第一汽車集団:2015年までに販売台数500万台の達成を目指す

生産能力の拡張や自主ブランド、新エネルギー車事業の推進に注力

2011/12/27

要 約

 第一汽車集団は2015年までに販売台数を2010年度比で約2倍にあたる500万台に拡大し、市場シェア20%、売上高6,000億元を達成する計画。同社の2010年度販売台数は前年比31.6%増の256万台で、売上高は同41.7%増の2,927億元であった。

 グループ傘下の乗用車メーカーでは、生産能力の拡張や自主ブランドの開発などに注力している。外資系合弁メーカーの一汽トヨタや一汽VWのほか、自主ブランド系メーカーの一汽海馬汽車、一汽吉林汽車でも新工場を建設中。自主ブランド事業では、2012年に一汽VWの「開利(Kaili)」がテスト走行を開始するほか、一汽轎車の「欧朗(Oley)」が市場投入される見通し。

 第一汽車集団は新エネルギー車事業も推進する計画。2015年までに98億元を投じ、新エネルギー車16車種を開発するとしている。



乗用車メーカー各社の工場別生産能力

 乗用車メーカーでは生産能力拡張の動きが加速しており、2015年までに少なくとも4つの完成車工場が竣工する見込み。同時にエンジンの生産能力を増強するメーカーもあり、一汽VWが新たなエンジン工場を着工したほか、一汽轎車でも既存工場の拡張工事を行っている。

