デトロイトモーターショー2015 (3):日本・韓国・中国メーカーの展示取材

ピックアップトラックと高性能車で存在感を発揮

2015/02/18

要 約

Nissan Titan
Nissan Titan

 2015年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー2015)は2015年1月12日から25日まで開催された(一般公開は17~25日)。来場者は80万8,775人で、ここ12年間では最多であった。

 ピックアップトラックセグメントの競争が激化する中、日韓の自動車メーカーはデトロイトショーに多数のピックアップモデルを展示した。日産はフルサイズピックアップトラックのTitan XDを初公開し、トヨタは中型ピックアップトラックのTacomaを発表。Hyundaiは、ピックアップのような荷台と使い勝手を有するが、ピックアップではない車が欲しいという人々向けに開発したSanta Cruzコンセプトを初公開した。

 日韓の自動車メーカーは、多数の傑出した高性能車も出展した。ホンダの高級車ブランド Acura は、発売が待たれているNSXを、コンセプト車を出展してから3年後の今年、やっと初公開した。トヨタのLexusは、高性能シリーズである "F" の最新モデルとしてGS Fを発表。日産のInfinitiは、2016年に発売予定の量産モデルを示唆するQ60コンセプトを出展した。

 本レポートは、デトロイトモーターショー2015の展示取材レポート全3本の最後のレポートで、日本・韓国・中国メーカーの展示を取り上げる。主に日産、トヨタ、ホンダ、富士重工、Hyundai、広州汽車が出展したモデルを紹介する。なお、すでに掲載した1本目は米国メーカー、2本目は欧州メーカーの展示概要を紹介した。



関連レポート:
デトロイトモーターショー2015
米国メーカー: 市場回復に自信を示す米国メーカーは高級車と高性能車を出展 (2015年2月)
欧州メーカー: 各ブランドの強みを示すモデルと未来を見据えたコンセプトを出展 (2015年2月)



日産:パワフルなピックアップTitanとラグジュアリーなInfiniti Q60コンセプトを展示

 日産ブランドとInfinitiブランドは、いずれもデトロイトモーターショーでの展示内容を、プレスカンファレンスで発表したモデルに絞っていた。そうすることにより、日産グループは同社の将来の計画において、フルサイズピックアップTitanとInfiniti Q60がいかに重要であるかを示していた。

 

2016年型Nissan Titan XDフルサイズピックアップ

Nissan Titan XD  2016年型Nissan Titan XDを初公開した日産は、大型ピックアップの牽引力と小型ピックアップの効率性を結びつけることにより、競争が激化するフルサイズピックアップセグメントで顧客を獲得しようとしている。Titan XDは、新開発のCummins製5.0L V8 ターボディーゼルエンジンを搭載し、最高出力310 hp、最大トルク555 lb-ftを発生。エンジンに装着した専用設計のCummins M2 2ステージターボシステムは2つの異なるサイズのターボチャージャーを備え、低圧領域では小型のターボチャージャー、高圧領域では大型のターボチャージャーを使用する。ロータリータービンコントロールシステムはターボラグをなくし、エンジンの出力の大きさにかかわらず安定してトルクを発生する。将来のパワートレインには、V8およびV6のガソリンエンジンも設定される予定。すべてのバージョンがアイシン製6速ATを標準装備する。
 Titan XDの最大積載量は2,000ポンド以上、最大牽引能力は12,000ポンド以上。牽引機能を支援する装備には、Integrated Trailer Brake Controller (トレーラーのブレーキを牽引車側で操作)、Trailer Sway Control (トレーラーふらつき防止機能)、Trailer Light Check (車内でトレーラーの方向指示器やブレーキライト、車幅灯を確認できる) システム等が設定されている。
 その他、車両の周囲に装着されたカメラを使用し、狭いスペースでの運転操作を支援するリアビューモニターとアラウンドビューモニターも設定。新開発のサスペンションシステムでは、ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションとリジッドリアアクスルサスペンションが使用され、安定性と快適性の向上を図っている。室内では収納スペースが増え、フロントでは旧モデルより33%、リアでは28%拡大した。
 Nissan Titan XDの生産はミシシッピ州Cantonで行われる。米国とカナダでの販売は2015年末に開始される予定。

 

Nissan Titan Nissan Titan Engine
Nissan Titan Nissan Titan エンジン
Nissan Titan Frame and Powertrain
Nissan Titan のフレームとパワートレイン

 

