2014年世界主要60ヵ国合計の新車販売台数

米中2大市場が世界販売の伸びを牽引

2015/02/03

要約


 2014年世界主要60ヵ国合計の新車販売台数(中大型商用車を除く、一部速報値、推定値を含む)は前年比3.6%増の8,224万台となり、過去最高を更新しました。



世界販売の増加は2010年から5年連続

  2014年販売を国別に見ますと、中国(輸入車除く)が前年比プラス158.4万台(7.6%増)の2,233.6万台となり、引き続き60ヵ国中で最大の伸びを記録しました。次いでリーマン・ショック後の落ち込みから堅調な回復が続く米国市場がプラス92.0万台(5.9%増)の1,652.1万台となり、米中2大市場が世界販売の伸びを牽引しました。

 一方で、中国以外の新興国では市場縮小が目立ちました。政治・経済情勢の悪化や、新車購入に関する支援策の廃止などが逆風となり、これまで好調であったタイ(42.1万台減)、ロシア(28.6万台減)、アルゼンチン(26.4万台減)、ブラジル(24.7万台減)などが軒並み大幅減となりました。
 なお、約200ヵ国に及ぶ全世界の2014年新車販売台数(中大型商用車除く)は、8,650万~8,720万台と推定されます。

 

世界主要60ヵ国合計自動車販売台数推移

2014年増加台数上位5ヵ国&減少台数上位5ヵ国


注:

世界主要60ヵ国合計自動車販売台数推移(2010~2014年)

 ・一部の国を除き、中大型商用車の台数は含みません。
 ・一部の国は推定値を含みます。

北米=カナダ、メキシコ、米国
欧州=アイルランド、イタリア、ウクライナ、ウズベキスタン、オーストリア、オランダ、カザフスタン、ギリシャ、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベラルーシ、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア、英国
アジア・大洋州=インド、インドネシア、オーストラリア、シンガポール、タイ、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、ベトナム、マレーシア、韓国、台湾
南米=アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビア、チリ、ブラジル、ベネズエラ
その他=アラブ首長国連邦、イスラエル、イラン、エジプト、サウジアラビア、南アフリカ

 

2014年自動車販売台数前年比増減上位5ヵ国

 ・中大型商用車の台数は含みません。一部推定値を含みます。
 ・ランキングの対象は主要60ヵ国です。