第一汽車グループ 乗用車メーカー生産能力

(単位:台)
会社名 所在地 工場 2011年 将来計画 乗用車生産モデル
トヨタとの合弁
天津一汽豊田汽車有限公司
(以下、天津一汽トヨタ)
天津市 西青工場 12万 12万 威馳(Vios), 花冠EX(Corolla EX)
泰達工場 30万 30万 皇冠(Crown), 鋭志(Reiz),
卡羅拉(Corolla), RAV4
四川一汽豊田汽車有限公司
(以下、四川一汽トヨタ)
四川省
成都市
成都工場 3万 3万 普拉多(Land Cruiser Prado),
柯斯達(Coaster)
吉林省
長春市
長春
現有工場
1万 1万 蘭徳酷路澤(Land Cruiser 200),
普鋭斯(Prius)
長春
新工場
2010年4月
着工
10万
(2012年
前半稼動)
卡羅拉(Corolla)
2社合計 46万 56万
VWとの合弁
一汽-大衆汽車有限公司
(以下、一汽VW)
吉林省
長春市
第1工場 66万 66万→n.a. 奥迪A4L(Audi A4L), 奥迪A6L(Audi A6L),
奥迪Q5(Audi Q5), 捷達(Jetta),
速騰(Sagitar), 邁騰(Magotan),
新宝来(New Bora),
高爾夫A6(Golf A6), CC
第2工場
四川省
成都市
第3工場 35万
(2011年
10月稼動)
45万
(2013年)
新型捷達NF(Jetta NF), 新型速騰(Sagitar)
広東省
佛山市
第4工場 2011年4月
着工
30万
(2013年8月
稼動)→
60万(2015年)
高爾夫A7(Golf A7),
奥迪A3 Sportback(Audi A3 Sportback),
奥迪A3 Sedan(Audi A3 Sedan),
自主ブランドEV「開利(Kaili)」
合計 101万 171万
(2015年)
GMとの合弁
一汽通用軽型商用汽車
有限公司
(以下、一汽GM軽型商用汽車)
雲南省
曲靖市
現有工場 *10万 *10万 自由風(Freewind)
自主ブランド系メーカー
一汽轎車股份有限公司
(以下、一汽轎車)
吉林省
長春市
第1工場 20万 20万 馬自達6(Mazda6),
馬自達6睿翼(Mazda6 Ruiyi),
馬自達8(Mazda8)
第2工場 20万
(2010年
7月稼動)
20万 奔騰(Besturn), 紅旗(Hongqi),
新自主ブランドセダン「欧朗(Oley)」
合計 40万 40万
天津一汽夏利汽車股份有限公司
(以下、一汽夏利汽車)
天津市 第1工場 18万 18万 夏利(Xiali), 威姿(Vizi), 威楽(Vela),
威志(Weizhi), 威志V2(Weizhi V2)
第2工場
華利工場
(第3工場)
15万
(2011年
6月稼動)
15万 夏利N5(Xiali N5)
n.a. 第4工場 計画中 20万
(2013年末
稼動)
A級車
合計 33万 53万
一汽海馬汽車有限公司
(以下、一汽海馬汽車)
海南省
海口市
第1工場 15万 15万 福美来(Family), 海馬3(Haima3),
丘比特(Haima2), 普利馬(Freema),
騎士(Haima7)
第2工場
第3工場 2008年8月
着工
15万
(2015年まで
に稼動)
合計 15万 30万
一汽吉林汽車有限公司
(以下、一汽吉林汽車)
吉林省
吉林市
現有工場 *20万 *20万 佳宝(Jiabao), 森雅(Xenia)
新工場 2010年6月
着工
*40万
(2012年6月
末稼動)
V80, M80シリーズ
合計 20万 60万
一汽新能源汽車分公司 吉林省
長春市
新工場 1万 1万 奔騰PHV(Besturn PHV),
奔騰EV(Besturn EV)
第一汽車集団 乗用車生産能力合計 271万 421万(2015年)
資料:各社HP、各種報道より作成
(注) 1. 「*」印は商用車の生産能力も含む。
2. 当レポートでは、括弧で示した略称の企業名を使用する。
3. 四川一汽トヨタの長春新工場は2008年に起工式を実施したが、本格的な工場建設に着工したのは2010年4月となる。長春工場の正式名は「四川一汽豊田汽車有限公司長春豊越公司」。
4. 一汽トヨタのモデルのうち、「威馳(Vios)」はトヨタが中国や東南アジア向けに開発したサブコンパクトセダン。「花冠EX(Corolla EX)」はトヨタの9代目「Corolla」で、10代目「Corolla」を「卡羅拉(Corolla)」の名称で発売した後も継続して販売している。以前は「花冠(Corolla)」と呼ばれていた。「鋭志(Reiz)」はトヨタの「Mark X」。「蘭徳酷路澤 (Land Cruiser 200)」は中国で2007年に発売したトヨタの7代目「Land Cruiser」。旧型モデルは「陸地巡洋艦(Land Cruiser)」の名称で販売していた。
5. 一汽VWの第4工場の正式名は、「一汽-大衆汽車有限公司佛山分公司」。生産能力60万台のうち、30万台はAudiブランドの生産に充てる計画。2013年の稼動時までにAudi15万台の生産能力を整備し、2015年の全工事完了までに30万台に拡大する。このほか、吉林省長春市の既存工場でもAudiの生産能力を現在の30万台から40万台に拡大するとしており、2015年には70万台規模のAudi生産体制が構築される見通し。
6. 一汽VWのモデルのうち、「捷達(Jetta)」はVWの2代目「Jetta」、「速騰(Sagitar)」は5代目「Jetta」の現地生産車。「新宝来(New Bora)」は一汽VWが中国市場をターゲットに自主開発し、2008年に発売した新モデル。「邁騰(Magotan)」は「Passat」の中国名で、2007年に6代目(B6)、2011年7月に7代目(B7)が現地生産化された。「奥迪A4L(Audi A4L)」と「奥迪A6L(Audi A6L)」は、「Audi A4」と「Audi A6」のロングホイールベースモデル。
7. 一汽GM軽型商用汽車の現有工場の正式名は、「一汽通用紅塔雲南汽車製造有限公司」。MPVのほか、軽型トラックも生産する。
8. マツダ車については、一汽馬自達汽車銷售有限公司(第一汽車集団、一汽轎車、マツダの3社が共同出資する販売会社。以下、一汽マツダ)の委託を受けた一汽轎車が生産している。「馬自達6(Mazda6)」はマツダの初代「Atenza」で、「馬自達6睿翼(Mazda6 Ruiyi)」は中国で2009年に発売された2代目「Atenza」。「馬自達8(Mazda8)」はマツダの「MPV」。一汽マツダでは現地生産車の販売ほか、MPV「Mazda5」(Premacy)、SUV「CX-7」、ロードスター「MX-5」の輸入販売も行っている。
9. 一汽轎車の第2工場は、2010年7月に稼動し、同年10月から量産を開始した。
10. 一汽夏利汽車の華利工場の正式名は、「天津一汽華利汽車有限公司」。一汽華利汽車は2008年に一汽夏利汽車によって買収された。
11. 一汽新能源汽車分公司の正式名は「中国第一汽車集団公司新能源汽車分公司」。2010年8月に設立された新エネルギー車及び関連部品の製造会社。所在地は吉林省長春市淨月開発区。敷地面積は約6万平方メートルで、すでに1万台の生産能力(1直)を有している。

