Volvo/Iveco/MAN/Scania: 2010年販売台数は39%増、2011年1-6月も35%増

IvecoとScaniaはEuro VI 適合エンジンを開発、Volvoは大型ハイブリッドトラックを発売

2011/08/25

要 約

 欧州の商用車専業メーカー 4社、Volvo/Iveco/MAN/Scania の2010年販売台数は、金融危機の影響で半減した2009年に比べて約39%増加し、2011年1-6月も引き続き約35%増加した。2011年通年の大型トラックの市場規模について、Volvoは、欧州市場は15-20%増、ロシアやブラジル等の新興国市場も引き続き堅調と見込んでいる。2011年の各社の売上高について、Ivecoは13%増、MANは15-20%増、Scaniaも回復傾向が続くと予測している。

 欧州では2014年1月から、中・大型商用車の全車両に新しい排出ガス規制Euro VI が適用される。その対策として、Ivecoは尿素SCR技術でEuro VIに適合するエンジンを、Scaniaは尿素SCRとEGRを採用するエンジンを発表。Volvoはメタンガスと軽油を併用するトラックや、大型ハイブリッドトラックを発売した。

 重要性を増す新興国市場では、Volvoがブラジルでハイブリッドバスを受注し、Ivecoもブラジルで中型セグメントの新モデルを発表。MANはロシアでトラック生産を開始し、中国ではSinotrukとの新ブランドで大型トラックを販売する。

 一方、Scaniaは、今後の需要増に備え、スウェーデンのトラック工場の年産能力を2割増の12万台に引き上げる。

Volvo/Iveco/MAN/Scania の販売台数と売上高/営業利益

  2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
Volvo 販売台数 230,291 246,272 261,088 137,538 190,218 84,402 120,639
売上高 100万
SEK
258,835 285,405 304,642 218,361 264,749 127,382 150,539
営業利益 20,399 22,231 15,851 (17,013) 18,000 7,569 14,170
Iveco 販売台数 181,500 211,700 192,100 103,900 129,600 61,237 74,960
売上高 100万
Euro
9,136 11,196 10,894 7,183 8,307 3,791 4,558
営業利益 546 813 838 105 270 53 206
MAN 販売台数 87,160 100,609 103,705 82,609 126,279 57,474 75,676
売上高 100万
Euro
8,685 10,410 10,610 7,807 10,586 4,820 6,078
営業利益 670 1,010 1,056 51 528 180 475
Scania 販売台数 65,281 75,878 73,793 43,443 63,712 28,321 40,300
売上高 100万
SEK
70,738 84,486 88,977 62,074 78,168 37,105 43,665
営業利益 8,753 12,164 12,512 2,473 12,746 5,632 6,652
4社合計販売台数 564,232 634,459 630,686 367,490 509,809 231,434 311,575

資料:4社の Annual Report 2010, Interim Report Q2 2011
(注) MAN は MAN Group の商用車部門。SEK はスウェーデンクローナ、2011年 8月下旬で 1 SEK は約 0.11Euro/約 12円。

(参考) 欧州市場の中型/大型商用車の新車登録台数
(台)
GVW 地域 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
3.5t<≦16t 西欧 18ヶ国 404,615 406,216 255,691 259,388 32,779 37,790
EU新加盟国 72,734 64,459 23,303 30,712 2,435 2,984
欧州合計 477,349 470,675 278,994 290,100 35,214 40,774
16t< 西欧 18ヶ国 289,599 291,012 172,432 176,335 71,289 104,330
EU新加盟国 55,347 47,122 14,967 22,271 8,163 18,828
欧州合計 344,946 338,134 187,399 198,606 79,452 123,158
Total 西欧 18ヶ国 694,214 697,228 428,123 435,723 104,068 142,120
EU新加盟国 128,081 111,581 38,270 52,983 10,598 21,812
欧州合計 822,295 808,809 466,393 488,706 114,666 163,932
資料:ACEA (Association des Constructeurs Europeens d'Automobiles g.i.e.)
(注) 1. 西欧 18ヶ国は、旧EU 15ヶ国と、ノルウェー, スイス, アイスランド。
2. EU新加盟国は、チェコ、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、ハンガリー、ブルガリア。
3. 2010/2011年1-6月の数値には、中型・大型バスは含まれない。中型・大型バスの登録台数の欧州合計は、2010年 1-6月が 17,672台、2011年 1-6月が 17,058台。
4. Report 末尾に、Heavy Trucks と Buses の世界生産台数 (OICA集計) を参考掲載した。