Infiniti Q60 コンセプトクーペ

Infiniti Q60 Concept  デトロイトで初公開されたInfiniti Q60 コンセプトは、将来の同モデルの量産車の姿を提示するとともに、新開発のエンジンファミリーを披露するものでもあった。Q60 コンセプトは、パリモーターショーで発表されたQ80 Inspirationが初めて採用した3.0L V6直噴ツインターボエンジンを搭載。7速ATと後輪駆動システムも採用する。
 Q60コンセプトは全長184.6インチx 全幅73.4インチ x 全高53.9インチ。グリルからテールスポイラーに続くキャラクターラインが、力強いイメージを作り出す。さらに21インチのホイールがスポーティな性格を強調。インテリア全体にレザーが使用され、高級感も漂う。Q60コンセプトに採用され、注目を集めているのは、Infiniti ダイレクトアダプティブステアリングシステムとInfiniti イントゥイションシステムという2つの装備である。前者はステアリングバイワイヤシステムで、ステアリングの動きを電気信号に置き換え、ステアリングアングルアクチュエーターが前輪を操舵する。後者は、シートポジション、シート温度、オーディオ、ナビゲーション等に関するドライバーの設定を、最大4人分記憶するシステムである。
 Infinitiは、Q60 コンセプトの多くの特徴を引き継ぐQ60の量産モデルを2016年に発売する予定。

 

Infiniti Q60 Concept Infiniti Q60 Concept Interior
Infiniti Q60 Concept Infiniti Q60 Concept 車室内

 

 



トヨタはピックアップのTacomaを初公開、Lexusは高性能車のGS Fを出展

 トヨタのプレスカンファレンスは、日産と同様、ピックアップトラックと高性能車に焦点を当てたものであった。だが、トヨタの展示はバラエティに富んでおり、新型車はあくまでも展示の一部で、それが中心ではなかった。

 

2016年型Toyota Tacoma中型ピックアップ

Toyota Tacoma  モデルチェンジしたToyota Tacomaは、Chevrolet Colorado等との中型ピックアップセグメント内の競争が激化している中で、初公開された。エンジンは、2.7L 4気筒エンジンか、直噴とポート噴射を兼用する3.5L V6アトキンソンサイクルエンジンのいずれかを選択する。変速機は6速ATが標準だが、V6エンジンにはオプションで6速MTも選択可能。
 Tacomaはオフロード車として高い機能を有するが、その機能を向上させる装備も搭載する。それには、オートLSD (脱輪など従来のトラクションコントロールでは走破できない場面で発進・走破性を向上)、リアデフロック、ヒルスタートアシストコントロール、クロールコントロール (悪路走行時にアクセルやブレーキ操作をすることなくステアリング操作のみで極低速走行を行う) 等がある。テールゲートと一体化したスポイラーは、車両の空力性能を改善。また、テールゲートは勢いよく開くと損傷する場合があるため、ゆっくり開くシステムを搭載している。
 Toyota Tacomaはテキサス州のSan AntonioとメキシコのBaja Californiaで生産され、2015年秋から販売される予定。

 

Toyota Tacoma
Toyota Tacoma

 

2016年型Lexus GS F 高性能セダン

Lexus GS F  Lexusのハイパフォーマンスシリーズ "F" の最新モデルであるGS Fは、ラグジュアリーセダンであり、かつサーキットを走行可能な高性能車でもある。パワートレインは、5.0L V8エンジン (最高出力467 hp、最大トルク389 lb-ft) にパドルシフト付き8速ATを組み合わせる。このエンジンは、燃費を改善するために、走行状況に応じてオットーサイクルとアトキンソンサイクルを使い分ける。走行モードには、Normal、Eco、Sport、Sport S+ の4種がある。
 GS Fの車両重量は4,034ポンドで、主な競合車より300ポンドほど軽量である。専用のサスペンションと15インチのフロントローターを使用するブレーキシステムを搭載し、車両の操縦性と制動能力を改善した。また、GS F が採用した駆動制御システムのトルクベクタリングディファレンシャルシステムは、2つの電気機械クラッチパックを使用し、3つのモードを提供する。Standardモードは俊敏性と安定性の両方を提供、Slalomモードはステアリングレスポンスを重視、Trackモードは高速走行時での安定性を重視する。
 GS Fのラグジュアリーな面はインテリアに顕著で、ドア、センターコンソール、インストルメントパネルの上部にAlcantara (重量がレザーの半分の高級素材) を使用している。リモートタッチインターフェースを採用した12.3インチのスクリーンが中央に搭載され、その横にはアナログ時計が置かれている。さらにGS Fは、自動ブレーキ付きのプリクラッシュシステム (衝突防止システム)、レーダークルーズコントロール、レーンキーピングアシスト、ブラインドスポットモニター等の安全装備も搭載する。
 Lexus GS Fの販売は2015年第4四半期から開始される予定。

