ホンダの中国事業:乗用車シェア目標8~10%、生産能力は2015年以降125万台超へ

2014年までにEV/HV生産開始、乗用車販売目標は2015年120万台超

2013/04/18

要 約

ホンダの中国合弁会社別販売実績と目標
 ホンダは中国における生産・販売への投資と中国専用車の投入が、他社とりわけ欧米韓メーカーに遅れをとっているといわれている。ホンダは中国事業の中長期戦略を2012年4月に発表してから一年経過したが、中長期の乗用車シェア目標8~10% と、2015年120万台超の (乗用車) 販売目標を堅持する方針を表明している (MarkLines が2013年4月実施した単独調査で判明)。


 2013年から2015年までの3年間で、EV/HVを含む新型車10車種以上を投入することに加えて、搭載エンジンを全て次世代型"Earth Dreams Technology"を採用したものに刷新するなど、中国市販モデルラインナップの強化を推進する。


 商品ラインナップ強化に伴い生産面では、華中地域の武漢工場を増強、華南地域の広州郊外の増城工場構内に乗用車の新工場(新ライン)を建設する。ホンダの中国完成車年産能力を、現行87万台から2014年には110万台規模、2015年以降は125万台超、2020年はさらに150万台規模に拡大していく。

 エンジン生産では、既存エンジン工場の増設に加えて、2013年には広汽ホンダの増城工場でも新エンジン工場の建設に着工する。エンジンの年産能力を現行の78万基規模から、2014年に94万基規模、2020年はさらに148万基規模に拡張するとされている。



関連レポート: 
ホンダの中期戦略(2):2014年以降北米からの輸出が20万台規模へ (2012年12月27日掲載)

ホンダの中期戦略(1):次期型フィットを世界6地域で同時開発 (2012年12月14日掲載)


ホンダ:中国事業の中期販売戦略の骨子

詳細
販売戦略 ・既存のサービス品質向上の方針を堅持するのに加えて、顧客満足度向上に注力。
中古車販売からの買い替えなどに対応し、顧客層の拡大を図る。
・モデル戦略として、2015年までに、特に新型 Fit シリーズの拡販に注力。
・内陸部の都市を中心に販売店舗 (注1) を増設、販売網を拡充していく。
販売目標 ・市場シェアの中長期目標: 中国乗用車市場で8~10%
・台数目標: 2013年75万台超 (輸入車を含む)、
         2015年 120万台超 (輸入車を含まない)
   東風ホンダ
(輸入車を含まず)
・台数目標: 2013年 34万台
                2015年 50万台 (内、Civic シリーズ 20万台、思銘シリーズ 20万台、他 10万台)
広汽ホンダ
(輸入車を含まず)
・台数目標: 2013年 40万台、2015年 70万台超、2020年 100万台。
本田汽車
(中国) からの輸出)
・台数目標: 2014年 約 5万台 (全量輸出)
Acura輸入専売 ・台数目標: 2013年 4,000台 (輸入販売実績は2011年約4,000台、2012年約 2,300台)、
        2015年 約 1万台。
モデル計画 ▽ミドルクラス中型車/SUVを中心としたこれまでのモデル戦略を、小型車/ハイブリッド仕様に重点をおいた戦略に変更する。
・2013年~2015年: フルモデルチェンジと新規車種と、合計10車種以上を投入。
 うち、既存モデルに少ない小排気量の中国専用小型車合計2車種と HV を含む。
・2015年末までに、 Honda/Acura ブランド現地販売車全てのエンジンを、新世代エンジンに刷新する。
広汽ホンダ
(Honda/理念ブランド)
▽毎年に新型 2車種以上を発売するなど、新車投入を強化。
・2013年~2015年: フルモデルチェンジと新規車種合計8車種投入。但し、理念ブランドの電動車モデルの投入計画はない。
 うち、2013年には、9代目 Accord、Concept Cベースの量産車 (ミドルクラス)、理念SUVの生産・販売を開始。7月前後には、EV (Fit EV) 生産ができる体制を整備。
東風ホンダ
(Honda/思銘ブランド)
▽CR-V とCivic と二つのプラットフォームを、中国における戦略的プラットフォームとして、その派生車種を追加するなど、重点的に車種ラインナップを充実していく方針。
・2015年までに、年間販売10万台規模を有する人気車 3車種を含む、合計8車種のラインナップを構築。軽量化技術を駆使して車体の構造改良を行う。
 2013年: 主に、既存車種をもとにして、マーケティング/サービス/販売網などの改善に注力。Concept S をベースにした、Hondaの世界戦略車を世界に先駆けて生産販売を開始
(今後、ハイブリッド仕様モデルを追加投入する計画もある)。 2014年: HV の生産を開始。
Acuraブランド
(輸入販売)
▽現地販売車のラインナップを強化 (2013年2月時点、現地生産計画はないと表明)。 2013年以降は、中国で需要が高い小排気量エンジン搭載モデルを順次投入。
・2012年: ILX (小型ハイブリッドセダン)/RDX (中型 SUV) を発売。
・2013年: 旗艦車種 RLXを発売。
・2014年以降: 高性能・高出力なハイブリッドシステム "Sport Hybrid SH-AWD" (注2) を搭載する新型 NSXを発売。
資料: 2012年4月10日/2012年11月22日などのホンダ発表、MarkLines独自調査、各紙報道などより作成。
注1. 2013年3月時点、ホンダの中国における「4S」販売店舗/専売店数は合計約 860店舗。その内訳は、広汽ホンダ系 470店舗、東風ホンダ系 354店舗 (2012年6月時点332店舗)、Acura専売店 約35店舗。なお、Acura専売店について、2012年末までに 50店舗に増やす計画であったが、2012年に6店舗減った。
「4S」販売店舗は、Sales (完成車販売)/Service (アフターサービス)/Spare parts (部品供給)/Survey (情報フィードバック)といった4機能を有する販売代理店を指す。
注2. SH-AWD は "Super Handling All Wheel Drive"の略語。