Volvo:メタンガス・軽油併用トラック、大型ハイブリッドトラック等の環境対応車を発売

 Volvo の2010年販売は、欧米市場が徐々に回復し、ブラジルやインド等の新興国市場が引き続き好調であることから、09年比38.3%増の19.0万台。売上高は21.2%増で、営業損益は09年の170億SEKの赤字から180億SEKの黒字に回復した。

 2010年1-6月の販売台数は42.9%増、営業利益は142億SEKに倍増した (ただし、東日本大震災の影響により4億SEK、為替の影響により30億SEK減少した)。

 環境対応車として、Volvoは2011年3月にメタンガスと軽油を併用する大型トラックを発売。また、Volvo ブランドとRenault ブランドで大型ハイブリッドトラックを発売した。

 日本のUD Trucksは中型トラックCondorをフルモデルチェンジして発売。Condorのために自社開発した中型エンジンは、Volvo Group のトラックに搭載される予定。

Volvo のブランド別・地域別販売台数

(台)
  欧州 北米 南米 アジア その他 合計
Volvo Trucks 2009年 19,749 8,028 10,349 5,573 3,712 47,411
2010年 29,635 12,749 18,639 10,071 4,135 75,229
Renault Trucks 2009年 29,396 458 574 1,794 5,263 37,485
2010年 35,867 54 656 3,448 5,563 45,588
UD Trucks 2009年 0 853 445 16,753 3,458 21,509
2010年 0 1,010 300 23,908 4,130 29,348
Mack Truck 2009年 0 8,235 1,219 505 1,142 11,101
2010年 1 10,469 1,888 47 1,060 13,465
Truck Total 2009年 49,145 17,574 12,587 34,800 13,575 127,681
2010年 65,503 24,282 21,483 53,833 14,888 179,989
Volvo Buses 2009年 3,164 1,539 690 3,839 625 9,857
2010年 2,395 2,092 1,174 3,477 1,091 10,229
Total 2009年 52,309 19,113 13,277 38,639 14,200 137,538
2010年 67,898 26,374 22,657 57,310 15,979 190,218
資料:Volvo Group Annual Report 2010
(注) 1. UD Trucks は 旧日産ディーゼル工業で、2010年 2月に社名変更した。2007年第 2四半期から Volvoの連結子会社。
2. Truck Total のアジアには、08年 8月から連結となったインド合弁会社 VE Commercial Vehicles の販売を含む。2008年は 2,744台、2009年は 10,175台、2010年は 16,359台。

 

Volvo Group の業績概要

(100万SEK)
  2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
販売台数 (台) 230,291 246,272 261,088 137,538 190,218 84,402 120,639
Net sales Trucks
Buses
Others
171,265
17,271
70,299
187,892
16,608
80,905
203,642
17,350
83,650
138,940
18,465
60,956
167,305
20,516
76,928
78,077
10,320
38,985
95,682
10,452
44,405
Total 258,835 285,405 304,642 218,361 264,749 127,382 150,539
Operating income
(loss)
Trucks
Buses
Others
14,828
745
4,826
15,193
231
6,807
12,167
(76)
3,760
(10,805)
(350)
(5,858)
10,112
780
7,108
3,922
404
3,243
9,392
556
4,222
Total 20,399 22,231 15,851 (17,013) 18,000 7,569 14,170
Net income(loss) 16,318 15,028 10,016 (14,685) 11,212 4,946 9,422
R & D costs 8,354 11,059 14,348 13,193 12,970 6,205 6,679
資料:Volvo Group Annual Report 2010, Report on the second quarter 2011
(注) 1. Volvo Group の商用車部門は、Volvo Trucks, Renault Trucks, Mack Trucks (米国), UD Trucks (旧日産ディーゼル工業で、07年第 2四半期から連結対象), VE Commercial Vehicles (インド合弁会社で、08年8月から連結対象), Volvo Buses で構成。Mack は GVW 16t 以上の Heavy Truck 専業で、Volvo とUD Trucks も Heavy Truck が中心、Renault と VE Commercial Vehicles は Light Truck から Heavy Truck まで生産。
2. Group は、商用車部門の他、Construction Equipment, Volvo Penta (船舶用エンジン), Volvo Aero (航空機用エンジン), Financial Services で構成。

 

Volvo Group の地域別売上高

(100万SEK)
  2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
Western Europe
Eastern Europe
106,479
11,401
114,689
16,042
124,239
27,116
124,261
28,212
84,452
9,632
87,241
12,570
42,557
5,489
49,859
9,495
Europe total 117,880 130,731 151,355 152,473 94,084 99,811 48,046 59,354
North America 67,233 73,433 49,435 47,746 37,291 45,409 21,585 26,572
South America 11,901 12,533 15,638 19,613 16,610 27,876 13,098 15,729
Asia 22,598 19,610 42,429 55,812 44,842 65,072 31,445 36,111
Other markets 11,579 12,713 17,938 20,192 15,660 19,207 9,002 9,476
Total 231,191 249,020 276,795 295,836 208,487 257,375 123,176 147,242