 

Lexus GS F Lexus GS F Interior
Lexus GS F Lexus GS F車室内

 

 



ホンダ:待望のスポーツカーAcura NSXを初公開

 Acuraの展示は、発売が待たれていたNSXをセンターに置いて柵で囲み、その周囲に他のモデルを並べるというものだった。NSXの周囲にはショーの期間中ずっと人々が群がり、明るいムードに包まれていた。

 

2016年型Acura NSXハイブリッドスーパーカー

Acura NSX  デトロイトモーターショー2012でAcura NSXのコンセプトモデルが発表されてから3年後の今年、やっと量産モデルがデトロイトで公開された。NSXは「スポーツハイブリッド」と呼ばれるハイブリッドシステムを採用し、オハイオ州Annaにあるホンダのエンジン工場で生産されるツインターボエンジンと3つのモーターを使用する。現時点では明確な数値は発表されていないが、パワートレイン全体の最高出力は550 hp以上となる見込み。また、モーターの活用により、"zero-delay acceleration (加速の際に反応時間の遅れがない)" を実現。エンジンは重量配分を改善するためミッドシップに搭載し、9速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わせる。
 NSXの高い性能を支えるもう一つの重要な特徴は、複合素材で作られた軽量ボディである。フレームはアルミニウム、高強度鋼、その他の材料で作られ、フロアはカーボンファイバー製、ボディパネルはアルミニウムとシートモールディングコンポジット (ガラス繊維強化樹脂) 製である。様々なベント (空気排出口) やインテーク (空気取り入れ口) を車体に設け、空力性能改善のための受動的システムを形成するとともに、エンジン冷却機能も提供する。また、4輪駆動システムはトルクベクタリング (左右駆動輪に伝達する駆動力の配分をコントロールする制御や機構) を採用し、車両の操縦性を高めている。
 NSXのコックピットは、旧モデルに引き続きドライバーが運転に集中できるデザインとしている。細いAピラーと低い位置に納めたインストルメントパネルにより、優れた前方視界が提供される。インストルメントクラスターに採用したダイナミックディスプレイは、NSX Integrated Dynamics System (走行モード選択システム) で選択したモードに応じて、表示する情報を変更する。人間工学に基づくシートは、長時間運転するドライバーの快適性を高める。
 Acura NSXはオハイオ州Marysvilleにあるホンダのパフォーマンス・マニュファクチャリング・センターでのみ生産され、2015年後半から販売される予定。詳細な価格はまだ明らかにされていないが、約150,000ドルからの見込み。

 

Acura NSX
Acura NSX

 

 



Hyundai:Sonata HybridとPlug-in Hybrid、Santa Cruzコンセプトを出展

 Hyundaiの展示は非常にモダンなスタイルで、Sonata Plug-in-Hybridが採用した技術やSanta Cruzコンセプトの特徴を解説する展示が中心だった。両モデルのかたわらには、Hyundaiブランド車が使用する様々なエンジンも並べられ、テクノロジーというテーマを前面に押し出した展示となっていた。

 

2016年型Hyundai Sonata HybridおよびPlug-in Hybridセダン

 Hyundaiは2014年に新型Sonataのガソリンエンジン車を発表したが、今回のデトロイトショーでハイブリッド車 (HV)とプラグインハイブリッド車 (PHV) を初公開した。

 

Hyundai Sonata Plug-in Hybrid Hyundai Sonata Plug-in Hybrid Interior
Hyundai Sonata Plug-in Hybrid Hyundai Sonata Plug-in Hybrid車室内
Hyundai Sonata Plug-in Hybrid Powertrain Display
Hyundai Sonata プラグインハイブリッドのパワートレイン

 

