ホンダの中国事業 (下): 生産能力を2020年150万超、2023年200万台超へ増強

広州ホンダは増城工場に第3ライン着工、第2工場拡張中の東風ホンダは第3工場建設を計画

2014/09/30

要 約

ホンダの地域別生産 本レポート 「ホンダの中国事業 (下)」 は、積極的に生産能力を増強しつつあるホンダの生産体制の最新動向について報告する。
  

 ホンダの中国での生産・販売は 2010年まで順調に伸びていたが、中国乗用車市場の小型化志向に対するモデル導入等の対応遅れや、「Accord」 (雅閣) 等の自社戦略車種販売の失速、2011年の東日本大震災および2012年の日中関係悪化等のマイナス諸要素が重なって2年連続で販売の低迷が続いた。2013年になって販売と生産が回復、先行する日産とトヨタの後を追い、積極的に生産体制の整備を加速している。
  

 中国での生産能力は、2014年9月時点の89万台から、2020年には150万台以上、2023年には200万台以上の生産体制を目指している。

  


関連レポート
 ◇ホンダの中国事業(上): 販売/開発/モデル導入計画・戦略 (2014年9月掲載)
 ◇2014年北京モーターショーのホンダ展示車取材:
   (1) ハイブリッド車取材 (2014年5月掲載)
   (2) ガソリン車取材  (2014年5月掲載)
 ◇ホンダのアジア戦略 (LMC Automotive 予測付、2014年5月掲載)
 ◇ホンダの中国事業 (2015年までの中国事業の中期販売戦略詳細付、2013年4月掲載)



ホンダの生産体制現状

ホンダの中国生産実績と目標
▽ホンダの中国生産の現状: 2013年から回復基調に

 ホンダは、中国での生産台数が2004年の20万台から、2008年に50万台、2010年に67万台となり、順調に伸び続けていた。しかし、2011年の東日本大震災と2012年の日中関係悪化による影響で、ホンダの中国生産は落ち込み2012年には62.3万台となった。2013年には78.9万台へ急回復した。
  

▽ホンダの世界生産における中国生産は米国、日本に次いで3位

 ホンダにおける中国の重要性は近年ますます高まっている。2013年は約79万台を生産し、北米地域の178万台、日本の84万台に次ぐ生産実績となっている。中国での生産拡大計画を推進中であり、近い将来、日本の生産台数を凌駕して、北米に次ぐ生産地域となることが確実である。
  

▽2020年まで150万台以上の生産能力整備へ

 ホンダは、中国で2023年に200万台以上の販売目標達成に向けて、広州と武漢の既存工場を拡張するのに加えて、新たに東風ホンダ第3工場建設を計画している。年間生産能力を2014年9月時点の89万台から、2015年以降125万台以上、2020年までには150万台以上との生産体制拡張計画を進めている。

 これに併せエンジン生産体制も、2015年以降に年間106万基へ拡大するのに続き、2020年に148万基以上の拡張計画が報じられている。さらに、広東省の恵州市で、2014年8月末、完成車150万~200万台分のエンジン部品およびシャシー構成部品の新工場建設にも着工し、中国での生産販売拡大を図っている。

 



完成車生産体制: 広汽ホンダと東風ホンダの拡張で、2023年までに年間200万台以上規模へ

ホンダの中国合弁会社別販売推移

 ホンダは、中国合計で2015年に130万台、2023年に200万台以上とする中長期販売目標を明らかにしている。合弁会社別販売目標をみると、広汽ホンダが2020年に100万台、東風ホンダが2023年に100万台の販売を目指す。

  

 ホンダはこれに併せて、工場拡張の計画を進めている。2014年9月時点、広州ホンダと東風ホンダの現行工場の拡張を実行中であり、これに加えて、東風ホンダの第3工場となる新工場の建設計画を発表した。

 

ホンダ: 中国合弁会社別工場別の乗用車生産体制

(千台)
メーカー
(所在地域)
工場 生産モデル 生産実績 年産能力
2012年 2013年 2013年
1~8月
2014年
1~8月
2014年
9月時点
拡充後
(計画年)
東風ホンダ
(華中地域)
武漢
第1工場
艾力紳(ELYSION),
杰徳 (JADE), CR-V,
思域 (CIVIC),
思鉑睿 (SPIRIOR),
思銘 (CIIMO) セダン
285 326 191 225 240 240
武漢
第2工場
120 240 (~2015年)