一汽VW、成都市でEA211エンジン工場を着工

 一汽VWは2011年7月、四川省成都市でVWの中小型エンジン「EA211」プロジェクトを始動した。第1期工事で45万基の年産能力を整備し、第2期工事で60万基に拡大する。2013年3月をめどに全工事を完了する計画。「EA211」は中国で欧州排出ガス基準「ユーロV」に適合する初の量産エンジンとなる。成都市の第3工場と2013年に稼動予定の広東省佛山市の第4工場に供給する予定。

資料:第一汽車集団リリース(2011.7.18)、一汽VWリリース(2010.2.8、2011.7.21/10.25)、各種報道
(注) 一汽VWは2010年2月にもVW製のエンジン工場を稼動している。吉林省長春市で2007年に着工したプロジェクトで、欧州排出ガス基準「ユーロⅣ」に適合する「EA111」シリーズエンジン(1.4L TSIと1.6L MPI)計30万基の年産能力を整備した。

 

一汽轎車、2012年に乗用車エンジンの年産能力を40万基に拡大

 第一汽車集団は2010年8月、吉林省長春市の汽車産業開発区で、乗用車エンジンの生産能力拡張工事を着工した。同工事では傘下の自主乗用車メーカー、一汽轎車のパワートレイン工場を拡張する。新たに20万基の年産能力を整備する計画で、2012年に竣工した後、既存能力と合せて計40万基の年産能力を形成する見込み。
 竣工後に投入予定のエンジンは、同年7月に運転試験に成功した「CA4GB」シリーズエンジン。1.6Lエンジンと1.4Lターボエンジンがあり、「奔騰(Besturn)」シリーズ向けに傘下の技術センターで自主開発された。中国排出ガス基準「国V」に適合する。

資料:一汽轎車リリース(2010.8.17)、第一汽車集団リリース(2010.7.14/8.16)、各種報道

 



乗用車メーカーの新自主ブランド開発

 第一汽車集団は2015年の販売目標500万台うち、200万台は自主ブランドの売上とする計画。2011年は一汽VWの自主ブランドEV「開利(Kaili)」がメディアに報じられたほか、一汽轎車の自主ブランドセダン「欧朗(Oley)」が正式に発表された。

一汽VW、2012年に自主ブランドEV「開利」のテスト走行を実施

 一汽VWは2011年5月、初の自主ブランド電気自動車(EV)「開利(Kaili)」が工業情報化部の審査を通過し、新車目録に掲載された。「開利」は車体サイズが全長4,540mm×全幅1,775mm×全高1,446mmで、軸距は2,610mm。電力量20kWhのリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載し、航続距離は150kmに達している。急速充電の場合はわずか10分で80%のチャージが可能。最高速度は135km/h。2012年上半期に広東省佛山市でテスト走行する予定。現地メディアでは2013年に同市に建設中の第4工場で生産を開始する見通しと報じられている。

資料:一汽VW公式HP、各種報道

 

一汽轎車、2012年に自主ブランドセダン「欧朗」を発売

 一汽轎車は2011年11月、第9回広州モーターショー前夜に自主ブランドA0級セダン「欧朗(Oley)」を発表した。「欧朗(Oley)」の由来はスペイン語の「Ole」で、「激情、活力、流行、運動」をテーマに若年層市場を開拓する。車体サイズは全長4,485mm×全幅1,660mm×全高1,465mmで、軸距は2,525mm。第一汽車集団が自主開発した1.5Lエンジンを搭載する。2010年に稼動した吉林省長春市の第2工場で生産し、2012年3月に8万~10万元で市場投入する予定。将来的には2box仕様も設定する見通し。

資料:一汽轎車リリース(2011.11.22)、第一汽車集団リリース(2011.11.21)、各種報道

 



第一汽車集団の新エネルギー車戦略

 第一汽車集団の徐建一董事長は、2011年上海モーターショーで、低炭素・省エネルギー技術戦略「藍途戦略」を発表した。同社はガソリン、ディーゼル車の技術向上を図るほか、2015年までに新エネルギー車16車種を開発する計画。同戦略の一環として、8月に吉林省長春市で自主開発のPHV、EVをラインオフした。

第一汽車集団、低炭素・省エネ技術戦略「藍途戦略」を発表

 第一汽車集団が発表した低炭素・省エネルギー技術戦略「藍途戦略」によると、同社は2015年までに第3弾となる国の燃費基準(注)を更に8%向上した乗用車を投入し、第3弾以降の燃費基準に適合する中核技術を開発する計画。同社は目標達成に向け、ガソリン車やディーゼル車の低炭素・省エネ技術を向上するとともに、新エネルギー車開発を推進する方針。
・ガソリン車やディーゼル車については、これまで培ってきた技術をベースに、燃費向上や軽量化、摩擦や空気抵抗の低減、エネルギー利用効率の向上などに取り組む計画。
・新エネルギー車については、2015年までに98億元を投じ、事業化に向けた製品開発や生産準備を進める予定。EV、HV、PHV仕様の乗用車、及びEV、HV仕様の商用車を含む計8つのプラットフォームを構築し、乗用車13車種、商用車3車種を開発するとしている。

