ホンダの中国事業 (下): 生産能力を2020年150万超、2023年200万台超へ増強

広州ホンダは増城工場に第3ライン着工、第2工場拡張中の東風ホンダは第3工場建設を計画

2014/09/30

要 約

ホンダの地域別生産 本レポート 「ホンダの中国事業 (下)」 は、積極的に生産能力を増強しつつあるホンダの生産体制の最新動向について報告する。
  

 ホンダの中国での生産・販売は 2010年まで順調に伸びていたが、中国乗用車市場の小型化志向に対するモデル導入等の対応遅れや、「Accord」 (雅閣) 等の自社戦略車種販売の失速、2011年の東日本大震災および2012年の日中関係悪化等のマイナス諸要素が重なって2年連続で販売の低迷が続いた。2013年になって販売と生産が回復、先行する日産とトヨタの後を追い、積極的に生産体制の整備を加速している。
  

 中国での生産能力は、2014年9月時点の89万台から、2020年には150万台以上、2023年には200万台以上の生産体制を目指している。

  


関連レポート
 ◇ホンダの中国事業(上): 販売/開発/モデル導入計画・戦略 (2014年9月掲載)
 ◇2014年北京モーターショーのホンダ展示車取材:
   (1) ハイブリッド車取材 (2014年5月掲載)
   (2) ガソリン車取材  (2014年5月掲載)
 ◇ホンダのアジア戦略 (LMC Automotive 予測付、2014年5月掲載)
 ◇ホンダの中国事業 (2015年までの中国事業の中期販売戦略詳細付、2013年4月掲載)