SAE China 2021(2): E/E情報アーキテクチャに対する考え方と実践 

国汽智聯、Huawei、聯合汽車電子

2021/11/30

要約

SAECCE 2021电子电气信息架构分论坛
SAE China 2021 E/E情報アーキテクチャサブフォーラム

 2021中国汽車工程学会年会展覧会(SAECCE 2021)が10月19日から21日まで中国上海汽車会展中心(Shanghai Automobile Exhibition Center)で開催された。

 今大会は「自動車+X、カーボンピークアウトとカーボンニュートラル」を背景とした自動車技術の革新をメインテーマに掲げ、自動車の電動化、スマート化、コネクテッド、シェアリングの発展トレンドをめぐり、大手自動車メーカー、サプライヤー、研究機関、政府機関、および関連業界の専門家を招き、講演を行った。

 このうち10月20日には分科会「E/E情報アーキテクチャ」が開催された。当分科会は中国汽車工程学会、国家智能網聯汽車創新センター(国汽智聯)、中国信息通信研究院の共催で行われ、次世代自動車のE/E情報アーキテクチャの構築方法が重点的に検討された。

 分科会の主催者である国汽智聯は、機能の安全、予想される機能の安全と情報安全をクラウド統合したE/E情報アーキテクチャを満たすSOAを提案した。

 本レポートでは、国家智能網聯汽車創新センター、HuaweiインテリジェントオートモーティブソリューションBU(Business Unit)、聯合汽車電子の専門家による講演内容を主に報告する。

 

関連レポート:

鴻海(Foxconn):EVによる既成モビリティの変革(2021年11月)
SAE China 2021(1):バッテリー製品の応用および新技術評価シンポジウム(2021年11月)
5G - 新たな業界標準か?(2021年7月)
第2次デジタル革命(2021年8月)
未来の車のHMI・通信技術:空中ディスプレイ、高速・高精度データ処理など(2020年12月)
SAE China 2020 (1): コネクテッドカーにおけるヒューマンマシンインタラクション技術(2020年11月)