乗用車生産体制拡充: 2013年に増城新工場着工、2015年以降合計125万台規模へ

 ホンダは、2015年販売120万台超 (輸出含む、輸入含まない) および中長期の乗用車市場シェア8~10%となる中国における中長期販売目標の達成に向け、現地での年産能力を、現行の87万台から、2014年に113万台、2015年以降は125万台以上と順次に拡張。2020年はさらに150万台規模に拡大する計画である。


 具体的に、ホンダは、華中地域の湖北省武漢で、東風ホンダ第2工場を拡張し、武漢における(東風ホンダ)乗用車の年産能力を現行の34万台から、2013年末までに36万台、2014年に48万台に拡大する。

 これに加えて、華南地域の広東省広州で、市郊外の広汽ホンダの増城構内で新工場 (広州第3ライン) を建設し、広州における乗用車の年産能力を、広州輸出専用工場の本田汽車(中国) 5万台を含めて、現行の53万台から、2014年以降に65万台、2015年以降は77万台と引上げていく。また、2020年は更に105万台以上に拡張する計画もある。

 但し、ホンダの輸出専用工場「本田汽車(中国)有限公司」の生産体制拡張計画について、ホンダは2013年4月時点、2014年までは年産能力5万台の維持であるとしか明らかにしていない。

