Renault:2013年の販売目標は300万台

ブラジルとロシアで生産拡大、インドに2年間で5車種投入

2011/12/27

要 約

 Renault は、2012年にEV 2車種、小型車の新型Clioのほか、エントリーセグメントのファミリーカーと小型商用車の新モデルを発売する計画。2013年には、Daimlerと共同開発する小型車用プラットフォームを使用し、新型Twingoを投入する。

 新興国市場では、ブラジルでの年産能力を38万台に拡充。ロシアでは、自社工場をフル稼働するほか、AvtoVAZの工場に生産委託するなど生産を拡大する。インドには2011-12年に5車種を集中投入する。

 Renaultは、2011年2月に発表した中期経営計画で、2013年の販売目標を300万台に設定した。小型車シフト等で欧州での販売シェアを守る一方、新興国での販売を拡大する方針。

 2011年の販売台数と売上高の見通しは、いずれも2010年を上回るとしており、販売台数は263万台、売上高は390億Euroを超える見込み。



モデル計画:2012年にEV2車種と小型車3車種を投入

 Renaultは、EVと低燃費エンジンの投入で、欧州の排出ガス規制強化に対応する方針で、2011年のEV 2車種に続き、2012年前半にもEV 2車種を投入する。このほか、2012年には新型Clio、エントリーセグメントのファミリーカーと小型商用車の新モデルを発売する。

 欧州外地域の商品投入では、2012年上期に南米とロシアに各1車種、東欧とインドに各3車種を投入する。そのうち、コロンビア、ロシア、インドではDaciaブランドの小型クロスオーバーSUV Dusterの生産・販売を開始する (ブラジルでは2011年に生産開始)。

Renault ブランドの 新型車投入 (2011-2012年)

発売時期 概要
Kangoo ZE 2011年10月  小型バンの EV。44kW・226Nm のモーターと 22kWh のリチウムイオン電池を搭載し、航続距離は欧州複合モードで 170km。全長は 4.21mで、荷室は 3-3.5立方メートル。価格は15,000Euroから (補助金 5,000Euro 差引き後)。電池は別料金のリース方式で、リース費用は月額72Euro。全長が 40cm長い Kangoo Maxi ZE も同時発売。
Fluence ZE 2011年末  4ドア中型セダンのEV。70kW・226Nmのモーターと22kWhのリチウムイオン電池を搭載。航続距離は欧州複合モードで185km。価格は20,900Euroから(補助金5,000Euro差引き後)。電池は別料金のリース方式で月額82Euro。
Twizy 2012年初  前後 2人乗りの超小型 EV。5hpのモーターを搭載し、最高速度が45km/h(国により免許が不要)のTwizy 45 は6,990Euro、17hpのモーターを搭載し、最高速度が80km/hのTwizyは7,690Euroから。電池は別料金のリース方式で月額45-49Euro。
ZOE 2012年半ば  Clioと同サイズの小型5ドアハッチバックのEV。60kW・222Nmのモーターとリチウムイオン電池を搭載。航続距離は欧州複合モードで160km。都市部での移動や郊外のドライブに使用できるとしている。
新型 Clio 2012年  小型ハッチバックの4代目。Renaultの新しいデザイン戦略「シンプル・五感に訴える・温かみのある」を採用する最初のモデル。
ファミリーカー 2012年  M0 (エントリー) セグメントのファミリー向けの新モデル。
小型LCV 2012年  M0 (エントリー) セグメントの小型商用車の新モデル。
新型Twingo 2013年  小型ハッチバックの3代目。Daimlerと共同開発するsmart forfour向け後輪駆動プラットフォームを共用する。
新型Trafic 2013年  Opel/Vauxhallと共同開発する小型商用車。2代目も協業することが決定。Opel/Vauxhall は Vivaro として販売。
Twingo ZE 2014年後半  EVシステムをDaimlerと共同開発する。Renault-日産がモーター技術、Daimlerがリチウムイオン電池技術を提供。Daimlerはsmartの次期モデルに搭載する。

Renault Samsung ブランドの新型車投入

新型SM7 2011年8月
(韓国)
 準大型セダンで、Renault Samsungのフラッグシップモデル。7年ぶりに全面改良。4,000億ウォン(2.07億Euro)を投じ、32カ月かけて開発。旧モデルより一回り大きく、パドルシフトやSport Modeの採用で、運転の楽しさを追求。

資料:Renault Press Release2011.5.12/ 2011.5.13/2011.8.5, Automotive News Europe 2011.3.9/ 2011.7.28

 

