2018年中国市場予測は2,998万台、メーカー各社は慎重な計画

乗用車は前年比3%増、商用車は1%増、新エネルギー車は100万台と予測

2018/03/09

要約

中国の新車販売台数の増減率

  中国汽車工業協会(以下、中国自工会:CAAM)によれば、2018年の需要予測*1は2,998万台となる見通し(2018年1月)。新車販売台数は、乗用車は前年比3%増、商用車は前年比1%増。SUVモデルが引き続き市場をけん引し、SUVの販売台数はセダンを超えると予測している。

  排気量1.6L以下の小型車への減税政策は、2017年末に終了となったが、2018年1月から、新エネルギー車(NEV:New Energy Vehicle)に対する車両購入税が3年間免税となった。自動車メーカーは、2019年から開始されるNEVクレジットに対応するため、NEVの生産体制構築を進めている。

  英国調査会社LMC Automotiveは、2018年の中国のライトビークル販売台数(輸入を含むGVW6t以下の乗用車・小型商用車)について、前年比2.1%増の2,920万台と緩やかな伸びを予測している。

  各自動車メーカーの2018年の販売目標/計画台数が発表されたが、慎重な姿勢を見せるメーカーが多く、一部のメーカーでは、具体的な販売目標/計画台数を公表していない。

*1:中国市場の需要=卸売販売-完成車輸出+完成車輸入

 

 

関連レポート
EV増加に対応する中国バッテリーメーカー (2018年2月)
中国新エネルギー車(NEV)詳細 (2017年12月)
VW、Daimler、BMWの中国市場向け新エネルギー車(NEV)動向 (2017年11月)
BYD:中国EVのトップランナー、バッテリーの資源開発も推進 (2017年10月)