【ものづくり】第21回関西機械要素技術展:自動車産業の課題に応える技術

400km/h新幹線ディスク、鍛造Mgピストン、LiB用バリレス端子、薄層カーボン織布など

2018/10/12

要約

 第21回関西機械要素技術展M-Tech(会期:2018年10月3日(水)~10月5日(金)、会場:インテック大阪)は、リードエグジビションジャパン主催により、歯車、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門商談会として開催された。今年は過去最多の1,380社が出展した。また、最新の技術動向が学べる技術シンポジウムも同時開催され、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業関係者が多く来場し、出展企業と商談を行っていた。

 イベントの特徴として日本各地の工業振興会の展示ブースも多く、今回は13都道府県、27市町村が出展。中小企業による技術の博覧会のような様相でもある。また、中国、タイ、台湾、韓国、ベトナム、インドなど、海外からの出展も200社以上あり、特に中国や東南アジアからの出展が多い。その中から自動車産業の課題に応える技術の展示を取材した。

入場登録所 入場登録所
第21回関西機械要素技術展2018
入場登録所
第21回関西機械要素技術展2018
会場風景(タイのブース)



【ものづくり】関連レポート:
エヌプラス2018:一歩先行く自動車部品材料 (2018年10月)
表面改質展・難加工技術展2018:自動車産業の課題に応える技術 (2018年9月)
第1回 名古屋オートモーティブワールド2018 (2018年9月)
第10回生産システム見える化展:生産合理化ツール (2018年7月)
人とくるまのテクノロジー展2018名古屋 (2018年7月)