欧州外地域における商品投入計画 (2011~2012年上期)

地域 2011 2012
Q1-Q3 Q4 Q1-Q2
Americas *Duster
(ブラジル・
アルゼンチン)
*Duster
(コロンビア)
Eurasia *Megane
(ロシア)
*Fluence
(ロシア)
*Duster
(ロシア)
Euromed Fluence ZE
(トルコ)
ファミリーカー 小型LCV 乗用バン
Asia/Africa SM7 *Fluence
(インド)
*Koleos
(インド)
Bセグメント
ハッチバック
(インド)
Bセグメント
セダン
(インド)
*Duster
(インド)
資料:Renault Q3 2011 Revenues Presentation
(注) 1. Americas は中南米, Eurasia はロシア/CIS諸国, Euromed は東欧、トルコ、北アフリカを指し, Asia-Africa はオセアニア・中近東を含む。
2. "*" を付記したモデルは、現地生産する。

 



新興国市場:ブラジルの年産能力は38万台、ロシアは日産・AvtoVAZ合わせ110万台

 新興国市場では、ブラジルでは2013年までに年産能力を5割増しの38万台に拡充。ロシアでは、現在、Renault-日産アライアンスとAvtoVAZの年産能力を合わせて110万台。今後、AvtoVAZで能力を拡充し、2016年に3社合わせて160万台販売を目指す。インドでは、2011-12年に、インドで開発したインド市場向け新モデルPulseを含む5車種を投入する。

ブラジル:年産能力を 25万台から 38万台に拡大、市場シェアを 5%から 8%へ

 Renaultは、ブラジル・Curitiba工場の年産能力を、現行の 25万台から、2013年までに 38万台に引き上げる (2011年10月発表)。2012-16年に 13の新型車を投入し、販売店を現行の 186店から倍増させる計画。
 Renaultと日産は、2016年までにブラジルでの合計市場シェアを現在の倍の 13%とする計画 (Renaultは現行の 5%から 8%へ、日産は現行の 1.5%から 5%へ)。なお、日産はブラジルに年産能力 20万台の新工場を建設し、2014年前半に稼働する予定。

資料:Automotive News Europe 2011. 10.6

ロシア:Renault、日産、AvtoVAZの2016年の販売目標は160万台、市場シェアは40%

 Renault-日産アライアンスは、2016年のロシアでの販売目標を 160万台 (AvtoVAZのLadaブランドを含む)、市場シェア目標を 40%としている(同年のロシア市場を 400万台と想定) (2011年 7月報道)。2011年上期の市場シェアは、Renaultが 6%、日産が 4.8%、AvtoVAZが 23.6%で 3社合計は 34.4%。
 同アライアンスは、この販売目標を達成するために、ロシアでの生産能力を拡充する。現行の年産能力はAvtoVAZも含めて 110万台。Renaultは、2011年に Moscow工場をフル稼働させ、年産 16万台とした。2012年にはさらに 10%増の 17.5万台に拡大する。日産も St. Petersburg工場をフル稼働させ年産 5万台。AvtoVAZは Togliatti工場の年産能力が 90万台だが、今後 2直を 3直に増やして約 50万台分を追加する計画。
 2012年初めには、AvtoVAZの Togliatti工場に Renault Loganのプラットフォームを使用する新モデルの生産ラインを新設。AvtoVAZはステーションワゴンを含む 2車種を2012年初めに市場投入する。日産は2012年末に 1車種を、Renaultは2013年に 2車種を投入する計画。Loganベースの 5車種は、2016年の 3社の販売目標 (160万台) のうち 40万台を占める見込み。

資料:Automotive News Europe 2011.7.20/2011.7.22, 他

インド:2011-12年に、インド向け新モデルPulseを含む5車種を投入

 Renaultは、2011-12年にインド市場に 5車種を投入する計画。2011年 5月に上級セダンのFluence、10月に SUV の Koleos、2012年に SUVを含む 3車種を投入する。Renaultは2010年に Mahindra & Mahindraとの合弁事業を解消。その後は、単独でインド事業を進めている。
 Renaultは、2012年 1月にインドに新モデル Pulse を投入する。2011-12年にインドに投入する予定の 5車種の3つ目。インド・Mumbaiにある Renaultのデザインセンターがインド市場向けに開発した小型ハッチバック。日産 Micraのプラットフォームを採用し、低燃費の 1.5L 直4ターボディーゼルエンジン dCi を搭載。車体とエンジンは Chennai の Renault-日産アライアンスの工場で生産する。
 販売店については、2011年上期には14店だが、2011年中に40店、2013年には100店を目指すとしている。

