5G - 新たな業界標準か?

協調型自動運転に向けた効率的なデータ伝送ソリューションへの期待

2021/07/30

要約

  本レポートは、弊社と提携関係にあるドイツSpringer社の自動車技術専門誌「ATZ」(www.atz-magazine.com)および「MTZ」(www.mtz-magazine.com)のSpotlight記事を掲載しています。

Springer Fachmedien Wiesbaden GmbHについて

  2010年に、世界有数の科学・技術出版社Springer Nature Companyの傘下企業として設立。主に、エンジニアや社会科学者を対象とした技術専門誌の発行、書籍の出版、ならびに各種技術イベントの開催等を行っている。

自動車技術専門誌ATZについて

  Motorwagen-Zeitschrift (Motored Vehicles Magazine)として1898年に創刊された自動車技術専門誌。1929年からは「ATZ(=Automobiltechnische Zeitschrift:Automotive engineering magazine)」に誌名を変更。ドイツ語に加え、2001年より英語版の発行を行っている。

 

5G - 新たな業界標準か?

 自動車業界では、モビリティ分野で収益性の高いビジネスモデルを確立するための高品質データが、ますます重要になりつつある。しかし、車載システムが必要とするデータがインフラに求める要件は、これまでになく高度なものだ。業界の期待は効率的なデータ転送ソリューションにかかっているが、この状況は5Gにとってチャンスとなるだろうか?

 

資料:ATZ/MTZ/ATZ electronics記者 Andreas Burkert氏によるMTZ worldwide 2021年5-6月号のIN THE SPOTLIGHT記事 "5G - The New Gold Standard?" をSpringer Fachmedien Wiesbaden GmbH(同社ウェブサイト www.springerfachmedien-wiesbaden.de)の許可を得て掲載しています。