資料:Volvo Group Annual Report 2010, Report on the second quarter 2011
(注) 2005年は、Volvo Group 全体の地域別売上高。2006年以降は、金融部門を除いた Volvo Group's Industrial operations の地域別売上高。

 

Volvo Group の環境対応車

Volvo FM
MethaneDiesel
 2011年 3月発売。ディーゼルエンジンにガス噴射弁を取り付け、液化メタンガスと軽油を併用する欧州初 (Volvoによる) の長距離用大型トラック。最大 75% までメタンガスで走行可能。メタンガスには、天然ガスかバイオガスのいずれかを使用する。
 圧縮天然ガスのみを使用する従来の CNGトラックより、エネルギー効率が 30-40%高く、燃料消費を 25%低減する。バイオガスを使用すれば、従来のディーゼルエンジンより、CO2排出量を最大 70%削減できる。天然ガスの価格は軽油より安いため、維持費も軽減される。ガスがなくなれば、軽油だけでも走行できる。
 まず、オランダ、英国、スウェーデン等、ガスのインフラが整備されている欧州諸国で発売し、2011年に 100台販売する計画。2年以内に欧州の 6-8カ国で販売を開始し、年間の販売目標は 400台。欧州外の市場へも順次投入する。
Volvo FE Hybrid  2011年 6月生産開始。ディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせたパラレルハイブリッドシステムを搭載。最大 GVW 26t までの大型トラックで、市街地における配送/ゴミ収集用。時速 20kmまではモーターだけで走行し、燃費と CO2排出量をディーゼル車比 15-20%低減できる。ゴミ収集車の場合、圧縮機も電動にすれば 30%低減できる。2013年までに 100台生産し、欧州 13カ国・地域で販売する計画。
Renault Premium
Distribution
Hybrys Tech
 2011年 6月発売。Renault Trucks にとって初のハイブリッドトラック。ディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせたパラレルハイブリッドシステムを搭載。GVW 19t のトラックで、市街地と周辺地域での配送用。時速 20km まではモーターだけで走行。燃費と CO2排出量を最大 20% 低減し、騒音も大幅に減らすことができる。

資料:Volvo Press Release 2011.3.29/2011.3.31, Renault Trucks Press Release 2011.6.14, 日刊自動車新聞 2011.4.7

 

Volvo:ブラジルでハイブリッドバス 60台を受注

 Volvo Buses は2011年 6月、ブラジル南部にある Curitiba市から、ハイブリッドバス Volvo 7700 Hybrid 60台を受注した。Volvo にとって、南米でのハイブリッドバス受注は初。この受注により、Volvo は Curitiba工場でハイブリッドバスの生産を開始し、2012年から納品する計画。南米の他の都市からの受注も見込んでいる。
 Volvo 7700 Hybrid は、ディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせたパラレルハイブリッドシステムを搭載。時速 15-20kmまでは電気モーターのみで走行するため、バス停での排出ガスをゼロにし、騒音を低減する。Curitiba市での実証試験によると、燃費と排出ガスを最大 35%低減できるとしている。

資料:Volvo Press Release 2011.6.16
(注) Volvo Buses は 2010年から 2011年 6月までに数百台のハイブリッドバスを販売した。欧州では Volvoブランド、北米では Nova Bus, 中国では Sunwin (申沃) Bus として販売する。

UD Trucks:中型トラック Condor をフルモデルチェンジして発売

 UD Trucks は2011年 7月、積載量 4-6t クラスの中型トラック Condor を 18年ぶりにフルモデルチェンジして発売した。大型トラックの Quon シリーズと統一感を持たせたキャブデザインを採用。これまで日野自動車から OEM調達してきた中型エンジンを自社開発し、搭載。燃料の最大噴射圧力を 2000気圧まで高めた新開発コモンレールを採用し、燃費性能を向上させたほか、尿素 SCR 触媒、PM 低減技術等により、平成 22年排出ガス規制に適合、平成 27年度重量車燃費基準を達成する。
 UD Trucks が開発した中型エンジンは、Volvo の世界戦略の一環として、新興国を含めた Volvo Group のトラック等に搭載される予定。中型エンジンは大型・小型に比べて市場規模が小さいが、グループのネットワークを生かせば商用車だけでなく、建機や船舶向けにも供給できる見込み。新中型エンジンは、既にインドの Volvo拠点での生産が決定している。

