日産:2022年度までに年間100万台の電動駆動車販売を目指す

プロパイロット搭載車を年100万台販売、全ての新型車をコネクテッドカーに

2018/03/28

要約

Nissan IMx
東京モーターショー2017に出展したNissan IMx

  日産自動車は2018年3月、中期計画「日産M.O.V.E to 2022」の一環として、2022年度までに年間100万台の電動駆動車(100%電気自動車(EV)とe-Power搭載車)の販売を目指すと発表した。E-Powerの採用を大幅に拡大し、100万台の過半数を占めるとされる。

  次いで、2022年までに自動運転技術「プロパイロット」を20車種に搭載し、20の市場に投入すると発表。2022年までに、プロパイロット搭載車の販売台数が年間100万台になると見込んでいる。

  さらに、2022年度までに主要市場で販売するニッサン、インフィニティ、ダットサンブランドのすべての新車に「アライアンスコネクテッドクラウド」を導入し、コネクテッドカーとモビリティサービスを拡充すると発表した。

関連レポート:
OEM各社の電動化戦略:EV・PHVのラインアップ拡充を加速(2018年3月)
トヨタの電動車戦略:2030年に電動車550万台、EV・FCV 100万台を目指す(2018年3月)
日産:自動運転時代を見据えたコネクテッド戦略(2018年1月)
日産のEV戦略:2022年までに日米欧中で全ての主要セグメントにEVを投入(2017年9月)