*注:2014年2月拡張
建設に着工済み。
第3工場 (現在は建設計画中。工場立地や年産能力等の
詳細は明らかにされていない。2016年までに着工へ)
0 (~2017年)
⇒ n.a. (2017年~)
合計 285 326 191 225 360 480 (~2015年)
⇒1,000以上(~2023年)
広汽ホンダ
(華南地域)
黄浦工場
(広州
第1ライン)
雅閣 (Accord),
飛度 (FIT),
思迪 (CITY),
鋒范 (CITY Fengfan),
凌派 (CRIDER),
歌詩図(Crosstour),
奥徳賽(ODYSSEY),
理念S1
309 439 256 325 240 240
増城工場
(広州
第2ライン)
240 240
増城工場
(広州
第3ライン)
工場建設中 (エンジン工場併設の新工場の
建設は2013年5月着工、2015年に稼働へ)
- 120 (2015年)
⇒ 240 (中長期)
合計 309 439 256 325 480 600 (2015年)
⇒720 (中長期)
⇒1,000以上
(~2020年)
本田汽車
(中国)有限
公司
(華南地域)
広州輸出
専用工場
輸出仕様 Accord
(JAZZ/FIT生産は
メキシコに移管)
29 24 16 5 50 50

*注:2014年9月
時点、拡張予定なし。
合計 29 24 16 5 50 50
総合計 623 789 463 555 890 1,250以上
(2015年以降)
⇒ 1,500以上
(~2020年)
⇒ 2,000以上
(~2023年)

(注) 生産実績の小数点以降は四捨五入。 

乗用車生産体制拡充について

▽広汽ホンダ: 乗用車工場と併設エンジン工場の建設に着工
 広汽ホンダは2013年5月、広州市郊外の増城工場の敷地内に、エンジン工場を併設する広汽ホンダで第3ラインとなる乗用車生産ラインの建設に着工した。2015年に稼動開始予定で、稼動当初の年産能力は12万台、将来的には24万台までに拡大を計画。
 広汽ホンダは第3ライン稼動により、乗用車の年産能力を、2014年9月時点の48万台から、2015年に60万台に、中長期的に72万台に順次拡大していく計画。
 総投資額は、エンジン工場を含めて35.6億元 (約593億円)。敷地面積は増城現工場(広州第2ライン) の半分以下である。太陽光発電システム導入など省エネ型ラインになっている。また、塗装工程でショートプロセス高機能塗装技術を、プレス工場では高効率のレーザー溶接機を採用する。
 なお、併設エンジン工場の年産能力は、正式にホンダは明らかにしていないが、稼動当初の2015年は10万基で、20万基までに引き上げると報道されている。
▽東風ホンダ: 乗用車の第2工場拡張に加えて、2016年までに第3新工場建設へ
 東風ホンダは2014年2月、湖北省の武漢の第2乗用車工場第2期 (拡張) 建設に着工した。第2期の年産能力は、第1期と同じの12万台で、2015年までに完工する予定。これにより、武漢第1工場 (年産能力合計24万台) と合わせて、東風ホンダの総年産能力は、現行の36万台から48万台に拡大する見通し。 武漢第2乗用車工場建設は、プレス/溶接/塗装/組立工場のほか、樹脂成形/エンジン工場にテストコースを含む。
 これに加えて、東風ホンダは新たに、第3乗用車工場を2016年までに着工する計画を2013年7月に発表した。但し、立地や年産規模などの詳細情報を明らかにしていない。

 

東風ホンダの中期事業計画 (2013年7月発表)

 東風ホンダは2013年7月、"挑戦1+"をキーワードとした中期事業計画「"挑戦1+"計画」を発表した。詳細は下記の通り。
  ◇新しいスタート地点に立って、拡大を加速させて、各分野でNo.1になることを目指す。
  ◇2015年販売目標は50万台に設定。  中期販売目標は、10年以内 (2023年まで) に100万台売り上げる。これに併せて、2023年に中国におけるホンダ車ユーザー数を累計1,000万人超に増やす。
  ◇ホンダの先進の環境性・安全性・快適性を実現する技術「FUNTEC」を採用した新モデルの導入を加速させる。
   ①現行市販モデルに、「Earth Dreams Technology」 動力システム技術を順次導入する。
    ②小型車を中心に、市販車ラインナップを拡充し、2015年までに、フルモデルチェンジモデルと新規モデルを合せて6車種を新規投入。
  ◇武漢第2乗用車工場を2期に分けて建設し、年産能力を24万台 (第1期建設12万台) にして、第1工場と合わせて48万台に増強していく (2014年2月に第2期建設に着工済み)。これに加え、新たに第3乗用車工場を建設する (2016年までには工場建設の着工を目指す)。
  ◇特約販売サービス店について、450店舗に増設 (2014年9月時点360店舗超)。

 

 



エンジン生産体制: 2015年以降は年間106万基、2020年に148万基以上に整備

 ホンダは、完成車生産体制拡張に併せて、中国でのエンジン年産能力を現行の約94万基から、2015年以降に106万基、2020年に148万基以上と、中国でのエンジン生産体制の拡張を進めている。

