曲がり、止まるために、各機構の各部品がどのように動くかを見えるようにした。世界初出展。
 「機械=クルマ」が持つ精巧さ、美しさ、素朴さ、動きの面白さなどの豊かな魅力を再確認し「人とクルマの関係再構築」を目指す。最近、日本では、航空機の整備工場やダム建設現場などのツアーに人気があることも考慮したとのこと。全長3,400mm、全幅1,800mm、全高1,550mm。クルマの中心にドライバーを配置し、乗車定員3人。

 

 



トヨタの市販車G'sシリーズの出展

 トヨタの「G's」シリーズは、トータルでチューニングを施したスポーツカーブランド。G's Harrier、G's MARK Xなど5車種を展示した。

トヨタのスポーツ仕様「G's」シリーズ

 トヨタは、トヨタブランドに「G's」と呼ぶスポーツ仕様車を設定している。2015モーターショーに、現在「G's」を設定している6車種のうち5車種(Aqua、Prius α、Harrier、Mark X、Vitz)を展示した。
 サスペンション、ボディー剛性、シート、ペダルなどトータルでチューニングした、街中で上品に乗れるスポーツカーのイメージ。また、トヨタの工場でラインオフする信頼性を訴求する。エンジンはベースモデルと共通とのこと。

 

 



レクサスブランドの将来のフラグシップカー、燃料電池車LF-FCコンセプトの出展

 レクサスは、将来のレクサスのフラッグシップカーをイメージしたLexus LF-FCコンセプトを出展した。燃料電池車で、また自動運転技術を搭載する。

 

LEXUS LF-FCコンセプト 次世代レクサスフラッグシップカーをイメ-ジした 燃料電池車LF-FC Concept LEXUS LF-FCコンセプト LF-FCコンセプトのシャシー、 中央に水素タンクがT字型に配置されている

 

レクサスのコンセプトカー「LF-FC」

 将来のレクサスフラッグシップを示唆するスタディモデルとして、ダイナミックなかつ洗練された美を追求。大胆に進化した前面のスピンドルグリルから始まる骨太の骨格に前後のホイールラインが融合する。全長5,300mm、全幅2,000mm、全高1,410mm、乗車定員4人。ちなみにLexus LS 600hL(ロングホイールベース車)は、全長5,210mm、全幅1,875mmで、LF-FCが一回り大きい。
 燃料電池車。高出力のFCスタックとパワーコントロールユニットをエンジンコンパートメント内に配置し、水素タンク2本を床下にT字型に配置。メイン駆動は後輪だが、前輪にインホイールモーターを搭載することで四輪駆動になり、前後輪の駆動力制御をきめ細かく行うことができる。
 自動運転を追求。クルマが高度な認識・予測判断を行う「運転知能(Driving Intelligence)」、車車間・路車間通信を活用した「つながる知能(Connected Intelligence)」、さらにドライバーの状態認識や、ドライバーとクルマが連携しチームメイトの様に助け合う「人とクルマの協調(Interactive Intelligence)」を含んだ自動運転技術を搭載する。

 

 



レクサスブランドの市販(予定)車、RXとGS Fの出展

 レクサスは2015年10月に発売した新型RX、2015年内に発売するGS Fを紹介した。

 レクサスのスポーツカーでは、サーキットも走行できる本格的スポーツカー「F」と、「F」のイメージを伝えつつ誰もが愉しめるスポーツ仕様「F SPORT」を設定している。

 GS Fは、IS F(現在は販売を中止)、RC Fに続く3車種目。また「F SPORT」は7車種に設定している。今回LS600h、CT200h、RX450hの「F SPORT」仕様を出展した。

 

Lexus RX プレミアムクロスオーバーLexus RXの新型車 Lexus GS F 高性能スポーツセダンLexus GS F

 

レクサス:新型RXとGS Fを出展

モデル 発売年月 概要
RX 2015年10月 <RX450h>パワートレインは、直噴とポート噴射を使い分けるD-4Sを搭載するV6 3.5Lエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせ、出力性能を向上させるとともに、クラストップレベルの低燃費(JC08モード走行 18.8km/L)を達成。
<RX200t>直噴2.0Lガソリンターボエンジン搭載車を新設定。最適な燃焼効率を実現する先進の直噴技術D-4ST(D-4S機能に加えターボチャージャーを搭載する)を採用。ツインスクロールターボと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせることで、低回転から強大なトルクを発生させ、滑らかで爽快な加速フィーリングを実現。
<共通>予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を設定。歩行者検知機能付き「プリクラッシュセーフティ」、「レーンキーピングアシスト」、「オートマチックハイビーム」および「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」をパッケージ化し、多面的に安全運転支援を強化。
GS F 2015年内  「F」は、LFAを頂点とするレクサスのスポーツカーを示す。D-4S機構を搭載したV8 5.0Lエンジンは、高出力と自然吸気ならではのリニア感やレスポンスの良さを実現。定常走行域では、アトキンソンサイクルを採用し、燃費・環境性能も向上。日本初公開。
 ダイレクトな加速を感じることができるトランスミッション8-Speed SPDS(8-Speed Sport Direct Shiftの略、2~8速をロックアップして、トルクをダイレクトに伝える)や、専用設計サスペンションなどが、本格的なスポーツ走行と一般道での快適な乗り心地を両立させた。全長4,915mm、全幅1,855mm、全高1,440mm、乗車定員5人。

