BMW: 2011年の世界販売は過去最高の160万台超の見通し

直噴・ターボの低燃費エンジンとBMW i ブランドで環境対応

2011/11/18

要 約

 BMWの2011年通期見通しでは、世界販売台数は前年比10%増加して過去最高の160万台超、EBIT (金利・税引前利益) も過去最高となる見込み。好調な業績を支えているのは、BMW 5 SeriesやX3、MINI Countrymanなど多数の新型車投入により、ラインナップが若返ったためとしている。2012年には、BMWの最量販モデルである3 Series Sedanの新型車も投入する。

 環境対応では、直噴システムやツインスクロールターボチャージャーで効率を高めた新開発のエンジンシリーズ、EfficientDynamicsエンジンファミリーを発表。今後の3/4/6気筒エンジンは、すべてこの新型エンジンに切り替え、走行性能を維持しながら、燃費規制強化に対応する。

 電動車両では、EV/HVを扱うサブブランド BMW i を立ち上げ、1車種目のEV i3を2013年後半に、やや遅れて2車種目のPHV i8 を発売する計画。

 生産体制では、米国工場でX3の生産開始に伴い、年産能力を5割増の24万台に引き上げた。中国では需要拡大に対応し、第2工場を新設すると共に第1工場の生産能力を増強。中国での合計年産能力を、将来的に30万台まで拡張する。



モデル計画:2012年に新型3 Series Sedan, 2013年にクーペスタイルのSUV X4を投入

 BMW Groupの2011年1-9月の世界販売台数は、前年同期比16.0%増の123.3万台。2011年通期の世界販売も、10%増の160万台超となる見込み。新型車投入が相次ぎ、ラインナップが若返ったことが、販売を後押ししている。

 2010年11月には中型クロスオーバーSUVの新型X3、2011年3月には新型6 Series Convertible、秋には新型 6 Series Coupeと新型1 Seriesを投入。MINIブランドでは、初のツーシーターMINI Coupeを2011年10月に発売した。

 今後は、2012年2月にBMWの最量販モデル 3 Series Sedanの新型車、2012年中にMINIブランドのツーシーター・オープンカーMINI Roadsterを発売する。また、2013年には、X3のクーペ版と位置付けられるSUVの新モデルX4を投入する予定。

BMW Group:新型車投入 (2010年11月~2013年)

発売時期 概要
新型 X3 2010年11月 中型クロスオーバー SUV の 2代目。BMWは SAV (Sports Activity Vehicle)  と呼ぶ。旧型より全長は 85mm、全幅は 25mm大きい。欧州仕様は 2L 直4 直噴ターボディーゼルエンジン/6速MT または 3L 直6 直噴ターボガソリンエンジン/8速ATの組み合わせ。全車、4WDシステム (xDrive) を装備。米国にも同時期に投入。
旧型の生産は、オーストリアの Magna Steyr に委託していたが、新型の生産は BMWの米国 Spartanburg工場に移管した。
新型 6 Series
Convertible
2011年3月 6 Series Convertible の3代目。3月に欧州とアジア、5月に米国他で発売。欧州仕様は、2種の直噴ターボガソリンエンジン (3L 直6/4.4L V8)と 8速AT を設定。引き続き電動ソフトトップを採用。
新型 6 Series Coupe 2011年秋 6 Series Coupe の 3代目。欧州仕様には、直噴ターボエンジン (3L 直6/4.4L V8 ガソリンまたは 3L 直6 ディーゼル) と 8速ATを組み合わせる。
新型 1 Series 2011年9月 プレミアムコンパクト車の 2代目。後輪駆動。旧型よりひと回り大きくなり、快適性が向上。燃費も改善した。直噴ターボエンジン (1.6L ガソリンまたは 2.0L/1.6L ディーゼル) と 8速AT/6速MTを組み合わせる。
MINI Coupe 2011年10月 MINI 初の two-seater 3-box car。MINI ブランドの 5つ目のモデル。欧州で発売後、2011年秋に米国でも発売。
新型 3 Series
Sedan
2012年2月 3 Series Sedan の 6代目。欧州のほか、同時期に米国、中国等でも発売する。旧型より全長は93mm長く、後席乗員のゆとりが増加。直噴ターボエンジン (2L 直4/3L 直6ガソリンまたは 2L 直4ディーゼル) と 6速MT (オプションで 8速AT) を設定。
MINI Roadster 2012年 MINI 初の two-seater のオープンカー。MINI Coupeのオープンバージョンで、MINI ブランドの 6つ目のモデル。手動開閉式のソフトトップ・ルーフを装備。
X4 2013年 SUV の新モデル。X6 と同様、低いルーフラインのクーペスタイルにする見込み。X6 が X5 のクーペ版であるように、X4 は X3 のクーペ版の位置付け。