資料:Renault Press Release 2011.11.1, Renault H1 2011 Financial Results Presentation

中国:販売店を2011年に80店、2013年に130店に拡大

 Renaultは中国での販売拡大のため、2011年上期には53店の販売店を、2011年中に80店、2013年には130店以上とすることを目指す。
 Renaultは、今後3~5年で中国における販売台数を10万台に拡大する計画とされる(2011年1-7月は1.3万台)。2011年10月にはSUVの新型Koleos、11月にはMegane CCとLaguna Coupeを投入する。2016年には、中国での現地生産を開始するとの報道もあり、合弁相手は、日産の合弁相手の東風汽車が有力とされる。

資料:Renault H1 2011 Financial Results Presentation, Automotive News Europe 2011.8.3

 



中期経営計画:2013年の世界販売台数は300万台

 Renault は2011年2月、2016年までの中期経営計画 "Renault 2016 Drive the Change" を発表した。"持続可能なモビリティ をすべての人に" を目標に、Groupの成長とフリーキャッシュフローの継続的な創出を確保するため、環境対応、商品計画、研究開発、市場別対策等を実施する。

 EVについては、2016年までにRenault-日産アライアンスで累計150万台を販売する計画で、2015年のEV生産能力は両社合わせて50万台とする。R&D費は売上高の9%以下とするため、日産や提携するDaimlerとプラットフォームの共通化を図る。

 2013年末に中間報告を行う予定で、中間目標として2013年の販売台数 300万台以上、自動車部門のフリーキャッシュフロー 20億Euro以上、Renault Group の営業利益率 5%以上を掲げている。

Renault 2016 Drive the Change (2016年までの中期経営計画) (2011年2月10日発表)

環境対応  EVと新エンジンの投入により、Renault車の欧州でのCO2排出量を、2011年現在の平均 137g/km から、2013年までに 120g/km、2016年までに 100g/km に低減させる。
 EV:2011年-12年にFluence Z.E., Kangoo Z.E., Twizy, ZOE の4モデルを投入する。2014~16年にも新モデルを投入する計画。
 新ディーゼルエンジン:1.6Lの Energy dCi 130 を 2011年 5月から Scenic と Grand Scenic に搭載。CO2排出量を従来モデル比 20% 低減。
 新ガソリンエンジン:Energy TCe をA, B, Cセグメント車に搭載予定。CO2排出量を従来モデル比30%低減する。
商品計画  EVの販売見通し:Renault-日産アライアンスのEV累計販売台数を2016年までに150万台とする計画。2015年には、アライアンスのEV年産能力を50万台とする計画。
 Renault Groupは、2010年に計40モデルを販売していたが、2013年に計44モデル、2016年に計48モデルに拡大する。
R&D  R&D費は売上高の9%以下とする。プラットフォームの共通化を図る。2014~16年に投入されるモデルの80%は、提携会社とプラットフォームを共有する。
 中・高級車向けのC/Dプラットフォームは日産と共用し、両社で年間150万台を生産する。
 小型車向けのAプラットフォームはDaimlerと共用し、Renault Twingo と smart車に採用する。
 小型商用車向けのプラットフォームは、日産とDaimlerの両社と共用する。
 M0(エントリーセグメント)、B、C/Dプラットフォームでは、開発段階から複数のモデルで共用できるよう、部品のモジュール化を進める。
コスト削減  日産方式に基づく新たな生産管理システム「ものづくり」アプローチを、2010年から 4工場、2011年から世界の全工場に展開。設計から納車までのバリューチェーン全体を見直すことにより、年間4%のコスト削減、2013年までに計12%のコスト削減を目指す。
 日産とのアライアンスおよびDaimlerとの戦略提携により、2013年末までに世界の自社工場の稼働率を20%引き上げ、100%超とする計画。
市場別対策  欧州では、小型車へのシフトおよび手頃な価格の先進装備により、市場 2位の地位を守る。新興国では、ブラジル、ロシア、インドに注力する。
 ブラジル:市場シェア5%以上を維持する。2011年に新型 Sandero, Fluence, Duster を投入。
 ロシア:2013年に (Renault 単独で) 市場シェア 6% を目指す。2012年に Duster を投入、2013年から新エントリーモデルを Togliatti 工場で生産する。
 インド:2011年に Koleos と Fluence、2012年に SUV 1車種を発売し、2013年までにインド市場に計 6モデルを投入する。

資料:Renault Press Release 2011.2.10

 