 

レクサスのF SPORTシリーズ

 F SPORTは、足回り、外観等を「F」のスピリットを伝えられるよう強化したスポーツ仕様(エンジンは標準車と共通)。アクセルを踏み込む、ステアリングを切り込むといった操作の瞬間に、ダイレクトなフィーリングを楽しむことができる。現在、LS、GS、IS、RC、CT、RX、NXの7車種に設定している。今回、LS600h、CT200h、RX450hのF SPORT仕様車を展示した。

 

 



日産のコンセプトカーの出展

 日産は、「IDS Concept」、「TEATRO for DAYZ」、「Gripz Concept」、「Nissan Concept 2020 Vision Gran Turismo」の4車種のコンセプトカーを出展した。このうち、IDS ConceptとTEATRO for DAYZはEV、Grips ConceptはシリーズハイブリッドEVシステム(レンジエクステンダー)をパワートレインに採用する。

 特に力を入れて紹介していたのは自動運転のコンセプトカーIDS Concept。日産は、2016年に、混雑した高速道路上で単独レーンでの安全な自動運転を可能にするトラフィック・ジャム・パイロットを採用した「パイロットドライブ1.0」を投入し、2018年に高速道路における合流や車線変更が可能となる「パイロットドライブ2.0」を投入予定。2020年までに高速道路と市街地を走行できる自動運転車を実用化する計画。IDS Conceptは、その先の、さらに完成度を高めた自動運転のイメージを示している。

 EV技術は、引き続き、日産の商品の中心で、非常に細かいレベルで車両をコントロールするEVの技術は、自動運転車の開発においても重要な役割を果たすとしている。

 

IDS Concept 日産の自動運転車IDS Concept IDS Concept室内 IDS Conceptの室内は、自動運転モード では、4つのシートが少し向き合うように 回転しリラックスしてコミュニケーション できる空間になる(写真:日産提供) GRIPZ CONCEPT スポーツクロスオーバーGRIPZ CONCEPT

 

日産の自動運転IDS Conceptなど

IDS Concept  IDSはIntelligent driving systemの略語で、日産が提案する、進化した車両制御技術、安全技術とAI(人工知能)技術を統合した自動運転技術。車両は、60kWhのリチウムイオン電池を搭載する4人乗りハッチバックEV。交通事故の約9割の原因である人的ミスを補い、安全かつ楽しいドライビングを実現する。ボディーは、フルカーボン製。世界初公開。
 自動運転と自らの運転を選択できる。自動運転となるPD(パイロットドライブ)モードでは、搭載したAIがドライバーの走り方や癖を学習し、まるでドライバー自らが運転しているような感覚で運転する。AIは、ドライバーの健康状態もモニタリングし、その日の体調や気分に合わせてレストランの案内なども行う。また、自ら運転するMD(マニュアルドライブ)モードでも、多くのセンサーが車両の状況を常時モニタリングし、密かにドライバーをアシストする。
 PDモード・MDモードのそれぞれに合わせて、ステアリング、インストルメントパネル、ヘッドアップディスプレイ、インテリア、室内照明などが切り替わる。PDモードでは、ステアリングホイールは格納され大型のモニターが現れ、全ての搭乗者がリラックスできる空間を提供する。運転モードの切り替えは、ドライバーが責任を持って運転することを明確にするため、音声やジェスチャーではなく手動で行う。
GRIPZ CONCEPT  2015年フランクフルトモーターショーで初披露したコンセプトカー。日本では初公開。コンパクトクロスオーバーの性能・実用性とスポーツカーのワクワク感とパフォーマンスを兼ね備える。コンパクトクロスオーバーの特長を残しつつ、スポーツカーのようなシルエットで、それでいて車高を高めに保ち、平日の通勤にも週末の遊びにも対応する。全長4,100mm、全幅1,890mm、全高1,500mm。
 パワートレインは、EVリーフの技術をベースとしたシリーズハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載。ガソリンエンジンで発電した電気で駆動する。日産リーフと同じ大容量(最高出力80kW)モーター2個(generator motorとdrive motor)を搭載する。
 エクテリアデザインは、ダイナミックに流れる面とシャープなエッジが強いコントラストを表現するデザインコンセプト「エモーショナル・ジオメトリー」に基づいて、日本と欧州のデザイン部門が共同で制作した。

 

TEATRO for DAYZ 次世代カスタマーに向けた新しいクルマ の価値を提案するTEATRO for DAYZ、 真っ白なインテリアをスクリーンに 様々な映像を表示する。(写真:日産提供) TEATRO for DAYZ TEATRO for DAYZの インストルメントパネル表示例 (クルマが電子機器に変身する) (写真:日産提供) Nissan Concept 2020 Vision Gran Turismo バーチャルスポーツカーNissan Concept 2020 Vision Gran Turismo