資料:第一汽車集団リリース(2011.8.22)、一汽客車有限公司リリース(2011.4.21)、各種報道
(注) 第3弾の燃費基準は、2012年に施行される見通し。2010年に公表された申請草案によると、中国は2015年に乗用車の平均燃費を7L/100km、CO2排出量を167g/kmに向上する計画。第3弾では新たに企業平均燃費制度(Corporate Average Fuel Consumprion、略CAFC)を導入するとしている。

第一汽車集団、自主開発エンジン3機種の運転試験に成功

 第一汽車集団は2011年7月、同社の技術センターで自主開発した3機種の新型エンジン「CA3GA10」、「CA4GA13TD」、「CA4DH1」の運転試験を成功した。







・「CA3GA10」はA00級エコノミー乗用車、ミニバン、HV向けの1.0L 3気筒エンジン。リッターあたり出力は52kW、 トルクは92Nm。電子制御式多点燃料噴射システムや連続可変バルブタイミング機構、電子制御スロットルシステム、サイレントチェーン伝動装置など最新技術を多数採用。また、ステンレスやマグネシウム・アルミニウム合金、プラスティック等の素材を使用し、5%の軽量化を実現した。中国排出ガス基準「国V」に適合。
・「CA4GA13TD」はSUV、HV、A0級車向けの2バルブ直噴ターボエンジン。リッターあたり出力は65kW、 トルクは150Nm/L。ガソリン直噴システムは自主開発したECUを使用して自社で構築した。このほか、軽量化技術や摩擦、騒音低減技術のほか、低炭素燃焼システムなどを採用。中国排出ガス基準「国V」に適合する。
・「CA4DH1」は独DEUTZ社製2バルブディーゼルエンジンをベースに新開発した4バルブの4Lディーゼルエンジン。中・軽型商用車に搭載する。出力は130~180ps。自社で構築した1800barの電子制御式高圧コモンレール噴射システムを採用。中国排出ガス基準「国Ⅳ」、「国V」に適合する。

資料:第一汽車集団リリース(2011.7.13)、各種報道
(注) 中国排出ガス基準「国Ⅳ」は2011年7月から全面的に実施された。「国Ⅴ」は未施行だが、北京市では2012年に導入する予定。

第一汽車集団、長春市で新エネルギー乗用車をラインオフ

 第一汽車集団傘下の中国第一汽車集団公司新能源汽車分公司は、2011年8月、吉林省長春市で新エネルギー乗用車20台のラインオフ式を開催した。今回ラインオフした新エネルギー車は、同社が2009年に開発を始めたプラグインハイブリッド車「奔騰PHEV」と電気自動車「奔騰EV」。長春市は国家が推進する個人向け新エネルギー車の普及促進モデル都市に選ばれており、同日には同市の個人ユーザー20名に鍵が引き渡された。







・「奔騰PHEV」は、都市部ではEVモード、高速道路や長距離ドライブではHVモードで走行する。燃費はNEDC(新欧州ドライビングサイクル)で3.2L/100km。
・「奔騰EV」は動力システムに永久磁石同期モーターを採用、最高出力は90kW。また、リチウムイオン電池を搭載し、標準電力量は20kWhとなっている。知的財産権を保有する車両制御ユニットも搭載し、故障箇所の識別や処理機能、ブレーキエネルギー回生機能などを有している。

資料:第一汽車集団リリース(2011.8.22)、各種報道

 



乗用車メーカー各社の新車投入状況と計画(2011年以降)

トヨタとの合弁

現地生産車
新 RAV4 2011年8月  SUV「RAV4」の新型モデル。新たに2.0L 4WD仕様が設定された。価格は18.78~26.98万元。
3代目普鋭斯(Prius) 2012年初め  トヨタは2011年12月19日、長春市の既存工場で3代目「Prius」の生産を開始したと発表した。ハイブリッドコンポーネントは日本から輸入するが、2015年前後をめどにコンポーネントの現地生産も開始する。2代目の1.5Lエンジンに代わり、3代目では新開発した1.8Lエンジンを搭載。燃費も2代目の4.7L/100kmから4.3L/100km(中国の総合モード燃費)に向上した。2012年初めに市場投入する計画。