資料:UD Trucks Press Release 2011.7.11, 日経産業新聞 2011.7.19

 



Iveco:尿素SCR技術で2014年からの排出ガス規制 Euro VI に対応

 Iveco を傘下に置いていた Fiat Group は、2011年 1月、事業を 2つに分割。乗用車部門を Fiat SpA、Iveco と産業機械メーカーを含む非乗用車部門を Fiat Industrial SpA とした。

 Iveco の2010年販売台数は24.7%増の13.0万台。2011年1-6月の販売は22.4%増で、営業利益は53百万Euroから206百万Euroに大幅増加した。

 2011年通年の業績予想について、Ivecoを傘下に置くFiat Industrialは7月、全部門が今後も堅調に推移すると見込み、売上高を240億Euro (2010年実績213億Euro)、営業利益を15億Euro (同10.92億Euro) と予測した。

 2014年から適用される排出ガス規制 Euro VI に対し、IvecoはEGRを使用せず、尿素SCR技術により適合するエンジンを開発した。

 新興国市場では、上海汽車との合弁会社が、中国で生産する大型トラックのベトナムへの輸出を開始した。また、ブラジルでは、これまでラインアップに欠けていた中型トラックの新モデル Vertis を発表した。

Iveco の地域別販売台数

(1,000台)
  France Germany UK Italy Spain その他 西欧計 東欧 欧州計 その他 合計
2005年 25.6 16.8 16.6 37.9 19.3 14.8 131.0 15.8 146.8 25.7 172.5
2006年 25.9 20.3 15.0 36.0 20.6 17.3 135.1 19.7 154.8 26.7 181.5
2007年 29.3 22.8 14.3 38.8 21.2 21.1 147.5 31.2 178.7 33.0 211.7
2008年 27.6 19.6 13.8 31.3 13.3 19.6 125.2 29.5 154.7 37.4 192.1
2009年 15.0 11.1 3.7 21.7 5.3 10.0 66.8 8.1 74.9 29.0 103.9
2010年 18.3 14.7 5.1 21.7 7.4 11.1 78.3 11.5 89.8 39.8 129.6

資料:Fiat Annual Report 2010
(注) 中国の関連会社の販売は含まない。

 

Iveco Group の業績概要

(100万Euro)
  2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
連結販売台数 (台) 181,500 211,700 192,100 103,900 129,600 61,237 74,960
関連会社・販売合計 (台) 25,200 83,300 81,200 95,300 129,100    
Naveco・販売 (台) 20,000 59,300 58,900 75,700 98,600    
SAIC Iveco Hongyan・販売 (台)   24,000 22,300 19,600 30,500    
その他の関連会社・販売 (台) 5,200 0 0 0 0    
販売台数合計 (台) 206,700 295,000 273,300 199,200 258,700    
Net sales 9,136 11,196 10,894 7,183 8,307 3,791 4,558
Operating income 546 813 838 105 270 53 206
Net profit 565 803 779 (90) 240    
R & D costs 174 207 246 169 214    
Number of employees 24,533 26,461 27,108 24,917 25,583    
資料: Fiat Annual Report 2010, Quarterly Report Q2 2011, Fiat Press Release 2011.1.27, Fiat Industrial Press Release 2011.7.25
(注) 1. 関連会社 Naveco (南京 Iveco) は、Iveco と南京汽車集団 (Nanjing Automotive Corporation:SAIC Group の完全子会社) が折半出資。Naveco の 2010年販売は、小型車 32,081台、中型車 66,566台 (中型車は 07年 2月に吸収合併した躍進汽車が生産している)。
2. 関連会社 SAIC Iveco Hongyan は、Iveco (33.5% 出資), 上海汽車 (SAIC Motor Corporation), 重慶重型汽車集団 (Chongqing Heavy Vehicle Group) が共同出資し、重慶重型汽車傘下の紅岩汽車 (Chongqing Hongyan Automotive) を再編して、2007年に設立した大型商用車メーカー。
3. その他の関連会社には、06年までトルコ Otoyol を含む。Otoyol は 06年に営業終了した。

 