Hyundai Sonata Hybrid/Plug-in Hybrid  両モデルとも2.0L 4気筒直噴ガソリンエンジン (最高出力154 hp、最大トルク140 lb-ft) を搭載。Sonata HVは、このエンジンと38 kW のモーターを組み合わせ、合計で最高出力193 hpを発生。一方、Sonata PHVは50 kWのモーターを組み合わせ、合計出力202 hp を引き出す。Sonata PHVは容量9.8 kWhのリチウムポリマー電池を搭載し、EVモードでの航続距離は22マイル。両モデルとも、変速機は6速ATを標準装備する。
 両モデルともフロントとリアのデザインを変更し、空気抵抗係数を示すCd値は0.24に向上。グリル、前後バンパー、フロントフェンダー、ライト類のスタイルも変更し、標準Sonataと2つのハイブリッドモデルの差別化を図った。
 両モデルに設定された安全装備には、車線逸脱警告、前方衝突警告、リアクロストラフィックアラート (後退時に左右後方から接近する車両を検知して警告を発する) 等がある。リアビューカメラ、横滑り装置 (ESC)、Vehicle Stability Management (ESCと電動パワーステアリングを最適制御) は、両モデルとも標準搭載。また、キーを持って車両の後ろに立つだけでトランクを自動で開けることができるHyundaiのSmart Trunkシステム も、両モデルに標準装備されている。
 Hyundai Sonata HVとSonata PHVは、いずれも韓国の牙山工場で生産される。Sonata PHVは2015年春から、Sonata HVは同年夏から販売される予定。

 

Hyundai Sonata Hybrid
Hyundai Sonata Hybrid

 

Hyundai Santa Cruzクロスオーバートラックコンセプト

Hyundai Santa Cruz Concept  Santa Cruzコンセプトは、クロスオーバー車の走行特性を有し、クロスオーバー車並みのサイズの車として開発された。顧客として想定するのは、ピックアップのスペースと使い勝手が欲しいものの、従来のピックアップのサイズとコストは不要という若者達である。Santa Cruzコンセプトが搭載する2.0L ターボディーゼルエンジンは、最高出力190 hp、最大トルク300 lb-ftを発生。燃費は約30 mpgである。駆動システムは4輪駆動で、高い走行性能を提供する。
 Santa Cruzコンセプトの目玉は、その荷台である。荷台に格納されているトノカバーは、積載物を保管・保護する。荷台に収まらない大きな物を載せる場合は、テールゲートエクステンション機能を利用し、荷台を中型ピックアップと同様の長さにまで伸ばすことができる。ホイールアーチ、ルーフ、荷台レールにはロープフックが装着され、積載物を固定する際に使用する。Santa Cruzはコンパクトサイズだが5人が乗車でき、人と物の両方を輸送できるモデルである。
 Santa Cruzのその他の注目すべき装備には、LEDフォグランプやレンズ不要のハチの巣型ヘッドランププロジェクターがある。後部ドアは逆ヒンジ方式で、後席への乗降が容易。また、大口径のホイールとBrembo製ブレーキキャリパーは、サイドイメージを力強いものにしている。

 

Hyundai Santa Cruz Concept Hyundai Santa Cruz Concept Cargo Bed
Hyundai Santa Cruz Concept Hyundai Santa Cruz Conceptの荷台

 

 



富士重工:Subaru OutbackとLegacyの最新モデルを出展

 富士重工はデトロイトモーターショー2015で新型車の初公開を行わず、OutbackとLegacyの現行モデルを出展した。シンプルな展示で、未来のモデルやテクノロジーの提示はなく、もっぱら既存モデルのアピールが中心であった。ただ、展示エリアの一角には、富士重工のインフォテインメントおよびコネクティビティプラットフォームであるStarlinkを紹介するコーナーがあった。

 

2015年型Subaru Outback SUV

Subaru Outback  2014年4月のニューヨークモーターショーで初公開された第5世代のSubaru Outbackは、今回のデトロイトショーにおける富士重工の展示の中心の一つであった。Outbackは2.5L 水平対向4気筒エンジン (最高出力173 hp、最大トルク174 lb-ft) を標準装備するが、オプションで3.6L 水平対向6気筒エンジン (最高出力256 hp、最大トルク247 lb-ft) も選択可能。変速機は、新たに標準搭載するリニアトロニックCVTで、マニュアルモードのパドルシフトを採用する。新開発のCVTは、摩擦低減により燃費を改善。2.5Lエンジン搭載車の複合モード燃費は28 mpg、3.6Lエンジン搭載車の複合モード燃費は22 mpgである。
 Subaru Outbackの操縦性は、新開発のアクティブ・トルク・ベクタリング (旋回時にフロント内輪側にブレーキをかけ、相対的に外輪側の駆動力を大きくして、車両が外へ膨らむのを抑制) とX-Modeシステムによって改善した。X-Modeはエンジンの出力、CVTのレシオポジション、4輪駆動システムを調整して、車輪の空転を抑制する。Outbackはオプションでリアビークルディテクション (後方車両検知システム)、レーンチェンジアシスト (車線変更支援)、リアクロストラフィックアラート (後退時に左右から接近して来る車両を検知し、警告する)、アイサイト運転支援システム等を設定。利便性を向上させる装備では、ドライバーが車両に近づく時・離れる時に作動するウェルカムライティング、6.2インチのタッチスクリーンディスプレイ、Starlinkスマートフォンインテグレーション等を標準搭載する。
 Subaru Outbackは現在販売中で、価格は24,895ドルから。米国でのOutbackの生産は、インディアナ州Lafayetteで行われている。