資料:トヨタ(中国)リリース(2010.10.28、2011.11.21/12.19)、第一汽車集団リリース(2011.8.26)、日刊自動車新聞(2011.12.20付記事)、各種報道
(注) トヨタは2010年末、天津市で中国汽車技術研究中心(CATARC)と共に「Prius PHV」の実証実験を開始した。この実験は2012年4月に終了し、2013年には「Prius PHV」の輸入販売が開始される見通し。輸入車の販売ルートや現地生産化の時期については明らかにされていない。

マツダブランドの受託生産

輸入車
新型 Mazda5 2011年1月  2010年ジュネーブモーターショーで世界初公開されたマツダの3代目「Premacy」。一汽マツダを通じて16.48~19.18万元で輸入販売を開始した。
現地生産車
新型 馬自達6
(Mazda6)
2012年  一汽マツダは第9回広州モーターショーで、2012年に現地生産車3車種(Mazda6、Mazda6 Ruiyi、Mazda8)の新型モデルを投入すると発表した。
新型 馬自達6睿翼
(Mazda6 Ruiyi)
新型 馬自達8
(Mazda8)

資料:一汽轎車リリース(2011.1.14/11.22)、第一汽車集団リリース(2011.1.12/11.21)、各種報道

VWとの合弁

輸入車(Audi)
新型 Audi A8L 2011年2月  「A8」のロングホイールベースモデル。新型ではフルタイム4WDシステム「クワトロ(Quattro)」やアクティブセーフティシステム「Audi pre sense」を標準装備した。価格は92.8~136.2万元。
Audi R8 Spyder 2011年7月  オープンスポーツカー。5.2L V10 FSIエンジンを搭載、AMT「R tronic」を組み合わせる。エンジン重量は軽量化によりわずか258kg。価格は249.8万元。
Audi A3 Sportback
2012年モデル
2011年8月  1.8Lまたは1.4L TFSIエンジンを搭載、7速S-tronicを組み合わせる。
Audi Q7
2012年モデル
2011年8月  3.0L V6 TFSIエンジンを搭載、8速Tiptronicを組み合わせる。価格は82.1~131.9万元。
Audi A1 2011年10月  Audi初のA0級モデル(ハイエンド小型車)。2011年上海モーターショーで中国に初公開された。1.4L TFSIエンジンを搭載、7速S-tronicを組み合わせる。燃費は5.5L/100km(中国の総合モード燃費)。価格は22.48~28.98万元。
Audi A7 Sportback 2011年11月  クーペ、セダン、ワゴンの要素を融合したラグジュアリー4ドアクーペ。2011年上海モーターショーで中国に初公開された。2.8L FSIまたは3.0L TFSIエンジンを搭載、7速S-tronicを組み合わせる。フルタイム4WDシステム「クワトロ(Quattro)」を標準装備。価格は72.8~95.8万元。
Audi R8 Limited Edition 2011年11月  2011年広州モーターショーで世界初公開され、限定30台で発売された。価格は262.8万元。中国ユーザー向けに「Audi R8 Coupe 5.2 FSI Quattro」をベースとして開発された。
Audi Q5 hybrid 2012年  Audi初のフルハイブリッド量産車。2011年上海モーターショーでアジア初公開された。現地生産化の見通しもあり。
現地生産車(Audi) 
Audi A6L 2011年モデル 2011年1月 C級車「A6L」の新型モデル。価格は35.50~69.99万元。「A6L」は2005年に発売されて以来、すでに累計45万台(2011年1月発売時点)を販売している。
Audi A4L 2012年モデル 2011年8月 2012年モデルでは1.8L TFSIエンジンに6速MTを組み合わせた新仕様を追加。同仕様の価格は27.28万元で、燃費は7.5L/100km(中国の総合モード燃費)。
Audi Q5 2012年モデル 2011年11月 2012年モデルでは市場ニーズを反映し、多機能レザーステアリング、ドリンクホルダー用保冷・加熱制御装置を標準装備した。価格は38.36~56.77万元。
新型 Audi A6L 2012年初め  「A6L」の新型モデル。新たにHV仕様も追加される見通し。一汽VWは、2012~2013年に全ての現地生産モデルにHV仕様を設定するとしている。
Audi Q3 2012~2013年  吉林省長春市の工場で現地生産する見通し。
Audi A3 不明  広東省佛山市の新工場で現地生産する見通し。
現地生産車(VW)
CC 2011年モデル 2011年4月  2011年上海モーターショーで販売開始。2011年モデルには新たに5シート仕様、1.8L TSIエンジン仕様を設定。
新型 邁騰(Magotan) 2011年7月  7代目「Passat」の現地仕様車(ロングホイールベースモデル)。一汽VWとVWが中国人ユーザーをターゲットに共同開発した。軸距は欧州仕様より100mm、旧型より103mm長い2,812mm。価格は19.98~33.48万元。
新宝来(New Bora) 2012年モデル  2011年9月  A級セダン「新宝来」の新型モデル。引き続きEA111シリーズの1.6Lエンジンまたは1.4L TSIエンジンを搭載、5速MT、6速Tiptronicまたは7速DSGを組み合わせる。
CC 2013年モデル 2012年前半  2011年ロサンゼルスモーターショーで発表された。中国では2012年前半に現地生産化する見通しと報じられている。
新速騰(New Sagitar) 2012年2月  6代目「Jetta」の現地仕様車。A級セダン「速騰(Sagitar)」のモデルチェンジ車として成都市の第3工場で生産する。「EA111」シリーズの1.4L TSIエンジン、1.6L自然吸気エンジン、または「EA888」シリーズの1.8L TSIエンジンを搭載する。
宝来GP(Bora GP) 2012年末  「新宝来」のモデルチェンジ車。吉林省長春市の第1工場で生産される。「宝来GP」が発売された後、既存モデルは生産停止となる。2013年の生産目標は約19万台で、毎月1.6万台を販売する予定。
高爾夫A7(Golf A7) 2013年以降  第4工場(広東省佛山市)の第1弾量産モデルとなる見通し。
捷達NF(Jetta NF) 2013年2月  A級セダン「捷達」の新型モデル。成都市の第3工場で2012年10月から量産を開始する。VWの中小型エンジン「EA211」シリーズを搭載すると見られる。
現地生産車(自主ブランド)
開利E88 2013年末以降  一汽VWの自主ブランドEV。2013年末に第4工場(広東省佛山市)で生産開始となる見通し。