Iveco:尿素SCR 技術で Euro VI に適合するエンジンを開発

 Iveco と FPT Industrial (Fiat Industrial のパワートレイン部門) は2011年 5月、独自開発した尿素SCR 技術により、2014年から欧州に導入される排出ガス規制 Euro VI に適合する準備が整ったと発表した。同技術は、大型トラック/バス向けの新型エンジン Cursor および Tector に採用される予定。燃費とシステムの価格・維持費を最小限に抑えるため、EGR は使用しない。
 特許を有するこの "SCR Only"技術は、排出ガスの後処理でNOxを低減する AdBlue (尿素水) の添加方法と、処理過程の熱特性を、精密かつ正確に制御する。その結果、NOx の浄化率を 95%以上とし、状況によってはほぼ100%浄化することが可能となった (Ivecoによると、競合他社は 80-85%)。
資料:Fiat Industrial Press Release 2011.5.20
(注) 1. SCR (Selective Catalytic Reduction) は選択還元型触媒、EGR (Exhaust Gas Recirculation) は排気ガス再循環装置。Scania と Daimler が既に発表した Euro VI 適合エンジンは EGR と SCR を使用しており、EGR を使用せず、SCR だけで Euro VI に適合するエンジンを開発したのは Iveco が初。
2. 中・大型商用車に対する新排出ガス基準 Euro VI は、2013年から新型車に、2014年から全車両に適用される。Euro V よりPM (Particulate Matter:粒子状物質) を半減 (0.01g/kWh)、NOxを 80% 低減させる (0.4g/kWh) とする厳しい内容。

Iveco:上海汽車との合弁会社が、中国で生産する大型トラックをベトナムに輸出

 Iveco (33.5%出資) が上海汽車等と共同出資する SAIC Iveco Hongyan は、2010年 8月、中国で生産した大型トラック Genlyon を、初めてベトナムにある Iveco の販売業者向けに出荷した。同社が Iveco のグローバル販売網を利用して海外に製品を輸出するのは、これが初めてで、Ivecoの戦略に沿ったもの。
 ベトナムに輸出する製品は、トラクター、ダンプカー、コンクリートミキサー車など多様な Genlyon車 20車種。搭載エンジンも、Ivecoや上海汽車等の合弁会社 Saic Fiat Powertrain Hongyan による中国製。

資料:Fiat Group Press Release 2010.8.30

Iveco:ブラジルで中型セグメントの新モデル Vertis を発売

 Iveco は2010年 8月、南米市場向けの中型セグメント (9-13t) の新モデル Vertis を発表した。南米での Iveco のラインアップを補足するもので、これにより Iveco は全セグメントに製品を供給することになる。中国の合弁会社のプラットフォームをベースに開発し、ブラジルの Fiat Powertrain Technologies が生産する低燃費・低排出ガスのエンジンを搭載。排出ガス規制 Euro V に適合する。部品の国産化率は 85%。

資料:Fiat Industrial Press Release 2010.10.22

 



MAN:中国でSinotrukと新ブランドのトラックを販売、ロシアでは2012年からトラックを生産

 MAN の商用車部門は、MAN Truck & Bus (旧MAN Nutzfahrzeuge) と、2009年1月にVWから買収したMAN Latin Americaで構成される。

 MAN Truck & Bus の販売台数は、欧州市場の回復により2010年は29.7%増、2011年1-6月は60.1%増。営業利益は2010年に黒字転換し、2011年上期にさらに拡大した。MAN Latin America の2010年売上高は、ブラジル経済の回復により商用車需要が拡大し、過去最高を記録。ブラジルでは2011年末までトラック購入時の減税措置が延長されるため、2011年1-6月の売上高も18.5%増加した。

 2社を合わせたMANの商用車部門は、2011年通年について、売上高は15-20%増、売上高営業利益率は7.5%を超えると予測している。

 新興国市場では、中国のSinotrukと共同でトラックの新ブランドSITRAKを立ち上げ、2012年から中国で大型トラックを販売する。また、ロシアではSt. Petersburgにある既存工場を整備し、2012年からトラックを生産する。

 VWは2011年5月、MANの議決権の55.9%を取得。既に議決権の71.8%を保有するScaniaとの統合を検討しているとされる。

MAN の Commercial Vehicles 部門の業績概況

(100万Euro)
  2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
販売台数 (台) 87,160 100,609 103,705 82,609 126,279 57,474 75,676
MAN Truck & Bus
MAN Latin America
87,160
 
100,609
 
103,705
 
46,767
35,842
60,649
65,630
24,486
32,988
39,203
36,473
Sales 8,685 10,410 10,610 7,807 10,586 4,820 6,078
MAN Truck & Bus
MAN Latin America
8,685
 
10,410
 
10,610
 
6,395
1,412
7,446
3,140
3,288
1,532
4,262
1,816
from Germany
from outside Germany
2,290
5,087
3,470
6,940
2,993
7,617
2,175
5,632
2,566
8,020
1,252
3,568
1,519
4,559
Operating profit 670 1,010 1,056 51 528 180 475
MAN Truck & Bus
MAN Latin America
670
 