ホンダ: 中国における乗用車完成車の生産体制

(千台)
メーカー
(所在地域)
工場 生産モデル 生産実績 生産能力
2011年 2012年 2012年
1~2月
2013年
1~2月
2013年
4月
時点
計画
(2013年5月~)
東風
ホンダ
(華中地域)
武漢第1工場 CR-V 2.0/2.4、
Civic 3box、Spirio、
Elysion、思銘 sedan
253.9 285.4 43.9 39.5 240 240
武漢第2
(新)工場
100 120 (~2013年)
→ 240 (2014年)
合計 253.9 285.4 43.9 39.5 340 360 (~2013年)
→ 480 (2014年)
広汽
ホンダ
(華南地域)
黄浦工場
(広州第1ライン)
Accord 2.0/2.4/3.5、
Odyssey 2.4、
Fit 2box 1.3/1.5、
City 鋒範 1.5/1.8、
Crosstour 2.4/3.5、
理念 S1 1.3/1.5
369.2 308.6 54.9 41.9 240 240
増城工場
(広州第2ライン)
240 240
増城工場
(広州第3ライン)
- (2013年6月までに、建設着工予定) - 120 (2014年以降)
→ 240 (2期)
合計 369.2 308.6 54.9 41.9 480 600 (2014年以降)
→720 (2015年以降)
→1,000 (2020年)
本田汽車
(中国)
(華南地域)
広州輸出
専用工場
Jazz, Fit 1.2/1.4/1.5
(欧州/カナダなど向け)
24.2 28.7 4.3 3.8 50 50 (~2014年)
合計 24.2 28.7 4.3 3.8 50 50 (~2014年)
総合計 647.3 622.7 103.1 85.2 870 890 (~2013年)
→1,130 (2014年)
→1,250 (2015年~)
→1,530以上
(2020年)

注:広州にあるホンダ輸出専用工場「本田汽車 (中国) 有限公司」は 2012年1月から、カナダ向け Fit の生産・輸出を開始した。

 

広汽ホンダ: 広州で2020年までに100万台の年産体制を構築

▽広州市の増城工場を拡張、2015年以降に年産能力を24万台追加へ
 広汽ホンダは、広州市郊外の増城工場構内で、広州において自社の第3となる新ラインを増設し、2期建設を経て2015年以降に年産能力を24万台追加する。(投資総額は、2013年建設開始予定の併設エンジン工場と合わせて合計35.6億元。)
 新ライン (1本) の1期建設の着工時期は、2012年後半の反日デモなどの悪影響で、当初計画の2012年末から、2013年6月までへと先送りを余儀なくされている (MarkLinesの独自調査で判明)。また、1期建設の竣工時期も当初の2014年により遅れる可能性がある。
 増城工場新(第3) ラインの1期建設が2014年以降に竣工し、年産能力12万台を新規追加。その後、2期建設を経て年産能力をさらに12万台増やす。これによって、新生産ラインの新規24万台と、既存2ライン (黄浦工場第1ラインの24万台、増城第2ラインの24万台)と合わせて、広汽ホンダの広州における年産能力を2014年以降60万台、2015年以降は更に72万台に拡大する。
 これに加えて、広汽ホンダは2012年12月開催した東風汽車発動機/広汽ホンダ/本田汽車 (中国) のエンジンサプライヤー年会で、2020年に広州における自社の乗用車年産能力を100万台に引き上げる計画も明らかにした。

 

東風ホンダ: 2014年までに、武漢で48万台の年産体制を構築

▽2012年7月に第2工場稼働、2014年に武漢での年産能力を48万台に拡大へ
 東風ホンダは2012年7月、武漢の第2 (新) 乗用車工場の1期建設が竣工し、稼働を開始した。東風ホンダは、2013年内に2期建設に着工し、2014年に竣工を予定している。(第2工場建設への初期投資総額は約11.5億元。)
 東風ホンダは、第2工場の年産能力を、2013年内には2012年10月時点の10万台から12万台に引き上げ、2014年には2期建設を経て24万台に拡大する。これにより、2014年には、既存の第1工場と合わせて、武漢工場全体の年産能力を48万台に拡大する見込み。(なお、2012年7月時点、東風ホンダの従業員数は2工場合計で約6,900名。)
 東風ホンダの第2工場は、武漢第1工場から北東約4kmに位置 (敷地面積105万㎡)。プレス/溶接/塗装/樹脂成形加工/組立/検査測定ラインのほか、エンジン組立の生産ラインも含む。今後、Spirio/Civic/New CR-Vの全てを生産する。
 第2工場の塗装ラインにはショートプロセス化と廃熱再利用システム採用による二酸化炭素排出削減、樹脂成形加工ラインには水性プライマー採用による揮発性有機化学物質 (VOC) 排出削減策を講じている。また、組立ラインには世界初となる搬送高度が自在に操作設定のできるドア収納型フルパレット式や、最大パワー600kW のソーラー発電システム、作業員の歩行数を最小限に抑えたバリアフリー工程の採用など、エコで生産効率が良く作業員にも優しいシステムが導入されている。