資料:第一汽車集団リリース(2011.3.1/3.23/7.4/8.3/8.5/8.16/10.10/11.20/11.23/11.28)、VW(中国)リリース(2011.7.28)、一汽VWリリース(2011.1.14/3.1/4.19/4.20/9.20/11.21/11.23/11.25/11.30)、各種報道

一汽轎車

奔騰B70
2011年モデル
2011年5月  自主ブランドB級セダン。既存モデルを計77ヵ所改良。また、第一汽車集団傘下のIT企業、啓明信息技術股份有限公司が開発したテレマティクスシステム「D-Partner」を初搭載している。
奔騰B50
2012年モデル
2011年10月  自主ブランドA級セダン。既存モデルを計16ヵ所改良。装備面では、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)やオプティカルパーキングシステム(OPS)、防眩ミラーを搭載、安全性能を向上した。
奔騰B30 2012年前半  2011年上海モーターショーに出展されたコンセプトカー「GO」の量産スポーツセダン。全長4,520mm×全幅1,710mm×全高1,400mmで、軸距は2,525mm。2boxと3box仕様を設定。1.5Lエンジンまたは1.4Lターボエンジンを搭載する。都市部の若年層市場をターゲットに展開する予定。
欧朗(Oley) 2012年3月  2011年11月に発表された自主ブランド乗用車。価格は8~10万元で、若年層をターゲットに販売展開する計画。
奔騰B90 2012年後半  2011年上海モーターショーに出展されたコンセプトカー「B9」の量産ハイエンドセダン。中国の富裕層をターゲットに開発された。2012年の北京モーターショーで初公開される見通し。
奔騰SUV 2013年前半  2011年上海モーターショーに出展されたハイエンドSUVのコンセプトカー「X」。2012年末に量産を開始、2013年前半に市場投入する見通し。
紅旗C131 2013年  自主ブランド高級車。2.0Lターボエンジン、または2.5L、3.0Lエンジンを搭載。
奔騰MPV 2014年  多様化する需要への対応措置として投入。