 

Subaru Outback Subaru Outback Interior
Subaru Outback Subaru Outback車室内

 

2015年型Subaru Legacyセダン

Subaru Legacy  2014年のシカゴモーターショーで初披露されたSubaru Legacyは、デトロイトでの富士重工の展示のもう一つの目玉であった。LegacyのエンジンラインナップはOutbackと同じで、2.5L 水平対向4気筒 エンジン (最高出力173 hp、最大トルク174 lb-ft) を標準装備、オプションで3.6L水平対向6気筒エンジン(最高出力256 hp、最大トルク247 lb-ft) が選択可能。2.5Lエンジン搭載車の複合モード燃費は30 mpg、3.6Lエンジン搭載車の複合モード燃費は23 mpg。すべてのバージョンは、リニアトロニックCVTと4輪駆動システムを標準搭載する。
 Legacyの主要な特徴の一つは、クラストップレベルの広さの室内スペースである。2015年型Legacyの車室スペースは104.6立方フィートで、先代モデルの103立方フィートより拡大した。Outbackと同様、リアビークルディテクション、レーンチェンジアシスト、リアクロストラフィックアラート、アイサイト運転支援システム等をオプション設定。リアビューカメラを標準装備する。Legacyのインテリアの装備もOutbackと同様で、6.2インチのタッチスクリーンディスプレイ、Bluetooth接続機能、Starlinkスマートフォンインテグレーション等を標準搭載する。
 Subaru Legacyの価格は21,695ドルから。Legacyは現在販売中で、生産はインディアナ州LafayetteにあるSubaru工場で行われている。

 

Subaru Legacy Subaru Legacy Engine Compartment
Subaru Legacy Subaru Legacyのエンジンルーム
Subaru Legacy Interior
Subaru Legacy車室内

 

 



広州汽車集団 (GAC):2回目の出展でGS4とWitstarコンセプトを展示

 広州汽車集団はデトロイトモーターショーへの参加が今回で2回目。デトロイトで新型車を初公開する中国メーカーは、ここ数年で初めてである。展示スペースはメインホールではなかったが、自社のモデルラインナップを提示して、各国の来場者に強い印象を与えようという意図が窺えた。

 

2016年型GAC GS4小型SUV

GAC GS4  GS4は北米では販売されない見通しだが、デトロイトモーターショー2015で世界デビューを果たした。エンジンは、広州汽車が新たに採用した小排気量のターボエンジンで、1.3Lまたは1.5Lの排気量を選択する。両エンジンとも7速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わせる。駆動方式は前輪駆動または4輪駆動。
 GS4のスタイルは、広州汽車が "light sculpture (光の彫刻) 2.0" と呼ぶ手法をベースとしており、車両の外観のラインが光と影とのコントラストを作り出している。GS4が搭載する装備には、アダプティブフロントライティングシステム、Bosch製横滑り防止装置、直接式のタイヤ空気圧監視システム等がある。
 GS4は2015年4月に中国で発売される予定。価格は約16,000ドル相当の見込み。

 

GAC GS4 GAC GS4 Interior
GAC GS4 GAC GS4車室内

 

GAC WitstarプラグインハイブリッドSUVコンセプト

GAC Witstar Concept  広州汽車集団は、デトロイトモーターショーにWitstarプラグインハイブリッドコンセプトも出展した。Witstarはレンジエクステンダー用の直列4気筒エンジンとモーターを搭載し、最高出力127 hp、最大トルク168 lb-ftを発生。容量13 kWh のリチウムイオン電池により、EVモードの航続距離は約62マイル。このパワートレインで、Witstarの最高速度は約100 mph、燃費は117 mpgに達する。
 Witstarの外観で最も目を引く特徴の1つが、ガルウィングドアである。また、Witstarは自動運転を支援するために、レーザーレーダー、ミリ波レーダー、高速度CCDカメラ、赤外線カメラ、GPSなど様々なセンサーを搭載する。インテリアにはウッドパネルが使用され、回転式のフロントシートは後席乗員と話すために180度回転させることができる。

 

GAC Witstar Concept GAC Witstar Concept Interior
GAC Witstar Concept GAC Witstar Concept車室内

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>