グローバルトップ10ヵ国販売予測 (2019年第2四半期版)

2019年の世界のライトビークル販売は9,204万台になる見込み

2019/09/11

概要

※当予測レポートは、四半期ごとに最新版をリリースします。

・LMC Automotiveの予測(2019年第2四半期時点)によれば、2019年の世界のライトビークル販売台数は前年比2.7%減の9,204万台となる見通しである。
・これまで世界販売をけん引してきた中国が停滞するほか、米国についても前年割れが見込まれる中で、世界販売は2年連続で縮小する見込み。
・2020年以降の世界市場は中国やインドの回復を支えに再成長する見通しだが、米国や日本など成熟市場は縮小傾向が続くと見られる。

 



解説

中国
新排ガス基準「国6」を7月1日より導入する地域は中国乗用車市場全体の約63%を占める。これらの地域では全国に先駆けて導入することになり、ディーラーと消費者の双方に影響を及ぼしている。ディーラーは、旧型の「国5」基準適合車の在庫が無くなるまで新しい「国6」基準に適合した車両をOEMから購入することを避けている。一方で消費者はディーラーによる積極的な値引きにも関わらず、「国5」適合車について、将来の車両価値が大幅に低くなるという理由から購入を進めておらず、こうした膠着状態が4月販売の急減を招いたほか、5月も似た状況が続いた模様である。また、もし「国5」適合車の在庫解消が進まず、政府による新しい販売支援策の導入も無かった場合、2019年の通年販売はより厳しい状況に直面し、前年比で5%減まで落ち込む可能性がある。

米国
米国の販売予測における大きな不確実要因の一つは、米国が輸入車に関税を課す可能性があることである。ベースの販売予測において現時点で前提条件とはしていないが、貿易戦争が販売を下押しする可能性は高い。最も懸念されるのは、日本からの輸入車に高い関税が課されるケースで、米国販売に占める日本からの輸入車は市場全体の約10%に達しており、特に影響が大きい。また、欧州からの輸入車に関税が課された場合、特にプレミアムセグメントに強い影響を与えると想定される。米国における2018年の輸入車販売は前年比1.8%増と、市場全体の3倍の伸び率を見せた。今年の輸入車販売については、トヨタがコンパクトSUVのRAV4を現地生産に切り替えることから、前年比7%減と予測する。また現代Tucsonなど台数の大きいSUVが北米で完全に現地化される動きが進んでおり、市場全体に占める輸入車の割合は2019年に22%と予測するが、将来的には19%まで減少すると見る。LMC Automotiveでは、USMCA北米貿易協定(北米3ヵ国の議会承認待ち)は現時点で販売に強い影響を及ぼすとは見ていない。しかしながら、協定の基準を遵守することでコストが増加し、そのコスト増が消費者に転嫁された場合、一部販売が2019年に前倒しされ、2020年には反動減が発生する可能性がある。なお、USMCAの発効は最速でも2020年6月以降となる。

日本
LMC Automotiveでは、10月の消費増税を見越した駆け込み需要が発生するとの見通しをもとに、2019年通年販売を前年比1.5%増の530万台と予測する。一方で2020年以降の販売は徐々に減少すると予測する。

インド
2019年1~4月累計のライトビークル販売は前年同期比4%減の130万台となった。内訳は乗用車103万台(前年同期比6%減)、小型商用車27万台(前年同期比7%増)となった。消費者が総選挙の結果を待ったことに加えて、経済の減速やルピー安、また最近の金利引き下げにも関わらず進んだ与信の厳格化が販売を下押しした。ただ、総選挙でナレンドラ・モディ首相が前回選挙を上回る多数派の支持を得て圧勝したことはプラスであり、販売状況も向こう数ヵ月で好転すると期待される。2019年販売については、全体で4.1%減の382万台を予測する。

ドイツ
今年のこれまでの季節調整済み年率換算販売を見ると、2019年販売に好転の兆しがあることを示唆しており、販売予測には上方修正の可能性がある。ただ、一方で外部の経済環境に対する懸念が市場の楽観視を妨げている。最大の不安要因は米国-EU間の貿易紛争で、米国トランプ政権が自動車産業を標的としていることが懸念材料となる。

ブラジル
経済の不振にもかかわらず、ブラジルの販売は着実な回復をみせ、2017年は前年比9%増、2018年は前年比14%増となった。2019年1~5月の累計販売は前年同期比11%増となり、既に100万台の大台に達している。直近5ヵ月の月次販売の前年比増加率は平均11%となり、季節調整済み年率換算販売は263万台/年となっている。こうした状況下で、2019年通年販売は前年比7%増の265万台と予測する。この販売台数が実現されれば、ブラジルはフランスと並ぶ世界7位の自動車市場となり、グローバル販売の3%を占めることになる。