1,010
 
1,056
 
(91)
142
158
370
14
166
274
201
売上高営業利益率 (%) 7.7 9.7 10.0 0.7 5.0 3.7 7.8
EBIT 698 1,039 1,062 (122) 429 132 425
Net profit 323 785 582 (170) 380 107 417
Employees (人) 36,052 36,591 36,010 32,292 32,196 33,020 36,691
資料:MAN SE Annual Report 2010, MAN SE Interim Financial Report H1 2011
(注) 1. MAN Group は、2010年初から新部門体制となり、Commercial Vehicles および Power Engineering の 2部門で構成される。Commercial Vehicles 部門は、MAN Truck & Bus (旧 MAN Nutzfahrzeuge, 2011年 1月に社名変更) と 2009年 4月から連結対象の MAN Latin America (旧 Volkswagen Caminhoes e Onibus) から成り、Power Engineering 部門は、MAN Diesel & Turbo, 変速機の Renk から成る。
2. MAN Truck & Bus は、GVW 7.5 ~44t のトラック、特殊車両、長距離用・市街地用バスおよびバス車台を生産する。
3. MAN Latin America は、5t 以上のトラック市場では南米最大のメーカー。GVW 5 ~57t のトラック、長距離用・市街地用のバス車台を生産する。
4. Net profit は、2008年までは MAN Truck & Bus 単独の Net Profit。2009年からは MAN の商用車部門の Earnings before tax of continuing operations (部門別業績では Net profit を発表していないため)。

 

MAN:Sinotruk との新ブランド SITRAK の大型トラックを2012年から中国で販売

 2009年 7月から提携する MAN と中国重汽 (Sinotruk)(香港) は、2011年 4月、両社共同のトラックの新ブランド名 SITRAK (中国名:Shandeka 汕徳卡) を発表した。最初の製品である大型トラック SITRAK T7H を2011年12月から中国・山東省済南市の工場で生産し、2012年上期に中国で発売する。2012年下期からは、他のアジア諸国、中東、アフリカ、CIS地域にも輸出する計画。2018年の販売目標は20万台 (うち中国内では16万台)。

資料:MAN Press Release 2011.4.19
(注) MAN は2009年 7月、中国トラック大手の中国重型汽車集団 (CNHTC:China National Heavy Truck Group, 山東省) の傘下である中国重汽 (Sinotruk) (香港) の株式の 25% を 560百万Euro で取得し、長期の戦略提携契約を締結。これまでに、ライセンス供与により、MAN の TGA シリーズのトラック、エンジン、シャシー、アクスル等の技術を Sinotruk に移転してきた。

MAN:ロシア・St. Petersburg で2012年からトラック生産を開始

 MAN は2011年 4月、St. Petersburg でトラックを生産する件に関して、同市と覚書を交わした。MAN は、同市内に購入した工場建屋に25百万Euro を投じて設備を整備し、ロシアおよび CIS諸国向けのトラックを生産する。早ければ2012年にも、ロシアで販売するトラックの 4分の 1を現地生産とする。中期的には年産能力を 6,000台とする計画。MAN はこれまでに、ロシア国内で累計 4.5万台のトラック/バスを販売している。

資料:MAN Press Release 2011.4.14

MAN:19百万Euroを投じて NEOPLAN 高級バス専用工場を改装

 MAN Truck & Bus は、2013年までの 3年間に 19百万Euroを投じて、ドイツ・Plauen工場を拡張し、最新設備を導入する (2010年12月発表)。人間工学的に設計した組立工場、環境負担を減らした塗装工場等のほか、顧客センターも付設する計画。改装された工場では、NEOPLANブランドの長距離用高級バスを生産する。

資料:MAN Press Release 2010.12.16

MAN:VWが55.9%の議決権を取得、VW は MAN と Scania との統合を検討

 VW は、2011年 5月、MAN への出資比率を議決権ベースで 29.9% から 30.5% に引き上げた。VW はドイツの国内法 (30%以上の議決権を取得すると、株式の公開買い付けを義務づけられる) に従い、買い付けを実施し、55.9% の議決権を獲得した(同年 7月発表)。これにより、MAN は VW の傘下に入ることになる。
 VW は、既に傘下にある Scania (VW が 71.8% の議決権を保有) と MAN (Scania に17.4%出資) の統合を検討しているとされる。VW は、両社の部品共同購買などによるコスト削減が進めば、年間 2億Euro の相乗効果が生まれると試算する。欧州の中大型トラック市場のシェアは 2社合計 (2010年実績) で 27% となり、第 1位の Daimler の 24% を上回ることになる。

