CES 2018:EV普及促進へ

環境対応車のモデルとアプリケーションが着実に増大

2018/02/05

要約

CES展示会場入口

 CES 2018は、2018年1月9日から12日まで米国ネバダ州ラスベガスにおいて開催された。160件余の自動車関連の展示に約30万平方フィートが充てられ、自動車関連の展示はこれまでのCESで最大規模となった。近年、CESでは自動車メーカーや部品メーカーがこぞって、新たな顧客開拓に向けて発表・展示を行うため、自動車関連の展示が急増している。


 CES 2018で展示されたEV(電気自動車)は様々な顧客にアピールできる、環境にやさしい車の開発における自動車市場の進歩を示している。CESでデビューしたEVはすべて、最近需要が大幅に増加しているSUVだった。現代自動車は燃料電池車Nexoと家庭に電力を供給するためのアプリケーションを中心に展示し、起亜は小型SUVのNiro EV Conceptを発表した。韓国の両ブランドは重要な電動車製品として積極的に展開すると表明した。自動車業界に新規参入したBytonは、その最初のモデルとしてEVの中型プレミアムSUVコンセプトを発表している。

 自動車メーカーはまた、他の展示会ですでに披露している環境対応車も展示していた。日産は第2世代のLeafとIMxコンセプトを展示。Mercedes-BenzはスーパーカーのMercedes-AMG Project ONEに加えて、EVモビリティブランドのEQから小型ハッチバックのConcept EQAとサブコンパクトカーのsmart vision EQ fortwoを出展した。トヨタはSUVのFine-Mobility Rideを出展。CES 2018で強調された環境対応車の技術は、自動車業界の発展に向けたサステナビリティの重要性を示している。

 CES 2018における自動車メーカーの展示を中心にまとめた2本のレポートのうち、本稿はEV、コンセプトカー、環境対応車の技術を取り上げる。もう1本のレポートでは、モビリティの向上に利用される自律的かつインテリジェントな技術アプリケーションと、新しいユーザーインターフェイス、HMI (human-machine interface)に焦点を当てる。

 

関連レポート:
CES 2018:自動運転とHMIの技術展示 (2018年2月)
Daimler:2025年までに世界販売の15-25%をEVへ (2018年1月)
中国新エネルギー車(NEV)詳細 (2017年12月)
東京モーターショー2017:日産・ホンダ・三菱自の出展 (2017年11月)