 

 



パワートレイン生産体制:年産能力は現行の78万基から2014年には94万基に拡大

 ホンダは2012年4月、中国での部品調達機能を強化し、グローバル事業での活用や、品質・サービスの機能強化など、中国における次世代に向けた事業基盤づくりを強化すると、2020年までの中国事業の中長期戦略を発表している。

 うち、パワートレインでは、乗用車完成車の生産体制拡大に合わせて、生産体制の増強計画も進めている。武漢エンジン工場の拡張と、2013年から広汽ホンダの新エンジン工場建設を通じて、中国でのエンジン年産能力を現行の78万基超から、2013年末に84万基、2014年以降は94万基、2015年以降106万基規模に拡大。更に、2020年には148万基以上の拡張計画が明らかになっている。

ホンダ: 中国におけるエンジン工場の生産体制

(千基)
エンジン工場
(所在地域)
本工場
所在地
生産実績 年産能力
2011年 2012年 2012年
1~2月
2013年
1~2月
2013年
4月時点
拡充後
(計画年)
東風本田発動機
(華南地域)
広州市 366.0 306.7 42.2 55.1 480 n.a.
*注
広汽ホンダ
(華南地域)
(2013年6月までに、建設着工開始へ) - 100 (2014年以降)
→ 200 (将来)
東風ホンダ
(華中地域)
武漢市 253.9 285.4 39.5 43.9 300超 360 (2013年)
→480 (2015年以降)
合計
(本田汽車(中国)を除く)
619.9 592.1 81.7 99.0 780超 840 (~2013年)→
940以上 (2014年~)→
1,060以上 (2015年~)
→ 1,480以上 (2020年)

 

エンジン生産体制増強

▽広汽ホンダ:広州郊外の増城で、2013年以降自社エンジン工場を建設へ
 広汽ホンダは、2013年6月に建設開始を予定している、広州郊外の増城新乗用車工場 (広州第3乗用車生産ライン) に併設するエンジン工場の建設を計画している (2013年4月MarkLines実施した独自調査で判明)。新エンジン工場の建設は、増城新乗用車工場と同時に着工。早ければ2014年に1期建設を完工し稼働を開始する (投資総額は、広州第3生産ラインの建設と併せて35.6億元)。
 広汽ホンダは、増城新エンジン工場の年産能力を2014年に10万基を構築。その後さらに、2期建設を経て20万基に引き上げる計画。
 なお、これまで、広汽ホンダなど向けにエンジンを供給する、広汽ホンダ構内 (広州市) 位置する東風本田発動機のエンジン年産能力は2013年4月時点48万基を擁する。このほか、シリンダー・ブロック/ヘッドや、コネクティングロッドなどのエンジン構成部品の年産能力を48万セット保有している。
▽東風ホンダ: 併設エンジン工場を拡張、年産能力を2013年36万台に拡大へ
 東風ホンダは、完成車生産体制の拡張に伴って、武漢にある自社エンジン工場を拡張している。エンジン工場の年産能力は2013年4月時点30万基超に引き上げており、2013年内に36万基に拡大する。2015年以降さらに48万基に引上げる計画もある。

 

変速機生産体制増強

▽広東省の佛山パワートレイン部品工場拡張で、変速機年産能力を60万基に拡大へ
 ホンダは、広東省佛山市 (南海区) にある変速機やエンジン構成部品などを生産するパワートレイン部品工場 (本田汽車零部件) を拡張する。2013年2月時点、中国政府系機関 (環境保護部華南環境科学研究所) が同工場の拡張建設に関する環境影響評価公告を告示した。
 今回の同工場拡張建設は変速機 (CVT) 工場増強のほか、鋳造工場/プーリー工場を含む。完工後の変速機工場の年産能力を現行の48.4万基から60万基に拡大する。(建設工事の敷地面積は約49,164㎡。投資総額は9.7億元。約1350名の新規雇用が生まれる。)
 2013年2月時点の同佛山部品工場は、クランクシャフト/コネクティングロッド等の工場棟 (敷地面積 約4,073㎡/建屋面積 約7,912㎡超)、変速機工場棟 (同約52,929㎡/約52,929㎡)、鋳造工場 (約3,984㎡/約3,984㎡)を擁する。