資料:MAN Press Release 2011.7.28, Scania Press Release 2010.11.15, 日経産業新聞 2011.5.16

 



Scania:EGRと尿素SCR技術で新排出ガス規制Euro VI適合エンジンを開発

 Scania の2010年販売台数は 09年比 46.7%増の 6.4万台。中南米やアジアでの販売は倍増したが、主要市場である欧州市場の回復は緩やかで、2010年には欧州外市場の販売が、初めて販売台数の50%以上を占めた。営業利益は販売増と稼働率向上により過去最高。

 2011年1-6月の販売台数は42.3%増。売上高は17.7%増だが、為替の影響がマイナス7%となった。2011年通年も市場の回復傾向は続くが、為替の影響がさらに大きくなる見通し。

 Scaniaは、2014年から実施される排出ガス規制 Euro VI に対し、EGRと尿素SCRなどこれまで社内で開発した多様な技術を組み合わせ、適合エンジンを開発した。

 今後の需要増に備え、Scaniaは2011年後半から、スウェーデンのトラック工場の年産能力を10万台から12万台に引き上げる工事を開始する。

Scania の大型トラック・バス地域別販売台数

(台)
  2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
欧州
(旧区分)
西欧 36,678 37,396 36,253 18,520      
中欧・東欧 9,258 15,249 12,992 3,472      
欧州
(新区分)
Europe       20,778 25,075 11,009 17,301
Eurasia       1,214 2,451 736 3,279
欧州計 45,936 52,645 49,245 21,992 27,526 11,745 20,580
中南米 9,636 12,134 12,784 10,987 20,160 9,422 9,977
アジア 6,425 7,556 8,442 6,719 12,299 5,510 7,882
その他 3,284 3,543 3,322 3,745 3,727 1644 1861
合計 65,281 75,878 73,793 43,443 63,712 28,321 40,300

資料:Scania Annual Report 2010, Interim Report Q2 2011
(注) Scania は2010年から欧州の地域区分を変更した(2009年については新旧両方の区分を掲載した)。2009年まで、ロシアとCIS諸国は"中欧・東欧"に含まれる。2010年からは、"Europe"は欧州全土の32カ国、"Eurasia"はロシアとCIS諸国で構成される。"その他"に含まれるのは主にアフリカとオセアニア。

 

Scania の業績概要

(100万SEK)
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2010年
1-6月
2011年
1-6月
Sales 70,738 84,486 88,977 62,074 78,168 37,105 43,665
Operating Income 8,753 12,164 12,512 2,473 12,746 5,632 6,652
Operating margin(%) 12.4% 14.4% 14.1% 4.0% 16.3% 15.2% 15.2%
Net income 5,939 8,554 8,890 1,129 9,103 3,796 4,947
R & D costs 2,842 3,214 3,955 3,234 3,688 1,691 2,205
Number of employees 32,820 35,096 34,777 32,330 35,514 33,459 36,941

資料:Scania Annual Report 2010, Interim Report Q2 2011
(注) Scania は、カスタマイズ (customer-tailored) 商用車を中心とする GVW 16t 以上の Heavy Truck と大型バスを生産するほか、産業用・船舶用エンジンも手掛ける。販売は欧州中心で、北米販売はない。

 

Scania:Euro VI 適合のエンジンを発表

 Scania は2011年 4月、2014年から実施される欧州の排出ガス規制 Euro VI に適合するエンジンを発表した。100億SEK を投じ、5年間かけて開発したエンジンで、これまで社内で開発した新技術をすべて組み合わせる。採用した技術は、EGR, SCR, 粒子フィルター、可変ノズルターボ, コモンレール高圧燃料噴射など。
 Scania が発表した 13L, 440/480hp エンジンは Euro VI に適合する一方、燃費、操作性、レスポンスは Scania の Euro V エンジンと同水準。Scania の G-および R-series トラックに搭載可能。主に長距離輸送用を想定しているが、あらゆる用途のトラックに搭載できる。

資料:Scania Press Release 2011.3.31/2011.4.1

Scania:スウェーデンの工場を拡張し、年産能力を10万台から12万台に引き上げ

 Scaniaは2011年下期に、年産能力を現行の 10万台から 12万台に引き上げる工事を開始する。主にスウェーデンの既存工場に、今後 2、3年間で 15億SEK を投じ、拡張する。対象となるのは、キャブ、エンジン、トランスミッション、アクスル等の生産施設。Scania は、長期的には 15万台の年産能力の確保を目標としている。

