【ものづくり】JIMTOF2018:第29回日本国際工作機械見本市

連結モジュールライン、カスタマイズ連結ライン、小物5.8秒高速旋盤、高速表裏加工2軸旋盤など

2018/11/09

要約

  JIMTOF2018:第29回日本国際工作機械見本市(会期:2018年11月1日(木)~11月6日(火)、会場:東京ビッグサイト)は日本工作機械工業会主催で、工作機械およびその関連機器等の内外商取引の促進ならびに国際間の技術交流を図り、産業の発展と貿易の振興に寄与することを目的としている。

  今年も約1,000社が出展、東京ビッグサイトの12ホール全部を使用する壮大な展示会となった。そのため製造業関係者が多く来場し、出展企業と商談を行っていた。自動車産業からは工作機械のさらなる生産性向上などが求められている。本稿では自動車産業で役立つ最新機械を中心に取材した。

入場登録所 会場風景
JIMTOF2018
第29回日本国際工作機械見本市
入場登録所
JIMTOF2018
第29回日本国際工作機械見本市
会場風景

 

【ものづくり】関連レポート:
2018名古屋プラスチック工業展:自動車部品の最新加工技術 (2018年11月)
自動車の軽量化を促進するプラスチック部品・材料 (2018年11月)
第5回燕三条ものづくりメッセ2018:刃物の町の自動車部品展開 (2018年11月)
第17回諏訪圏工業メッセ2018:精密機械産業の自動車部品展開 (2018年10月)
第21回関西機械要素技術展:自動車産業の課題に応える技術 (2018年10月)
エヌプラス2018:一歩先行く自動車部品材料 (2018年10月)