 

 



省エネ/電動車事業:2015年までにエンジンは新世代機種に刷新、EV/HV現地生産へ

 ホンダは、Honda/Acuraブランドを合わせて、2015年末までに中国販売車種の全てに、次世代革新技術"Earth Dreams Technology"を搭載した次世代エンジンに機種刷新を実施する。これによって、中国において、参入している全カテゴリーで省燃費ナンバーワンを目指す。


 また、トヨタなどに比べて遅れている中国での電動車事業では、駆動用の二次電池やモーターを含む電動車用中核部品や広汽ホンダなど合弁工場におけるEV/HVなど、電動車事業の生産体制の構築に着手した。小型ハッチバックFit EV は早ければ2013年に、小型HVは2014年に現地生産を開始。今後、さらに、中型・大型 HV/PHVを追加投入する計画である。

ホンダ:中国事業の中期技術/電動車戦略の骨子

詳細
新技術戦略 ▽新しいパワートレイン技術の導入を加速
・次世代革新技術"Earth Dreams Technology"を搭載した新世代エンジン機種に切り替える
・ハイブリッド技術を中国で普及。HV/PHVの現地生産化を推進
▽軽量化技術戦略を推進
・東風ホンダは、軽量化技術を駆使し、車体構造の改良を行う
省エネ/電動車戦略 ▽中国市場において、参入している全カテゴリーで燃費ナンバーワンの実現を目指す
▽電動車事業で先行しているトヨタなど競合他社より、現地化のスピードを更にあげていく方針
   省エネ車関連 ▽2013~2015年には、中国で販売するHonda/Acura ブランド新車の全てを対象に、搭載するエンジンの全てを新世代機種に刷新
新エネ
ルギー
車関連
HV/PHV ▽Step 1. ホンダ独自のハイブリッドシステム IMA (Integrated Motor Assist) を搭載する、IMA 搭載 HV (小型) の普及
・2012年にはHV合計4車種の輸入販売を開始 内訳:ホンダの現地Acura 専売網は Acura ILX、広汽ホンダは Honda CR-Z と Fit Hybrid 、東風ホンダは Insight を2012年に発売済み
・Honda ブランドHV を、輸入販売から現地生産に切り替える生産体制を構築 2014年にハイブリッド車の現地生産を開始 その一環として、駆動用の二次電池やモーターを含む、HVの中核部品を中国で調達 さらに、将来的には、HV/EV の部品を輸出する構想もある
▽Step 2. 中型・大型HVや、PHVも中国に投入
EV ・2011年に広州市において、中国投入予定となる EV の実証実験 (運行) を実施
・2013年7月には、広汽ホンダにおけるFit EVの生産ができる体制を整える

資料: 2012年4月10日/2012年11月22日などのホンダ発表、MarkLines独自調査、各紙報道などより作成
注:広汽ホンダは、2013~2020年中期発展計画で、研究開発/部品調達の現地化、人材の自立化を推進する経営方針を示している。

 

電動車用中核部品について

▽駆動用二次電池/モーター等、電動車中核部品の現地生産体制構築状況
 ホンダは、HV/PHV/EVなど電動車の中国での普及に向けて、現地合弁工場においてHV/EVなど電動完成車の生産体制を整備するとともに、駆動用の二次電池/モーターなどの中核構成部品の現地生産や現地調達などを推進している。早ければ2012年から同中核部品の現地生産を開始するとしていたが、進捗は不明。
 ホンダは独自で技術をもつ駆動用モーターを広州/武漢の現地合弁会社で生産。独自技術を有しない駆動用二次電池は広州で他のサプライヤーと提携して生産するとしている。

