IAA 2019:燃料電池技術の展示取材

水素技術などサプライヤーと新規参入企業によるモビリティ最新開発動向

2019/10/29

要約

  IAA 2019(Internationale Automobil-Ausstellung)はドイツのFrankfurt/Mainで開催され、9月10日~11日のプレスデーに続いて、9月12日~22日には業界関係者、並びに一般向けに公開された。同ショーはVDA(ドイツ自動車工業協会)の主催により2年ごとに開催され、OEM各社が新型車やコンセプトカーを発表する。IAAはまた、多くの国内並びに世界各国からのサプライヤー、エンジニアリング会社、サービスプロバイダー、研究者がその製品やサービスのラインアップと最新のイノベーションを紹介する場ともなっている。

  今年のショーのテーマは「Driving tomorrow」。e-モビリティ、自動運転、アーバン・モビリティ、コネクテッドカー、モビリティ・サービスに関連するトピックが中心となった。

 本レポートでは水素技術を扱った展示に焦点を当てる。eモビリティの一形態としての燃料電池電気自動車(FCEV)に向けた燃料電池スタック・モジュール、エアコンプレッサー、液体輸送、フィルター、その他関連部品を扱う。

Filtration for Fuel Cell Systems Fuel Cell Electric Drive
Filtration for Fuel Cell Systems (MANN+HUMMEL) Fuel Cell Electric Drive (Bosch)

(執筆者撮影、以下同様)

 

IAA 2019 取材レポート:
IAA 2019:欧州サプライヤーのフランクフルト・モーターショー展示取材 (2019年10月)
  ElringKlinger:PEM燃料電池スタックと完結型のFCモジュール
  Aeristech:電動ターボチャージャーおよび燃料電池エアコンプレッサー用の高速モーター・テクノロジー

Frankfurt Motor Show 2019:欧州メーカーの展示取材 (2019年10月)
Frankfurt Motor Show 2019:アジアメーカーの展示取材 (2019年10月)