資料:BMW Press Release 2010.7.15/2010.11.18/2011.7.1, Automotive News 2011.10.3

 



環境対応策:内燃機関の効率性向上と電動車両の導入

内燃機関の効率性向上: 新開発のEfficientDynamics エンジンファミリーの採用開始

 BMW Groupは、高い走行性能を維持しながら、CO2排出量を低減する戦略をEfficientDynamicsと称し、欧米の排出ガス規制強化に対応している。同戦略の柱の1つである内燃機関の効率性向上の分野では、2011年4月のBMW Innovation Dayで、効率を高めたEfficientDynamics エンジンファミリーの構想を発表。今後の3/4/6気筒エンジンはすべて、共通の構造原理を採用し、共有部品を大幅に増加させた、モジュール式エンジンとする。燃焼効率を高めることで、従来型エンジンより出力とトルクが向上すると同時に、燃費も改善する。

 米国の燃費規制強化に対応するために、4気筒エンジンを12年ぶりに米国に再投入した。また、MINIと共通のプラットフォームをベースに前輪駆動小型車を開発し、米国にも投入する計画。

BMW EfficientDynamics エンジンファミリー

モジュール構造 1気筒 500ccのエンジンを基本ユニットとし、ユニットを組み合わせることで、直列 3/4/6気筒のガソリン/ディーゼルエンジンを開発・生産する。最大 60%の部品の共通化により、コスト低減・生産の柔軟性を進める。様々な出力レベルのエンジンの開発が可能。3気筒・4気筒エンジンは縦置き/横置きの両方に適合。この新型エンジンは、共通部品の生産数が大幅に増加するため、従来、収益性を上げるために必要とされていた生産数の1/4で、収益を確保できるとしている。
採用技術 すべてのエンジンは、効率の高い直列エンジンと "BMW TwinPower Turbo" と呼ぶ技術パッケージ (エンジンの可変吸排気機構、燃料の最適燃焼、効率的なターボ過給技術) を採用。
生産 2012年までに独・Munich および オーストリア・Steyr工場に3億Euroを投資し、これらのエンジンを生産する計画 (うち1.6億EuroをMunich工場に投入)。
(例) BMW X1 xDrive28i に搭載した 2L 4気筒ガソリンエンジン
採用技術 ・高精度直噴システム:高圧の燃料を燃焼室内に直接噴射する
・VANOS(バリアブル・ カムシャフト・コントロール):吸気と排気のバルブ・タイミングを最適に調整
・バルブトロニック:吸気バルブのリフト量を連続的に可変制御する
・ツインスクロールターボチャージャー:排出ガスを効率よくエネルギーに変換する
運動/環境性能 ・最高出力 180kW/5,000-6,000rpm (従来の 4気筒エンジンより 55kW向上)
・最大トルク 350Nm/1,250-4,800rpm (自然吸気式 6気筒エンジンをしのぐ性能)
・燃費 (EU cycle) 7.9L/100km (旧モデルより 1.5L低減)
(例) BMW 5 Series 530d xDrive に搭載した 3L 6気筒ディーゼルエンジン
採用技術 ・コモンレール式燃料噴射システム
・可変インテーク・ジオメトリー式ターボチャージャー
運動/環境性能 ・最高出力 190kW/4,000rpm (従来エンジンより10kW向上)
・最大トルク 560Nm/1,500-3,000rpm(20Nm向上)
・燃費 (EU cycle) 5.7L/100km

資料:BMW Group Innovation Day 2011

米国に4気筒エンジンを再投入

 BMWは、米国政府の燃費規制強化方針に対応するため、4気筒エンジンを12年ぶりに米国に再投入する。2011年10月から、新開発の直噴4気筒 TwinPower Turboエンジンを、Z4(オープンカー) と 5 Series (中型セダン) に搭載し、今後、搭載モデルを拡大する。新開発の4気筒エンジンは、従来の6気筒エンジンとほぼ同等の性能を有する。

資料:Automotive News Europe 2011.8.30
(注) 米国燃費規制 (CAFE) は、米国で販売される light vehicle の平均燃費を、MY2011の 27.6mpg から MY2016は 34.1mpg、MY2025は 49.6mpg に引き上げる計画。BMW の MY2011 の平均燃費実績 (4月の暫定値) は、乗用車が29.9mpg、light truck が 25.5mpg。