英国
2019年の英国の乗用車販売は低迷が続いており、1~5月累計販売は前年同期比3.1%減となった。5月単月販売も前年同月比4.6%減となり、市場に強い需要が存在しないことを示している。5月は個人向け販売、フリート販売、ビジネスカー販売の全てが減少し、いずれもブレグジットによる政治的・経済的不確実性に対して耐性を示すことができなかった。ブレグジットが10月まで延期された中で、今年の市場は今後も落ち着いたレベルで推移すると見られる。2019年通年販売予測については、3万台下方修正し、前年並みの237万台とする。

フランス
フランスの今年の販売は、国外の混乱や国内の政治面の不安定性があったものの、経済の拡大を支えに比較的堅調に推移している。5月は単月販売が前年同月比1.2%増、季節調整済み年率換算販売が220万台/年を超えるレベルに達し、2018年9月に施行された新排ガス規制WLTPの施行以降で最も高い数値を記録した。これまでのところ2019年累計販売は前年並みであるが、今後景気刺激策が消費の拡大と乗用車需要の下支えに効果を発揮すると期待される。また、2018年末は季節調整済み年率換算販売が軟調であり、今年は年末に向けて前年比で良い数値が出る可能性が期待される。フランス市場は長期の車両普及率や廃車率の観点から見て既に健全な水準に達しており、今後市場が急拡大するとは見ていない。ただ、経済指標が上向くと予想される2020年にはやや上振れする可能性があると見る。

イタリア
2018年下期に経済が後退局面に入り、2019年も市場が成長する要素を見つけ難い中で、今年の販売は前年割れが見込まれる。中期的には成長の余地は残されているが、それには経済環境の好転が必要となる。イタリアの自動車保有台数は大きく、近年新車販売が低位推移する中で買い替え需要の蓄積が進んでおり、経済環境が整えば販売の好転が期待される。LMC Automotiveでは、2021年までにライトビークル販売は2017年の水準を回復し、その後は230万台水準まで拡大すると期待される。

ロシア
2019年は、2月に販売が減少した後、販売インセンティブの「First Car」「Family Car」プログラムが施行され、3月は販売が上向いた。これらのプログラムにより消費者は特恵的な金利で車両を購入することができるが、今年は2018年に比べて適用対象の車両価格の制限も145万ルーブルから100万ルーブルへ引き下げられた。ただ、このインセンティブ用の資金はすぐに使い果たされてしまったため、7月1日より再びプログラムを提供すべく資金拠出がなされている。今回も低価格帯の車種を中心に優遇する予定で、7.5万台の車がインセンティブの対象になるとみられる。

国別グローバルライトビークル販売台数予測(上位10ヵ国)

2016 2017 2018 2019 2020 2021
合計 93,031,561 95,293,765 94,629,052 92,036,484 93,984,270 97,282,162
China 28,021,786 28,608,980 27,748,559 26,329,569 27,526,097 28,775,758
USA 17,510,417 17,187,825 17,293,450 16,969,885 16,539,799 16,612,605
Japan 4,903,736 5,164,249 5,201,809 5,281,065 4,949,532 4,893,715
India 3,353,189 3,681,567 3,978,601 3,815,264 4,025,573 4,151,060
Germany 3,610,241 3,711,504 3,720,407 3,851,353 3,756,797 3,729,964
Brazil 1,990,055 2,178,651 2,478,837 2,653,554 2,735,904 2,862,799
UK 3,076,255 2,909,749 2,733,220 2,736,528 2,734,429 2,813,147
France 2,421,706 2,540,648 2,620,871 2,647,209 2,669,486 2,678,420
Italy 2,017,602 2,156,912 2,082,818 2,049,923 2,083,365 2,165,139
Russia 1,426,246 1,595,745 1,800,670 1,810,374 1,957,271 2,100,350
Other/RoW 24,700,328 25,557,935 24,969,810 23,891,760 25,006,017 26,499,205

出典:LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast Quarter 2 2019)"
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量6t以下の小型商用車)の数値。
      2. 本表の無断転載を禁じます。転載にはLMC Automotive社の許諾が必要になります。
モデル別やパワートレイン別等のより詳細なデータのご用命、お問い合わせは、こちらのページへ。