EV について

▽2011年11月に広州市で EVの (運行) 実証実験を実施
 ホンダは2011年11月、広東省の広州市で、広州汽車集団および現地 (広州市) 政府と共同で行う、Fit をベースにした EV 乗用車 (Fit EV) の運行実証実験を実施した。主に都市交通環境におけるEVの実用利便性を検証すると共に、将来の普及に向けた技術的な課題を抽出。航続走行距離の検証などを踏まえて、充電施設などのインフラ整備の提言を行う。
▽広汽ホンダ: Fit EV 生産計画を2013年7月以降に先送り
 ホンダは2012年末から広汽ホンダで Fit EV の少量生産を開始し、広東省の広州/深圳や浙江省の杭州市など新エネルギー車の試験運行都市を中心に、リース販売をメインで販売を開始すると計画していたが、政策面や充電インフラ整備遅れなど、先行き不透明な中国EV市場の変化に応じて先送りにしている。
 ホンダは2013年4月時点、2013年7月をめどに広汽ホンダにおいてFit EV 生産ができる体制を整えるとしており、市場を見極めたうえ、中/大型企業や政府機関に貸し出しなどのリース販売を皮切りにして販売を拡大するとしている。
 Fit EV は、ホンダの燃料電池車 FCX クラリティ にも採用するギアボックス同軸モーター (最高出力92kW/最大トルク256Nm) などの電動化技術と、高性能リチウムイオン電池を搭載。中国一般家庭電源 (電圧220V) でのフル充電は6時間以下。最高時速は144km。航続走行距離は、NEDCモードで 150km以上。

HV/PHV について

▽2012年に輸入販売で新型HV 合計3車種を追加投入、2014年にHVの現地生産体制整備を加速
 ホンダはこれまで、2014年から、中国におけるHVの生産を開始すると発表した。詳細は明らかにされていないが、トヨタなどの競合大手に遅れているため、生産開始に向ける体制整備などの準備を加速している。
 これに先立ち、ホンダは、2007年11月に東風ホンダを通してCivic Hybrid の輸入販売の開始 (標準販売価格 26.98万元) を皮切りに、2012年7月には広汽ホンダを通してCR-Z (同 28.88万元)、2012年11月にはさらに東風ホンダを通して Insight (同20.98万元)、広汽ホンダを通して Fit Hybrid (同17.98万元) の輸入販売モデルを追加し、中国でのHV ラインナップを強化している。

 

 



(参考) ホンダ: 中国における乗用車の工場別モデル別販売実績と計画

(単位:台、工場出荷ベース)

メーカー
(OEM)
モデル 販売実績 販売計画
2009年 2010年 2011年 2012年 2012年
1~2月
2013年
1~2月
2013年 2014年~
東風
ホンダ
CR-V 105,233 140,000 160,003 169,036 15,534 23,903
Civic 3box 93,368 101,198 78,089 79,763 21,651 9,081
Spirio 12,000 19,402 17,376 12,417 3,999 1,198
Elysion - - - 6,866 0 1,179
思銘 sedan - - - 14,089 0 2,400
合計 210,601 260,600 255,468 282,171 41,184 37,761 340,000
*注
500,000
(2015年)
広汽
ホンダ
Accord 175,361 171,728 160,735 104,114 17,132 12,847
Odyssey 28,395 45,816 30,404 20,900 2,636 2,617
Fit 2box 48,640 33,575 21,043 35,920 1,761 4,550
City 36 3 - - - -
City 鋒範 113,191 132,645 123,502 96,913 15,829 13,090
Crosstour - 2,264 1,914 33,982 418 5,583
理念 S1 - - 24,696 24,576 3,706 2,824
合計 365,623 386,031 362,294 316,405 41,482 41,511 400,000
*注
700,000超
(2015年)
本田汽車
(中国)
欧州仕様 Jazz/
北米仕様 Fit
28,299 25,009 24,249 29,034 4,216 3,207
合計 28,299 25,009 24,249 29,034 4,216 3,207 n.a. 50,000
(2014年)
総合計 604,523 671,640 642,011 627,610 86,882 82,479 750,000超 1,250,000超
(2015年)

注: 輸入車販売を含まない。但し、2013年4月時点、広汽ホンダはCR-Z/Fit Hybrid、東風ホンダはCivic Hybrid/Insight をそれぞれ、ホンダの中国輸入販売総代理として行っている。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>