▽東風ホンダ: 第2乗用車工場に併設するエンジン工場を建設中
 東風ホンダは、2014年9月時点、第1乗用車のエンジン工場に加え、武漢第2工場の第1期建設のエンジン組立工場でも生産も開始している。生産能力等の詳細は明らかにされていない。

▽広汽ホンダ: 自社恵州第3乗用車ラインに併設する、新しいエンジン工場を建設中
 これまで自社エンジン工場がなかった広汽ホンダでも、2013年5月に増城分工場の第3乗用車ライン (工場) に併設するエンジン新工場の建設も同時に着工した。生産能力など詳細は公表されていない。
 現時点で、明らかにされているエンジン生産体制の拡張計画は2020年に148万基以上のみであるが、今後販売が拡大すれば、更なるエンジン生産体制拡張が求められることになる。

 

ホンダの中国工場別エンジン生産体制

(千基)
エンジン
工場
所在地域 本工場
所在地
生産実績 年産能力
2011年 2012年 2013年 2013年
1~8月
2014年
1~8月
2014年
9月
拡充後
(計画年)
東風ホンダ 華中地域 武漢市 253.9 285.4 325.8 191.4 225.3 360超 480以上 (2015年)
東風本田
発動機
華南地域 広州市
(市内)
366 306.7 437.8 257.4 325.6 480以上 480以上
広汽ホンダ 広州市
(増城)
(2013年5月に建設着工) - 100 (2015年)
⇒ 200以上 (~2017年)
合計
( 本田汽車 (中国)を除く)
619.9 592.1 763.6 448.8 550.9 約940 1,060以上 (2015年~)
⇒ 1,160以上 (~2017年)
⇒ 1,480以上 (2020年)

*注: 上記3工場の上記以外の、更なる生産能力の増強計画はあるか否かを含めて、明らかにされていない。

 

部品事業拡張: 恵州市でエンジンなど部品、佛山市で変速機など部品の大型新工場を建設へ

▽東風本田汽車零部件: 年産完成車200万台分のエンジン部品/シャシー中核部品の新工場建設に着工
 東風本田汽車零部件は2014年8月末、広東省恵州市の大亜湾経済技術開発区 (新興産業園) に、現地乗用車完成車生産向けの、エンジン構成部品およびシャシー中核部品などの新工場の建設に着工した。新工場の総敷地面積は42万㎡で、総投資額は45億元。年産能力は、完成車150万~200万台分。総生産額は年間約37億元を目指す。
 工場建設は合計2期に分けて実施する計画。2016年5月には鋳造品生産ライン3本、2017年には、3月に遠心分離鋳造品の新型生産ラインと6月に鍛造品の生産ラインを稼働する。2018年には新寮工場遠心分離鋳造品の生産ライン移転を完成させる。
 このうち、カムシャフト生産ラインは、現在、中国唯一の「中空鋳造技術」を採用。遠心分離シリンダー・ライナー生産ラインで取り入れた技術は、世界で4社しか保有していない世界先進技術。そのメイン設備にはホンダの専門技術ならびに申請済み特許が採用されており、現時点で中国国内初となる鋳造と機械加工を一体化した生産ラインになっている。

▽本田汽車零部件: 第2期工場建設で、変速機/エンジン部品の生産体制拡張へ
 変速機やエンジン部品などを生産する本田汽車零部件 (広東省の佛山市南海区) は、2013年12月、M-CVTを年間60万基生産する第2期工場の建設に必要な管轄地方政府による環境影響評価を受けて、建設許可を取得した。
 同第2期建設完工後、変速機の年産能力は、現行の49万基から109万基に拡大する。本田汽車零部件は、着工時期や完工時期などの詳細は明らかにしていない。
 同建設の敷地面積は4.9万㎡、総投資額は9.7億元。1,350名従業員を有する新工場になる。

 

 