資料:Scania Interim Report Q2 2011

Scania:ポーランド工場でのバス生産能力を拡充

 Scania はポーランド・Slupsk 工場を大幅改装し、2010年 9月に生産を再開した。近代的で、生産効率の高い工場に生まれ変わった同工場では、公共交通用のバス Scania OmniCity/OmniLink の車体と OmniCity のシャシーを製造する。生産したバスは、北欧、ポーランド、英国、フランス、イタリアに供給してきたが、今後はドイツ等他の欧州諸国への販売も拡大する。シャシーは欧州、アフリカ、アジアの車体製造業者にも供給する。

資料:Scania Press Release 2010.9.14

Scania:日野自動車との提携解消

 Scania は2011年 6月、日本に販売・サービス会社を設立した。これに伴い、日野自動車との業務提携を解消する。2002年から販売網の相互活用や技術交流を実施し、一定の成果を収めてきたが、日野による日本でのScania製大型トラクターの販売は終了した。今後は、韓国の Scania 販売網で日野製の中型トラックを販売することと、日本でのアフターサービスは継続する。Scania は直営販売会社により、重量車の販売を促進する考え。

資料:Scania Press Release 2011.6.24, 日刊工業新聞 2011.7.25

(参考) Heavy Trucks と Buses の世界生産台数 (OICA 集計)

(台)
Heavy Trucks Buses
2009年 2010年 2009年 2010年
Austria
Belgium
Finland
15,714
12,039
64
18,814
24,340
 
 
720
 
 
430
 
France
Germany
Italy
25,325
89,403
23,046
39,120
134,129
28,800
4,024
7,786
1,004
3,436
6,936
1,070
Netherlands
Portugal
Spain
24,490
2,079
25,707
44,764
4,320
36,891
1,641
84
552
1,317
70
254
Sweden
UK
17,859
9,003
30,000
10,116
9,839
1,470
10,000
1,508
旧EU 15ヶ国 242,650 366,944 27,036 25,011
Czech Rep.
Hungary
Poland
1,091
1,670
5,447
1,411
2,760
5,936
3,067
100
4,822
2,711
130
4,487
Romania 188 55 0  
EU新参加国 8,396 10,162 7,989 7,328
Serbia
CIS
Russia
285
51,260
40,326
 
76,763
60,071
100
13177
10,809
 
17076
13,283
Belarus
Ukraine
10,470
464
15,600
1,092
1,050
1,318
1050
2,743
中東欧 51,545 76,763 13,277 17,075
Turkey 8,246 23,851 8,555 7,926
Europe 310,837 477,720 56,857 57,341
Canada
Mexico
USA
11,321
59,135
132,283
5,624
90,582
145,946
 
 
21,966
 
 
19,451
NAFTA 202,739 242,152 21,966 19,451
Heavy Trucks Buses
2009年 2010年 2009年 2010年
Argentina
Brazil
Chile
12,891
123,633
3,250
18,585
191,646
4,700
1441
34,535
 
2329
45,869
 
Ecuador
Venezuela
8,448
15,558
 
9,803
 
197
 
0
S.America 163,780 224,734 36,173 48,198
Australia
China
India
3,929
1,704,407
154,878
4,052
2,259,161
277,014
 
129,210
42,002
 
161,603
54,609
Indonesia
Iran
55,766
29130
87,385
32929
2,328
2,729
3,650
2,759
Japan
Japan (注2)
371,686
156,476
520,672
250,220
8,783
 
10,274
 
Malaysia
Pakistan
Philippines
3,217
3,069
6,861
4,384
3,364
6,950
798
688
 
1,081
550
 
South Korea
Taiwan
Thailand
37,219
3,559
10,930
43,341
4,766
16,258
25,740

458
25,114

487
Vietnam 884 820    
Asia-Pacific
Asia-Pacific(注3)
2,385,535
2,124,920
3,261,096
2,990,644
212,736
 
260,127
 
Egypt
South Africa
6,406
18,206
5,150
21,129
4,154
1559
3,960
1753
Africa 17,492 19,169 5,713 5,713
Total
Total (注3)
3,080,383
2,804,903
4,224,871
3,954,419
333,445
 
390,830
 
資料:OICA (International Organization of Motor Vehicle Manufacturers)
(注) 1. 集計対象は、日本以外は概ね GVW 5~6t 以上。
各国の台数には、一部に他国とのダブルカウントを含んでおり、地域合計はダブルカウント調整後の台数。
2. OICA 集計による日本のトラック生産台数は GVW 3t 以上が対象。
日本の GVW 6t 超のトラック生産台数 (JAMA資料) を青色で併記した。
3. Asia-Pacific と世界合計の青色表記は、日本のトラック生産台数を GVW 6t 超に置き換えた合計値。
4. 韓国の台数は、KAMA's OICA exchange files による。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>