前輪駆動のコンパクト車の開発

 BMWは、Untere Fahrzeugklasse (ドイツ語で"小型車"の意) (UKL) architectureをベースとする前輪駆動の小型車を開発しており、BMWとMINIブランドを合わせて6~9車種の新型車を導入する計画とされる。BMWブランドのモデルには、小型ミニバンとスポーティな小型ワゴンが含まれる。この新開発の architecture を採用する最初の BMW車は、2014年にも米国に投入される見通し。

資料:Automotive News 2011.5.16/2011.10.3

 

電動車両:2012年にActiveHybrid 5 と 3、2013年に EV i3 と PHV i8 を投入

 電動車両では、2012年に5 Seriesと3 SeriesのActiveHybrid車を発売する。2013年には、EV/HVを扱うサブブランドとして2011年2月に発表した BMW i ブランドのモデルを初投入する予定。まず、 電気自動車 i3、続いてプラグインハイブリッド車 i8 を発売する計画。

 ハイブリッド技術関連では、PSAと合弁で、バッテリーパックや電気モーターの開発・生産会社を設立。ドイツにある研究開発拠点で、2011年10月から始動した。

BMW:電動車両の導入計画

発売予定 概要
BMW
ActiveHybrid 5
2012年春 リチウムイオン電池を採用。3L 直6 直噴ツインスクロールターボガソリンエンジンと 55hp の電気モーターを搭載し、合計出力は 335hp。37mph までは EV走行が可能。
BMW
ActiveHybrid 3
2012年秋 ActiveHybrid 5 と同じハイブリッドシステムを採用。プレミアムセグメントのコンパクトスポーツセダンでは、世界初 (BMW調べ) のフルハイブリッド車。
BMW i3 2013年 BMW i ブランド車の 1車種目で、BMW初の量産 EV となる 4人乗り後輪駆動車。従来の開発名は Megacity Vehicle。世界の主要都市に投入する予定。2011年 7月発表のコンセプト車は、床下にリチウムイオン電池、後部に 125kW のモーターを搭載。航続距離は 130~160km。0-100km/h の加速時間は 8秒弱。
実験車両として2009年からMINI E 600台、2011年からActiveE (1 Series をベース) 1,000台による実証実験を実施しており、駆動コンポーネントやエネルギー・ストレージシステムをテストして、i3 の量産モデルを開発する。
BMW i8 2013-14年 BMW i ブランド車の 2車種目となる、2+2 シートのスポーツカーの PHV。Vision EfficientDynamics と称するコンセプトカーがベース。モーターが前輪を、ガソリンエンジンが後輪を駆動する。リチウムイオン電池はセンタートンネル内に搭載。
電気駆動システムは i3 と同じものを PHV用に変更、エンジンは 164kW の 3気筒ガソリンエンジンを使用。合計最大出力は 260kW。電力のみでの航続距離は 35km。0-100km/h の加速時間は 5秒弱。燃料消費量 (EUサイクル) は 2.7L/100km。

資料:BMW Press Release 2011.7.29, Statement by Dr. Reithofer 2011.11.3

 

BMW と PSA:ハイブリッド技術関連の合弁会社が始動

 2011年10月に、両社折半で1億Euroを投資して設立した、ハイブリッドおよび電気駆動関連技術を開発する合弁会社 BMW Peugeot Citroen Electrification の操業を開始した。新会社は、バッテリーパック、電気モーター、発電機、パワーエレクトロニクス、エネルギーマネジメント用ソフトウェア等の開発・生産を手掛ける。操業を開始した研究開発拠点は独 Munich市にあり、2011年末までに 400人体制とする。生産は2015年から、仏 Mulhouse市で行う予定。製品は他社にも販売する。

資料:BMW Press Release 2011.2.28, PSA Press Release 2011.10.25, 日刊自動車新聞 2011.10.28

 



生産体制:米国工場の年産能力を50%増の24万台へ、中国では第2工場を建設

 BMW Groupは、新型車投入や需要拡大に対応し、各地の工場の生産設備拡充を図っている。新型3 Seriesの生産に際して、ドイツのMunich、Regensburg、南アフリカのRosslynの3工場に計10億Euroを投じて設備を更新し、BMW i ブランド車生産のために、ドイツ・Leipzig工場に4億Euroを投じて工場を拡張する。

 米国では、X3の生産開始に伴い、年産能力を5割増の24万台に引き上げた。中国では需要拡大に対応し、計画当初の2倍にあたる10億Euroを投資して、第2工場を新設すると共に第1工場の生産能力も増強。中国での年産能力は、2011年の10万台から、長期的には30万台となる見込み。