参考1: ホンダの四輪車生産実績推移

単位:台

地域/国 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2013年
1~7月
2014年
1~7月
ホンダ合計 3,957,381 3,012,637 3,643,057 2,909,016 4,110,857 4,298,390 2,409,852 2,650,877
日本 1,264,387 840,924 992,502 710,621 1,029,313 840,650 417,083 608,901
海外 2,692,994 2,171,713 2,650,555 2,198,395 3,081,544 3,457,740 1,992,769 2,041,976
北米 1,421,427 1,030,958 1,287,775 1,103,127 1,691,088 1,781,213 1,041,563 1,031,322
米国 987,169 723,375 954,502 823,650 1,219,326 1,309,917 760,147 738,947
欧州 230,423 75,583 139,264 97,459 165,606 140,094 83,251 79,417
アジア 858,537 911,728 1,069,046 902,115 1,058,614 1,374,181 774,176 849,902
中国 517,571 601,920 676,515 646,208 617,399 788,161 405,192 510,830
その他 182,607 153,444 154,470 95,694 166,236 162,252 93,779 81,335
(資料) ホンダ広報資料
注: 実績は暦年。メキシコは北米に含む。
国内生産は日本自工会ベース (CBU)、海外生産はラインオフベース速報値。
▽上記同生産実績の前年同期比
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2013年
1~7月
2014年
1~7月
ホンダ合計 101.2% 76.1% 120.9% 79.8% 141.3% 104.5% 96.1% 110.0%
日本 94.9% 66.5% 118.0% 71.6% 144.8% 81.7% 61.7% 146.1%
海外 104.4% 80.6% 122.0% 82.9% 140.2% 112.2% 108.8% 102.5%
北米 99.2% 72.5% 124.9% 85.7% 153.3% 105.3% 104.0% 99.0%
米国 97.2% 73.3% 132.0% 86.3% 148.0% 107.4% 105.3% 97.2%
欧州 96.9% 32.8% 184.3% 70.0% 169.9% 84.6% 83.4% 95.4%
アジア 110.3% 106.2% 117.3% 84.4% 117.3% 129.6% 121.4% 109.8%
中国 111.7% 116.3% 112.4% 95.5% 95.5% 127.7% 96.5% 126.1%
その他 139.6% 84.0% 100.7% 61.9% 173.7% 97.6% 101.1% 86.7%
▽ホンダの世界/海外/アジアにおける、中国生産の割合
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2013年
1~7月
2014年
1~7月
ホンダ全体で 13.1% 20.0% 18.6% 22.2% 15.0% 18.3% 16.8% 19.3%
ホンダ海外生産全体で 19.2% 27.7% 25.5% 29.4% 20.0% 22.8% 20.3% 25.0%
ホンダアジア生産全体で 60.3% 66.0% 63.3% 71.6% 58.3% 57.4% 52.3% 60.1%

 

 



参考2:ホンダの中国合弁会社の乗用車販売推移 (合弁会社別/ブランド別/車型別/モデル別)

単位:台

▽広汽ホンダ (広東省の広州/増城工場)

ブランド 車種 モデル 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2013年
1-7月
2014年
1-7月
Honda Sedan,
Hatch-back
雅閣(Accord) 187,361 171,728 160,735 104,114 119,542 58,659 40,719
飛度 (FIT) 48,640 33,575 21,043 35,920 40,749 24,518 26,873
思迪 (CITY) 36 3 - - - - -
鋒范(CITY Fengfan) 113,191 132,645 123,502 96,913 95,312 59,965 29,070
凌派 (CRIDER) - - - - 91,623 13,464 89,012
歌詩図(Crosstour) - 2,264 1,914 33,982 47,064 26,585 12,824
MPV 奥徳賽(ODYSSEY) 28,395 45,816 30,404 20,900 27,277 14,401 6,753
理念
(EVERUS)
Sedan 理念S1 - - 24,696 24,576 13,913 11,575 3,513
合計
(増城工場を含む広州工場)
377,623 386,031 362,294 316,405 435,480 209,167 208,764

▽本田汽車 (中国) 有限公司 (広州工場)

ブランド 車種 モデル 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2013年
1-7月
2014年
1-7月
Honda Hatch-back JAZZ (FIT)
1.2/1.4/1.5L
28,299 25,009 24,249 29,034 24,097 13,977 5,475
Sedan Accord2.5/3.5L - - - - - - 3,690
合計
(広州輸出工場)
28,299 25,009 24,249 29,034 24,097 13,977 9,165

▽東風ホンダ (湖北省の武漢工場)

ブランド 車種 モデル 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2013年
1-7月
2014年
1-7月
Honda MPV 艾力紳(ELYSION) - - - 6,866 12,510 6,567 5,261
杰徳(JADE) - - - - 27,436 - 34,085
SUV CR-V 105,233 140,000 160,003 169,036 189,972 99,122 101,018
Sedan 思域 (CIVIC) 93,368 101,198 78,089 79,763 68,942 37,545 31,783
思鉑睿(SPIRIOR) - 19,402 17,376 12,417 7,462 4,559 2,645
思銘
(CIIMO)
思銘(CIIMO)セダン - - - 14,089 15,087 10,728 9,402
合計
(武漢工場)
198,601 260,600 255,468 282,171 321,409 158,521 184,194
総合計
(ホンダの中国現地生産車)
604,523 671,640 642,011 627,610 780,986 381,665 402,123

(注) 販売台数は工場出荷ベースで、輸入を含まず、輸出を含む。本田汽車 (中国) における、「JAZZ」 /「米州仕様 FIT」生産は2014年4月に終止した。その替わりに、2014年前半に「Accord」の生産・輸出 (5月に生産、6月に輸出開始)を開始した。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>