 

日産のTEATRO for DAYZ Concept など

TEATRO for DAYZ  クルマの新たな可能性を開拓する、未来の軽自動車EV。インテリアにあるのは、白いシートとわずかな操作機器のみ。真っ白なインテリアをスクリーンに、様々な映像を表示して、その姿を自在に変化させることができる。世界初公開。
 生まれた時からそばにインターネットがあり、モバイル端末の進化とともに育った世代を対象に開発した。彼らは、クルマの「移動」以外の部分に楽しみを求め、スマートフォンのように自在にアレンジできる存在であってほしいと考えている。また軽自動車を好み、軽のコンパクトなボディーが、まるでポケットに入れて持ち運べるモバイル機器のように映っているとのこと。
 大容量電池を搭載することで、EVがいつでも自由に遊べるデジタルガジェット(興味をそそる携帯型の電子機器)に生まれ変わる。インストルメントパネルでゲームに興ずることも可能。クルマの全く新しい楽しみ方を提案する。
2020 VISION GRAN TURISMO  2015年6月、英国で初公開した。「プレイステーション 3」専用ソフトウエア「グランツーリスモ 6」の「ビジョン・グランツーリスモ」プロジェクトの一環として制作されたバーチャルスポーツカー。欧州の若手デザイナーが自由に夢のスポーツカーをデザインしながら、緻密な空力性能に裏打ちされたエモーショナルなボディーラインを実現。今回の出展では、新たなボディーカラー「Fire Knight(赤色)」を身にまとい、Vモーショングリルもさらに際立つデザインにリファインした。

 

 



日産:航続距離280kmのリーフを出展

 日産は、2015年12月にマイナーチェンジしたリーフを発売する。同時に、搭載する電池の容量をアップし、航続距離280km(JC08走行モード)を実現するバージョンを発売すると発表した。

 また、Fairlady Z、GT-R、NoteのNISMOスポーツ仕様車を出展した。

 

日産の市販予定車

モデル 発売年月 概要
日産リーフ 2015年12月  日産リーフを11月にマイナーチェンジし12月に発売する。全車に、エマージェンシーブレーキを標準設定する。
 また、搭載するリチウムイオン電池の容量を現行の24kWhから30kWhに増量し、1充電走行距離を228kmから280km(JC08走行モード)に延長したグレードを追加する。同仕様車は、「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」を全車標準装備する。

 

日産:スポーツ仕様NISMOシリーズを出展

 日産は、スポーツ仕様NISMOシリーズのGT-R、Fairlady Z、Noteを出展した。他に(今回の出展はないが)、Juke、Marchにも設定している。どの車種も専用吸排気システムなど専用チューニングしたエンジンを搭載する。
 NISMOは、サスペンション、ボディー剛性を強化。専用のフロントグリル、ルーフスポイラー、バンパー、ミラー、タイヤ、エンブレムなどを搭載する。

 

 



メルセデス・ベンツ Vision Tokyo:コネクテッド ラウンジを出展

 ダイムラーは、燃料電池車であり、また自動運転車機能を搭載するコンセプトカーMercedes-Benz Vision Tokyo: Connected Loungeを出展した。2通りのインテリアレイアウトを持ち、自動運転時には、車室内を全員でリッラクスして愉しめる空間とするなど、日産のIDS Conceptに共通するコンセプトを提案している。

 

Mercedes-Benz Vision Tokyoコンセプト Mercedes-Benz Vision Tokyoコンセプト Vision Tokyo Vision Tokyo: 自動運転時には、 全乗員がリラックスできる車室内 (写真:ダイムラー社提供) Vision Tokyo Vision Tokyo: ドライバーが運転する ように運転席がセットされた状態 (写真:ダイムラー社提供)

 

メルセデス・ベンツ Vision Tokyo:コネクテッド ラウンジ

 東京のようなメガシティを想定し、ラウンジのように使うという次世代コンセプトを具現化した。メガシティの喧騒のなかで、ほっとできる場所を提供することが狙い。燃料電池車で、燃料電池により約790km、電池により約190km、合計980kmの航続距離を持つ。
 1995年以降に生れ、ニューメディアとともに育った、都会の「ジェネレーションZ」の人々をメインの対象顧客に想定。この世代の人々にとって、クルマは単なる移動手段ではなく、動くデジタルツールとなっている。Vision Tokyoは、人工知能の予測エンジンにより、走行のたびに乗員とその嗜好を学習していくので、ジェネレーションZにとって理想のパートナーになる。
 自動運転時には、乗員は大きな楕円形のソファに腰掛け、混雑した道路の運転操作に気を取られることなく、リラックスしておしゃべりを楽しむことができる。Vision Tokyoは、人と人を結びつける=コネクトの役割を果たす。人が運転する時は、ソファの前方中央から進行方向を向いたシートとなり、ステアリングも待機ポジションから運転ポジションに移動する。

 

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>