BMW Group の主要完成車工場

生産モデルと最近動向 生産台数 (1,000台)
2008年 2009年 2010年
ドイツ Dingolfing 7 Series, 6 Series, 5 Series, M5, M6 を生産。Rolls- Royce のボディも生産。世界への部品供給基地。アクスル・ドライブの工場棟を新設し、2011年夏から稼働した。 241.3 194.7 287.4
Regensburg 1 Series, 3 Series (Sedan, Coupe, Convertible), M3, Z4, 四輪駆動車を生産。1 Series と 3 Series の chassis 部品も供給。3億Euroを投じて、2011年末までに組立工場を拡張するとともに、部品工場の設備も更新する。 274.0 250.5 244.0
Munich 3 Series の Sedan と Touring を生産。6/8/10/12気筒エンジン、M3/M5/M6 用高性能エンジン、プレス部品、ボディ部品も生産。2012年 2月発売の新型 3 Seriesの生産のため、5億Euroを投じて設備を更新した。 202.9 203.9 205.7
Leipzig 1 Series (3ドア車, Convertible, Coupe), X1 を生産。BMW i ブランド車を生産するため、2013年までに4億Euroを投じて工場を拡張する。 150.0 143.5 186.8
英国 Oxford MINI ブランド車 (MINI Countryman以外) を生産。2011年 6月、今後 3年間で 5億ポンドを投じ、MINI の次世代モデル投入に対応すると発表。 235.0 213.7 216.3
GoodWood Rolls-Royce Phantom と Ghost を生産。 1.4 0.9 3.2
米国 Spartanburg X5, X6, Active Hybrid X6, X5 M, X6 M を生産。2010年 9月からの X3 の生産開始に伴い、7.5億ドルを投じて工場を拡張し、年産能力を16万台から 24万台に引き上げた。 170.7 123.0 159.3
南アフリカ Rosslyn 新型 3 Series Sedan と、3 Series の部品を生産。09年10月に新型 3 Series の生産のため、2億Euro を投資して設備を更新した。2010年は、完成車の 3/4 を輸出。 48.0 46.2 49.0
中国 Shenyang 華晨汽車 (Brilliance China Automotive Holdings Ltd.) との合弁。3 Series と 5 Series を生産。2010年秋から中国市場向け 5 Series Sedan ロングボディ仕様を生産。 33.7 36.0 55.6
2011年6月、中国の生産体制への投資額を、09年の計画の 2倍にあたる 10億Euroに増額(華晨汽車と分担)。既存の第 1工場の年産能力を 10万台に倍増、建設中の第 2工場には、20万台の年産能力を整備する。第 2工場は2012年から X1, 3 Series を生産する計画。これにより、長期的には、中国での年産能力は 30万台となる見込み。
オーストリア 委託生産 2010年 8月まで、Magna Steyr に BMW X3 の生産を委託 (新型 X3 の生産は米国へ移管)。2010年 9月からは、MINI Countryman の生産を委託。 82.9 46.0 54.9
他の6カ国 CKD生産 タイ、マレーシア、ロシア、エジプト、インドネシア、インドではCKD生産を実施。 19.1
合計 1,439.9 1,258.4 1,481.3

資料:BMW Annual Report 2010, BMW Group Website, 日刊自動車新聞 2010.10.16, 日経産業新聞 2011.6.10/2011.6.15

 



販売台数:2011年通期は過去最高の160万台超の見込み

 BMW Group の 2011年 1-9月の世界販売台数は、前年同期比 16.0%増の 123.3万台。BMWブランド車は 14.5%、MINIブランド車は 24.1%、Rolls-Royceブランド車は 41.3%増加した。新型車投入により、ラインアップが若返ったことが奏功。BMWブランドでは、新型BMW 5 Series と X5 が引き続き世界販売を牽引している。

 地域別では、ドイツと英国の販売が好調な欧州が10%増、米国販売が拡大した北米が13.9%増、中国販売が大幅増加したアジアが36.8%増で、全地域で販売が増加した。

 2011年通期見通しについてBMWは、海外市場の成長が鈍化の兆しを見せてはいるが、BMW Groupの新型車投入は下半期も続くため、世界販売台数は過去最高の160万台超 (前年比10%増) と予測している(第3四半期決算発表時。当初予想は150万台超)。

BMW Group の販売台数

(台)
2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-9月
2011年
1-9月
BMW 1,126,768 1,185,088 1,276,793 1,202,239 1,068,770 1,224,280 892,737 1,021,927
MINI 200,428 188,077 222,875 232,425 216,538 234,175 167,751 208,216
Rolls-Royce 796 805 1,010 1,212 1,002 2,711 1,728 2,441
四輪車合計 1,327,992 1,373,970 1,500,678 1,435,876 1,286,310 1,461,166 1,062,216 1,232,584
Motorcycle 97,474 100,064 102,467 101,685 87,306 98,047 88,768 92,972