資料:一汽轎車リリース(2011.5.19/5.19/10.13)、第一汽車集団リリース(2011.10.12)、各種報道

一汽夏利汽車

威志V5 2012年  A0級セダン「威志」のモデルチェンジ車。全長4,300mm×全幅1,680mm×全高1,500mmで、軸距は2,425mm。1.5Lエンジンを搭載。
夏利 新N3 2012年  A00級車「夏利N3」のモデルチェンジ車。全長4,070mm×全幅1,615mm×全高1,385mmで、軸距は2,370mm。1.3Lエンジンを搭載、5速MTを組み合わせる。
クロスオーバー
「R008」
2012年末  2011年上海モーターショーに出展されたA00級コンセプトカー。全長3,920mm×全幅1,645mm×全高1,485mmで、軸距は2,405mm。1.3Lエンジンを搭載、5速MTを組み合わせる。
A級車「C011B」 2013年  一汽夏利汽車初のA級車。第一汽車集団が自主開発したA級プラットフォームで開発する。パワートレインには「CA4GB」エンジンを搭載、6速MTまたは7速DCTを組み合わせる。「CA4GB」も第一汽車集団がA級車向けに開発した自主エンジン。

資料:各種報道
(注) 上記4車種のほか、2015年までにA00級プラットフォームから2車種(A00級車、夏利N5)、A0級プラットフォームから3車種(CUV、威志V2/V3)、A級プラットフォームから2車種(2boxカー、SUV)の計7車種を新モデルとして投入する計画。同年には製品ラインナップを現在の5車種から11車種に拡充し、販売台数を60万台に増加するとしている。

一汽海馬汽車

丘比特
2011年モデル
2011年2月  A0級車「丘比特」のモデルチェンジ車。1.3Lまたは1.5Lエンジンを搭載。価格は5.39~6.89万元。
普力馬
2012年モデル
2011年6月  5人乗りと7人乗り仕様で計6タイプを発売。価格は7.98~10.18万元。
新型 海福星 2011年7月  A級車「海福星」のモデルチェンジ車。新型の1.3Lエンジンを搭載し、燃費を6.3L/100km(中国の総合モード燃費)まで向上した。価格は5.98と6.68万元。
騎士 2012年モデル 2011年9月  初代は2010年に初のSUVモデルとして発売された。2012年モデルには新たに5速AMTを追加、ラインナップを充実している。価格は11.38~15.28万元。
B級車 2013年  一汽海馬初のB級轎車(セダン、ハッチバック)。2012年に発表、2013年に発売予定。一汽海馬はB級車市場へ注力し、A0級車の新モデル投入を停止する意向と報じられている。
中大型SUV、
大型MPV
2015年以前  詳細不明

資料:海馬投資集団リリース(2011.2.22/6.3/7.19/9.21)、各種報道

一汽吉林汽車

佳宝V70 2011年モデル 2011年3月  ミドル・ハイエンド市場を対象としたミニバン。2011年モデルは動力性能の高いエンジンを搭載、燃費を同クラスのミニバンより10%向上した。
V80 2012年以降  「森雅」のプラットフォームをベースとするMPV。2011年3月に生産準備を開始、2012年6月に稼動予定の新工場で生産する。

資料:一汽吉林汽車リリース(2011.3.6)、第一汽車集団リリース(2011.3.6/3.31)、各種報道

 



乗用車メーカー各社のモデル別販売台数

 2010年度のグループ販売台数は、前年比31.6%増の256万台となった。うち、外資系合弁メーカーの一汽トヨタは前年比21.1%増の51万台、一汽VWは同30.0%増の87万台と比較的好調に伸長した。2011年1~10月の累計で見ても、それぞれ前年同期比で4.3%増、17.7%増とプラス成長を維持している。

 一方、自主ブランド系メーカーは、2010年度は各社ともに前年比を上回ったものの、2011年1~10月の累計で見ると、一汽轎車が前年同期比6.6%減、一汽吉林汽車が同4.2%減と小幅ながらマイナスに落ち込む結果となった。2011年は自主乗用車市場が低迷する傾向にあり、その影響とも見られる。