生産再編計画:フランスの工場にEV、電池など高付加価値商品の生産を集約

 Renaultは、金融危機以降縮小する欧州市場と拡大する新興国市場に対応するため、生産体制を再編する。2010-13年に生産施設に57億Euroを投資する計画で、うち40%をフランスの工場に投資する。フランスにEV、モーター、電池、小型商用車、高級車など付加価値の高い商品の生産を集約し、工場閉鎖を回避する方針。

 他の商品については、新興国での生産を拡充していく。Renaultの世界販売台数のうち、欧州外での販売比率は拡大しており、2011年には43%にまで拡大する見込み (前年37.5%)。

Renaultの生産再編計画

工場名 所在国 生産品目
Cleon フランス  2011年から1.6 dCi 130エンジン、2013年から新開発のモーターを生産する。
Sandouville フランス  2013年から小型商用車の新型Traficを生産 (姉妹車の Opel/Vauxhall Vivaro のハイルーフバージョンも生産)。全バージョン発売後は年産10万台。
Douai フランス  2014年から、欧州市場向け中上級車、セダン Laguna とMPV Espace の後継車を生産。いずれもプラットフォームは日産と共用。
Flins フランス  2014年からEV用電池の生産を開始 (当初予定の2012年から延期)。年産能力は10万個。2012年にZOEの生産を開始。
Maubeuge フランス  2011年にKangoo Z.E. の生産を開始。
Valladolid スペイン  2011年にEV Twizy の生産を開始。
Novo mesto スロベニア  現在、Twingo, Wind, Clio Campusなど小型車を生産しているが、2013年からDaimlerの超小型車 smart の4人乗りモデルを受託生産する。
Tangiers
(建設中)
モロッコ  2012年に30台/hの第1ラインの稼働を開始し、Loganを生産する。2013年には第2ラインを追加し、欧州、アフリカ、メキシコ、中東市場向けの同モデルを生産する計画。

資料:Renault Press Release 2011.2.2

 



2011年の販売台数:2010年の263万台を上回る見込み

 Renault Groupの2011年1-10月の販売台数は、前年同期比3.5%増の223.8万台。地域別では、欧州が129.1万台で前年同期比6.1%減少したが、欧州地域外は20.1%増の94.8万台。欧州地域外の中では、ロシアを含むEurasiaが65.6%増、南米を中心とするAmericasが27.5%増と大幅に増加した。

 Renaultは2011年通期について、欧州経済の不確定要素はまだ自動車需要に顕著な影響を及ぼしていないため、世界市場(乗用車+小型商用車)は前年比3%増と見込んでおり、Renault Groupの販売台数は2010年の262.6万台を上回ると予想している(2011年10月時点)。

Renault Group の世界販売台数 (PC+LCV)

(台)
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-10月
2011年
1-10月
Renault ブランド 2,115,572 2,134,949 2,019,369 1,861,856 2,115,481 1,739,270 1,857,024
Samsung ブランド 121,660 119,557 104,502 136,465 161,917 135,149 100,233
Dacia ブランド 196,378 230,535 258,372 311,426 348,269 288,106 280,878
Group
Total
乗用車 2,042,796 2,081,486 2,018,024 2,032,593 2,293,639 1,894,065 1,945,630
商用車 390,814 403,555 364,219 277,154 332,028 268,460 292,505
合計 2,433,610 2,485,041 2,382,243 2,309,747 2,625,667 2,162,525 2,238,135

資料:Renault Monthly Sales
(注) 2008年 2月に Renault が 25% の株式を取得した AvtoVAZ の Lada ブランドの販売台数は、上表に含まない。

 

Renault Group の地域別販売台数
(台)
Europe Europe 外 Worldwide
Euromed Eurasia Americas Asia-Africa 合計 Europe外
比率
2007年 1,624,261 424,121 244,926 191,733 860,780 34.6% 2,485,041
2008年 1,507,554 274,352 130,218 254,957 215,162 874,689 36.7% 2,382,243
2009年 1,529,368 240,500 80,428 236,029 222,863 779,820 33.8% 2,309,188
2010年 1,642,065 272,748 106,534 317,028 287,421 983,731 37.5% 2,625,796
2010年 1-10月 1,373,968 219,241 83,119 251,097 235,289 788,746 36.5% 2,162,714
2011年 1-10月 1,290,572 252,291 137,604 320,168 237,502 947,565 42.3% 2,238,137