資料:BMW Annual Report 2010, BMW Quarterly Report 3Q 2011

 

BMW Group のモデル別販売台数
(台)
2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-9月
2011年
1-9月
1 Series 149,493 151,918 165,803 225,095 216,944 196,004 151,681 129,041
3 Series 434,342 508,479 555,219 474,208 397,103 399,009 295,608 288,077
5 Series 228,389 232,193 230,845 202,287 175,983 238,454 155,648 250,566
6 Series 23,340 21,947 19,626 16,299 8,648 5,848 5,149 5,314
7 Series 50,062 50,227 44,421 38,835 52,680 65,814 47,349 48,842
X1 8,499 99,990 72,294 94,294
X3 110,719 114,000 111,879 84,440 55,634 46,004 35,252 83,754
X5 101,537 75,321 120,617 116,489 88,851 102,178 74,655 75,055
X6 26,580 41,667 46,404 34,464 31,357
Z4 28,808 30,981 28,383 18,006 22,761 24,575 20,637 15,627
BMW total 1,126,768 1,185,088 1,276,793 1,202,239 1,068,770 1,224,280 892,737 1,021,927
MINI 200,428 188,077 222,875 232,425 216,538 234,175 167,751 208,216
Rolls-Royce 796 805 1,010 1,212 1,002 2,711 1,728 2,441
合計 1,327,992 1,373,970 1,500,678 1,435,876 1,286,310 1,461,166 1,062,216 1,232,584

資料:BMW Annual Reports 2010, BMW Quarterly Report 3Q 2011
(注) M5/M6 等の高性能車 M シリーズは、それぞれのベース車に含む。

 

BMW Group の地域別販売台数
(1,000台)
2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-9月
2011年
1-9月
ドイツ 295.9 285.3 280.9 280.9 267.5 267.2 191.6 209.8
UK 156.2 154.1 173.8 151.5 137.1 154.8 386.0 425.6
その他欧州 350.8 375.0 443.6 432.2 357.3 369.3
欧州合計 802.9 814.4 898.3 864.6 761.9 791.3 577.6 635.4
北米 329.0 337.4 364.0 331.8 271.0 298.3 215.9 245.9
アジア 125.7 142.2 159.5 165.7 183.1 286.3 206.5 282.5
その他の地域 70.4 80.0 78.9 73.8 70.3 85.3 62.2 68.8
合計 1,328.0 1,374.0 1,500.7 1,435.9 1,286.3 1,461.2 1,062.2 1,232.6

資料:BMW Annual Report 2010, BMW Quarterly Report 3Q 2011

 



業績:2011年1-9月の自動車部門の売上高EBIT率は12.8%

 BMW Group の2011年1-9月の売上高は、販売増加により15.4%増の504.72億Euro。EBIT (金利・税引前利益) と純利益は約2倍に増加。自動車部門の売上高EBIT率は12.8%に達した (前年同期7.2%)。

 2011年通期のEBITは過去最高の見通し。自動車部門の売上高EBIT率は10%超、使用総資本利益率 (Return on capital employed) は26%超となる見込み。

 BMWの2020年までの事業戦略 Strategy Number ONE の中間目標である2012年の収益目標 (自動車部門の売上高EBIT率は8~10%、使用総資本利益率は26%超) は、今後も維持するとしている。

BMW Group の 業績

(100万Euro)
2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-9月
2011年
1-9月
売上高
EBIT
税前利益
純利益
46,656
3,793
3,287
2,239
48,999
4,050
4,124
2,874
56,018
4,212
3,873
3,134
53,197
921
351
330
50,681
289
413
210
60,477
5,094
4,836
3,234
43,731
3,358
3,166
2,032
50,472
6,474
6,160
4,103
資本投資
減価償却費
研究開発費
3,993
3,025
2,464
4,313
3,272
2,544
4,267
3,683
2,920
4,204
3,670
2,825
3,471
3,600
2,448
3,263
3,682
2,773


1,914


2,300
従業員数(人) 105,798 106,575 107,539 100,041 96,230 95,453 96,402 100,389
資料:BMW Annual Report 2010, BMW Quarterly Report 3Q 2011
(注) 1. EBIT は Earnings Before Interest and Taxes (金利・税引前利益)。
2. 研究開発費は、資産計上しないで、当期に経費計上した分。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>