第一汽車グループ 販売台数

(単位:台)
2008年 2009年 2010年 2010年
1-10月
2011年
1-10月
グループ合計 1,532,923 1,944,576 2,558,166 2,072,578 2,127,116
乗用車販売台数内訳(モデル別)
トヨタとの合弁
天津一汽トヨタ 轎車 威馳(Vios)(Beltaベース) 36,865 42,675 34,689 31,610 10,119
花冠EX(Corolla EX) 52,249 57,111 82,743 59,260 94,065
皇冠(Crown) 45,427 32,856 45,161 39,359 23,002
鋭志(Reiz) 46,953 44,287 51,784 37,812 51,574
卡羅拉(Corolla) 165,270 157,457 172,053 135,297 135,112
*普鋭斯(Prius) 899 271 1 0 0
SUV RAV4 68,212 98,057 78,571 75,245
四川一汽トヨタ SUV 蘭徳酷路澤 (Land Cruiser 200) 4,734 2,524 6,149 4,528 5,682
普拉多(Land Cruiser Prado) 13,648 11,906 15,294 11,082 17,097
一汽トヨタ合計 「柯斯達(Coaster)」を除く(注2) 366,045 417,299 505,931 397,519 411,896
VWとの合弁
一汽VW 轎車 捷達(Jetta) 202,303 224,857 224,523 191,771 184,578
速騰(Sagitar) 75,456 98,712 112,887 95,908 107,255
邁騰(Magotan) 52,506 67,018 78,859 64,881 67,077
*宝来(Bora) 43,602 15 0 0 0
新宝来(New Bora) 15,629 124,357 172,537 142,557 167,847
*高爾夫(Golf) 3,576 0 0 0 0
*高爾夫A4(Golf A4) 1,403 1 1 0
高爾夫A6(Golf A6) 5,815 57,517 47,315 84,359
CC 17,353 12,520 31,263
*奥迪A4(Audi A4) 19,731 0 0 0 0
奥迪A4L(Audi A4L) 40,978 58,466 48,475 71,873
奥迪A6L(Audi A6L) 86,105 106,025 115,353 95,767 92,755
MPV *開迪(Caddy) 45 0 0 0 0
SUV 奥迪Q5(Audi Q5) 32,483 25,439 46,031
一汽VW合計 498,953 669,180 869,979 724,634 853,038
GMとの合弁
一汽GM軽型商用汽車 轎車 *幸福使者(Xingfu Shizhe)(Moveベース) 970 179 0 0 9
MPV 自由風(Freewind) 929 978 1,270 1,201 125
一汽GM合計 1,899 1,157 1,270 1,201 134
自主ブランド系メーカー
一汽轎車 轎車 *紅旗明仕 719 0 0 0 0
*紅旗世紀星 1 0 0 0 0
紅旗その他 1,548 776 193 189 2
奔騰(Besturn) 47,750 88,360 132,212 109,271 95,798
馬自達6(Mazda6) 69,794 81,648 94,369 74,239 75,014
馬自達6睿翼(Mazda6 Ruiyi) 17,357 43,082 32,575 26,781
MPV 馬自達8(Mazda8) 1,088 5,122
一汽轎車合計 119,812 188,141 270,944 216,274 202,717
一汽夏利汽車 轎車 夏利(Xiali)(Charadeベース) 120,970 147,531 198,653 155,506 158,787
威姿(Vizi)(Vitzベース) 1,084 675 166 127 153
威楽(Vela)(Platzベース) 4,670 5,945 4,941 4,260 2,222
威志(Weizhi) 49,914 58,071 38,575 33,366 25,116
威志V2(Weizhi V2) 8,025 3,633 22,987
一汽夏利合計 176,638 212,222 250,360 196,892 209,265
一汽海馬汽車 轎車 福美来(Family)(Familiaベース) 85,427 72,157 62,010 46,333 64,113
海馬3(Haima3) 7,330 9,962 5,953 5,740 1,857
丘比特(Haima2) 3,879 28,641 24,960 15,996
MPV 普利馬(Freema)(Premacyベース) 3,186 5,065 28,135 24,808 17,640
SUV 騎士(Haima7) 15,593 10,677 20,766
一汽海馬合計 95,943 91,063 140,332 112,518 120,372
一汽吉林汽車 MPV 森雅(Xenia) 5,057 8,867 48,499 35,007 32,691
微型バン 佳宝(Jiabao) 21,586 47,181 70,795 50,350 49,113
一汽吉林合計 26,643 56,048 119,294 85,357 81,804
商用車販売台数内訳
バス *「柯斯達(Coaster)」台数含む 4,813 6,474 7,250 5,347 8,169
トラック 79,394 107,782 114,679 94,361 63,945
セミトレーラートラック(牽引車) 50,589 74,685 143,887 124,877 86,509
バスシャシー(非完成車) 6,426 4,204 3,623 2,657 2,637
トラックシャシー(非完成車) 105,768 116,321 130,617 110,941 86,630
資料:MarkLines Data Center、各社HP、各種報道
(注) 1. 「*」のついたモデルは、既に生産を停止している。
2. 一汽トヨタ(天津一汽トヨタと四川一汽トヨタ)、一汽GM軽型商用汽車、一汽吉林汽車の3社については、乗用車のほか商用車も生産している。そのうち、四川一汽トヨタが生産するマイクロバス「柯斯達(Coaster)」の販売台数は、商用車販売台数内訳のバス欄に含まれる。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>