資料:Renault Monthly Sales
(注) Europe は西欧+中欧。Euromed は東欧 (ルーマニア, ブルガリア等)、トルコ、北アフリカ。 Eurasiaはロシア/CIS諸国。Americasは中南米が中心。Asia-Africa はオセアニア・中近東を含む。

 

Renault Groupの欧州における市場シェア (PC+LCV)
2008年 2009年 2010年 2010年
1-10月
2011年
1-10月
乗用車市場シェア 8.97% 9.64% 10.76% 10.67% 9.97%

資料:Renault Monthly Sales

 

Renault Groupのモデル別世界生産台数

(台)
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
Twingo 64,101 118,082 138,556 187,470 163,052 95,520 78,154
Clio 720,194 532,308 446,208 409,209 548,596 249,247 225,235
Thalia/Symbol 99,259 85,477 82,163 48,334 52,126
Modus 70,979 67,514 72,590 69,358 47,251 30,455 29,403
Logan 256,351 420,255 416,157 489,865 492,191 293,536 330,087
Sandero 110,832
Duster 86,239 26,827 89,307
Megane 662,281 629,612 437,598 459,862 500,803 277,374 253,425
SM3 71,817 82,650 65,590 90,937 124,271 30,088 28,291
Fluence 67,344 65,421 76,772
SM5/Latitude 71,675 76,363 53,987 64,473 88,470 44,432 39,838
SM7 17,807 15,081 14,433 18,143 13,779 7,778 6,468
Laguna 73,065 99,512 81,453 46,919 52,267 30,926 33,993
Espace 41,432 40,674 21,672 15,212 16,876 9,881 10,117
Vel Satis 4,683 2,812 1,685 1,179
QM5/Koleos 5,241 55,139 28,925 48,749 24,089 31,433
Wind 8,397 1,450 4,759
乗用車合計 2,054,385 2,189,363 2,001,377 1,963,715 2,258,285 1,235,358 1,289,408
Kangoo 232,647 227,264 216,630 151,196 162,729 94,601 100,260
Master 105,789 119,120 98,387 59,047 89,802 47,319 60,961
Mascott 17,413 7,585 8,399 5,706
Pick-up 1310 11,208
Trafic II 107,279 115,904 96,225 58,583
商用車合計 474,336 469,873 419,641 215,949 311,114 141,920 161,221
その他 10,907 6,637 8,641
総合計 2,528,721 2,659,236 2,421,018 2,179,664 2,580,306 1,383,915 1,459,270
資料:Renault Annual Report, Earnings Report 1H 2011
(注) 1. 2010年はMavel社のデータ。
2. 商用車 Kangoo には、乗用車 Kangoo を含む。
3. GM、日産向けにRenaultが生産する車両は含まない。
4. 2006-2008年は、GM、日産が生産するRenaultブランドの車両の一部を含む。

 



2011年の売上高:2010年の390億Euroを上回る見込み

 Renaultの2011年1-6月の売上高は前年同期比7.3%増の211.0億Euroだが、営業利益は19.2%減の6.3億Euroとなった。減益の要因は、日本の震災による部品供給の遅れ、原材料の高騰のほか、ラインアップの多くがモデル末期であるため欧州での需要が減少したことが挙げられる。震災による損失として、Renaultは同期に1.5億Euroを計上した。

 2011年1-9月の売上高は8.7%増の308.5億Euro (Renaultは四半期毎の利益は発表しない)。

 2011年通期の売上高について、Renaultは前年の389.7億Euroを上回ると見込んでいる。また、自動車部門の営業フリーキャッシュフローは5億Euro以上、資本投資とR&D費が売上高に占める比率は9%以下と予想している(2011年10月時点)。

Renault Group の連結業績

(100万Euro)
2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
2010年
1-9月
2011年
1-9月
Revenues Automobile 39,190 36,241 32,415 37,654 19,017 20,143 27,046 29,402
Finance 1,492 1,550 1,297 1,317 651 958 1,333 1,444
Total 40,682 37,791 33,712 38,971 19,668 21,101 28,379 30,846
Operating margin
in % of revenues
1,354
3.3%
212
0.6%
(396)
-
1,099
2.8%
780
4.0%
630
3.0%
n.a. n.a.
Associated income from Nissan Motor 1,288 345 (902) 1,084 460 441
Group pre-tax income 2,989 761 (2,920) 3,548 1,003 1,248
Group net income 2,734 599 (3,068) 3,490 823 1,253
Renault net Income 2,669 571 (3,125) 3,420 780 1,220

資料:Renault Annual Report 2010, Earnings Report H1 2011, Key Figures - Revenues Q3 2011

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>